FrameworkContentElement.RegisterName(String, Object) メソッド

定義

NameScope の登録メソッドへのアクセスを簡略化するアクセサーを提供します。Provides an accessor that simplifies access to the NameScope registration method.

public:
 void RegisterName(System::String ^ name, System::Object ^ scopedElement);
public void RegisterName (string name, object scopedElement);
member this.RegisterName : string * obj -> unit
Public Sub RegisterName (name As String, scopedElement As Object)

パラメーター

name
String

指定した名前オブジェクトの割り当てに使用する名前。Name to use for the specified name-object mapping.

scopedElement
Object

割り当て対象のオブジェクト。Object for the mapping.

注釈

このメソッドは、RegisterNameを呼び出すための便利なメソッドです。This method is a convenience method for calling RegisterName. 実装では、適用可能な NameScope 実装が見つかるまで、連続する親要素がチェックされます。この実装は、INameScopeを実装する要素を検索することによって検出されます。The implementation will check successive parent elements until it finds the applicable NameScope implementation, which is found by finding an element that implements INameScope. 名前スコープの詳細については、「 WPF XAML 名前スコープ」を参照してください。For more information about namescopes, see WPF XAML Namescopes.

コードで作成されたアプリケーションのアニメーションストーリーボードを正しくフックするには、RegisterName を呼び出す必要があります。Calling RegisterName is necessary in order to correctly hook up animation storyboards for applications when created in code. これは、キーストーリーボードのプロパティの1つである TargetNameは、ターゲット要素への参照を取得するのではなく、実行時の名前参照を使用するためです。This is because one of the key storyboard properties, TargetName, uses a run-time name lookup instead of being able to take a reference to a target element. これは、コードから参照によってその要素にアクセスできる場合でも同様です。This is true even if that element is accessible by reference from the code. ストーリーボードターゲットの名前を登録する必要がある理由の詳細については、「ストーリーボードの概要」を参照してください。For more information on why you need to register names for storyboard targets, see Storyboards Overview. コンテンツ要素のアニメーションは、コントロールのアニメーションよりも一般的ではありません。ストーリーボードの概要は、コントロールのシナリオに集中します。Animations for content elements are less common than animations on controls, the Storyboards Overview concentrates on control scenarios.

適用対象

こちらもご覧ください