FrameworkElement.DataContextChanged イベント

定義

この要素のデータ コンテキストが変更されたときに発生します。Occurs when the data context for this element changes.

public:
 event System::Windows::DependencyPropertyChangedEventHandler ^ DataContextChanged;
public event System.Windows.DependencyPropertyChangedEventHandler DataContextChanged;
member this.DataContextChanged : System.Windows.DependencyPropertyChangedEventHandler 
Public Custom Event DataContextChanged As DependencyPropertyChangedEventHandler 

注釈

データコンテキストとデータバインディングの詳細については、「データバインディングの概要」を参照してください。For an explanation of data contexts and data binding, see Data Binding Overview.

重要

要素の DataContext が変更されると、この要素のすべてのデータバインドプロパティが影響を受ける可能性があります。When the DataContext for an element changes, all data-bound properties on this element are potentially affected. これは、データコンテキストを継承する論理ツリー内の現在の要素の子要素であるすべての要素と、現在の要素自体に適用されます。This applies to any elements that are child elements of the current element in the logical tree, which inherit the data context, and also the current element itself. このような既存のバインディングでは、新しい DataContext を再解釈し、バインドの結果を再評価する必要があります。All such existing bindings must re-interpret the new DataContext and will reevaluate the binding results. データバインディングエンジンは、これらの再評価の順序を決定するものではなく、DataContextChanged イベントの発生を基準としています。The data binding engine is not deterministic about the order of these reevaluations, relative to the raising of the DataContextChanged event. 再評価は、イベントの前、イベントの後、または任意の組み合わせで行うことができます。The reevaluations can occur before the event, after the event, or in any mixture.

適用対象

こちらもご覧ください