FrameworkElement.OnGotFocus(RoutedEventArgs) FrameworkElement.OnGotFocus(RoutedEventArgs) FrameworkElement.OnGotFocus(RoutedEventArgs) FrameworkElement.OnGotFocus(RoutedEventArgs) Method

定義

未処理の GotFocus イベントが、その経路上でこの要素に到達するたびに呼び出されます。

protected:
 override void OnGotFocus(System::Windows::RoutedEventArgs ^ e);
protected override void OnGotFocus (System.Windows.RoutedEventArgs e);
override this.OnGotFocus : System.Windows.RoutedEventArgs -> unit
Protected Overrides Sub OnGotFocus (e As RoutedEventArgs)

パラメーター

e
RoutedEventArgs RoutedEventArgs RoutedEventArgs RoutedEventArgs

イベント データを格納している RoutedEventArgs

注釈

その他とは異なり * ベースの要素によって公開されるメソッドOnGotFocusが既定の実装。 具体的には、ダウンしている基本要素の次のレベルで null の実装をオーバーライドする実装がOnGotFocusします。 呼び出されると、OnGotFocusがキーボード フォーカスのため、現在の要素から、イベントが発生した場合は、この要素に適切なフォーカスの動作を設定します。 OnGotFocusハンドラーにイベント引数を現在の要素にフォーカスが設定時にも、処理済みとしてマークされません。 イベントのソースで別の要素ツリー (現在の要素ではなく) であった場合、ハンドラーは何も行いません。

要素のフォーカスの既定の動作の変更が、この方法でフォーカスの動作を変更する向上を実現する要素にすべてのフォーカスを許可しないことによって、このメソッドをオーバーライドすることができます (を参照してくださいFocusable)。

注意 (継承者)

引数で処理されるイベントをマークする場合は、要素ツリー内の他の親要素でのイベント処理に与える影響があります。 このハンドラーは、バブル ルーティング イベントに動作するため、現在、フォーカスの設定senderイベントあたり引数適さない場合があります。 フォーカスがや特定のコントロールの複合に応じての親要素、複合の子要素のいずれかに移動する必要があります。 イベントがルーティングするビジュアル ツリーの全体が作成したコントロールの複合の一部である場合処理済みとしてそのため、フォーカス イベントをマークすることをお勧めのみです。

適用対象

こちらもご覧ください