FrameworkElement.SetResourceReference(DependencyProperty, Object) メソッド

定義

指定した名前のリソースを検索し、指定したプロパティにそのリソースへのリソース参照を設定します。Searches for a resource with the specified name and sets up a resource reference to it for the specified property.

public:
 void SetResourceReference(System::Windows::DependencyProperty ^ dp, System::Object ^ name);
public void SetResourceReference (System.Windows.DependencyProperty dp, object name);
member this.SetResourceReference : System.Windows.DependencyProperty * obj -> unit
Public Sub SetResourceReference (dp As DependencyProperty, name As Object)

パラメーター

dp
DependencyProperty

リソースのバインド先のプロパティ。The property to which the resource is bound.

name
Object

リソースの名前。The name of the resource.

注釈

リソース参照は、マークアップでDynamicresource マークアップ拡張機能を使用する場合と似ています。A resource reference is similar to the use of a DynamicResource Markup Extension in markup. リソース参照は、指定されたプロパティの値を実行時の遅延ベースで提供する内部式を作成します。The resource reference creates an internal expression that supplies the value of the specified property on a run-time deferred basis. 式は、リソースディクショナリが内部イベントによって変更された値を示した場合、または現在の要素が親された場合 (親の変更によって辞書参照パスが変更される場合) は常に再評価されます。The expression will be re-evaluated whenever the resource dictionary indicates a changed value through internal events, or whenever the current element is reparented (a parent change would change the dictionary lookup path).

適用対象

こちらもご覧ください