Freezable.WritePreamble メソッド

定義

Freezable が固定されておらず、有効なスレッド コンテキストからアクセスされていることを確認します。Verifies that the Freezable is not frozen and that it is being accessed from a valid threading context. Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーに書き込む任意の API の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Freezable inheritors should call this method at the beginning of any API that writes to data members that are not dependency properties.

protected:
 void WritePreamble();
protected void WritePreamble ();
member this.WritePreamble : unit -> unit
Protected Sub WritePreamble ()

例外

Freezable インスタンスは固定されており、そのメンバーに書き込むことはできません。The Freezable instance is frozen and cannot have its members written to.

注釈

このメソッドは VerifyAccess を呼び出して、スレッドコンテキストがアクセス可能であることを確認します。また、Freezable インスタンスが既に固定されている場合は例外をスローします。This method calls VerifyAccess to verify the threading context is accessible, and it throws an exception if the Freezable instance is already frozen.

注意 (継承者)

Freezable から派生するクラスは、依存関係プロパティではないメンバーへの書き込みを試みる前に WritePreamble() を呼び出す必要があります。Classes that derive from Freezable should call WritePreamble() before attempting to write to any members that are not dependency properties. API で WritePreamble() を呼び出すと、ReadPreamble()の呼び出しを省略できます。If you call WritePreamble() in an API, you can omit a call to ReadPreamble().

適用対象

こちらもご覧ください