IComponentConnector IComponentConnector IComponentConnector IComponentConnector Interface

定義

名前付き XAML 要素およびその要素へのイベント ハンドラーのアタッチに対するマークアップのコンパイルとツールのサポートを提供します。Provides markup compile and tools support for named XAML elements and for attaching event handlers to them.

public interface class IComponentConnector
public interface IComponentConnector
type IComponentConnector = interface
Public Interface IComponentConnector
派生

注釈

このインターフェイスは、によっBaml2006Readerて内部的に使用されます。This interface is used internally by Baml2006Reader.

InitializeComponent実装は、フレームワークや、XAML をアプリケーションモデルおよびプログラミングモデルと組み合わせて使用するテクノロジによって提供されるインフラストラクチャの一部として広く観察されています。Implementations of InitializeComponent are widely observable as part of the infrastructure provided by frameworks or technologies that use XAML combined with application and programming models. たとえば、WPF ページとアプリケーションの XAML ルート要素に対して生成されたクラスを確認すると、 InitializeComponent出力にが定義されていることがわかります。For example, whenever you look at the generated classes for XAML root elements in WPF pages and applications, you will see InitializeComponent defined in the output. また、このメソッドはコンパイルされたアセンブリにも存在し、xaml の解析時に XAML UI コンテンツを読み込む WPF アプリケーションモデルのロールを果たします。That method also exists in the compiled assembly and plays a role in the WPF application model of loading the XAML UI content at XAML parse time. Wpf のInitializeComponent概念の統合の詳細については、「アプリケーション管理の概要」または「 wpf の分離コードと XAML」を参照してください。For more information on the WPF integration of the InitializeComponent concept, see Application Management Overview or Code-Behind and XAML in WPF.

以前のバージョンの .NET Framework では、このインターフェイスは WPF 固有のアセンブリ WindowsBase に存在していました。In previous versions of the .NET Framework, this interface existed in the WPF-specific assembly WindowsBase. .NET Framework 4.NET Framework 4IComponentConnector 、は、システムの .xaml アセンブリにあります。In .NET Framework 4.NET Framework 4, IComponentConnector is in the System.Xaml assembly. .. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

ヒント

試行されたIComponentConnectorビルド中の解決に失敗した場合、多くの場合、WPF プロジェクトが正しく更新されていないことが示されています。A failure to resolve IComponentConnector during an attempted build is often an indicator that you have not updated your WPF project correctly. 特に、プロジェクトは、を対象.NET Framework 4.NET Framework 4とするプロジェクトのシステム .xaml アセンブリを参照していません。In particular, the project is not referencing the System.Xaml assembly for a project that targets .NET Framework 4.NET Framework 4. プロジェクトに対しdevenv /upgradeてオプションを実行してみてください。それ以外の場合は、プロジェクトアセンブリ参照を調整して、app.xaml が参照リストに含まれるようにしてください。Try running the devenv /upgrade option for the project, or otherwise adjust the project assembly references so that System.Xaml is in the reference list.

メソッド

Connect(Int32, Object) Connect(Int32, Object) Connect(Int32, Object) Connect(Int32, Object)

イベントと名前をコンパイルされたコンテンツにアタッチします。Attaches events and names to compiled content.

InitializeComponent() InitializeComponent() InitializeComponent() InitializeComponent()

コンポーネントのコンパイルされたページを読み込みます。Loads the compiled page of a component.

適用対象