System.Windows.Markup Namespace

XAML をサポートする型を提供します。 Provides types to support XAML. これらの型のいくつかは WPF アセンブリに配置され、XAML に関連する WPF のシナリオに固有です。 Some of these types are located in WPF assemblies and are specific to WPF scenarios that involve XAML. この名前空間の他の型は .NET Framework XAML サービス全般をサポートし、WPF アセンブリの参照を必要としません。 Other types in this namespace provide support for .NET Framework XAML Services in general, and do not require referencing WPF assemblies.

クラス

AcceptedMarkupExtensionExpressionTypeAttribute

XAML マークアップ拡張機能特性のレガシ報告の型を記録します。Notates types for legacy reporting of XAML markup extension characteristics.

AmbientAttribute

プロパティまたは型をアンビエントとして扱うように指定しています。Specifies that a property or type should be treated as ambient. アンビエントの概念は XAML プロセッサがメンバーの型の所有者を確認する方法と関連します。The ambient concept relates to how XAML processors determine type owners of members.

ArrayExtension

.NET Framework XAML サービスの x:Array サポートを実装します。Implements x:Array support for .NET Framework XAML Services

ComponentResourceKeyConverter

意図的に型変換経路を持たない ComponentResourceKey オブジェクトに対する型コンバーターを実装します。Implements a type converter for ComponentResourceKey objects, which deliberately have no type conversion pathways. この型コンバーターは、その動作を強制的に実行して報告します。The type converter enforces and reports that behavior.

ConstructorArgumentAttribute

既定以外のコンストラクター構文を使用してオブジェクトを初期化することが可能で、かつ、指定した名前のプロパティが構造情報を提供することを指定します。Specifies that an object can be initialized by using a non-default constructor syntax, and that a property of the specified name supplies construction information. この情報は主に XAML シリアル化用です。This information is primarily for XAML serialization.

ContentPropertyAttribute

型のどのプロパティが XAML コンテンツ プロパティであるかを示します。Indicates which property of a type is the XAML content property. この情報を使用して、XAML プロセッサは属性付き型の XAML 表現の XAML 子要素を処理します。A XAML processor uses this information when processing XAML child elements of XAML representations of the attributed type.

ContentWrapperAttribute

外部コンテンツをラップするために使用される関連するコレクション型に対して 1 つ以上の型を指定します。Specifies one or more types on the associated collection type that will be used to wrap foreign content.

DateTimeValueSerializer

String のインスタンスと DateTime のインスタンスを相互に変換します。Converts instances of String to and from instances of DateTime.

DependencyPropertyConverter

文字列から DependencyProperty オブジェクトに変換します。Converts from a string to a DependencyProperty object.

DependsOnAttribute

属性付きプロパティが別のプロパティの値に依存することを示します。Indicates that the attributed property is dependent on the value of another property.

DesignerSerializationOptionsAttribute

プロパティのシリアル化フラグを指定します。Specifies the serialization flags for a property.

DictionaryKeyPropertyAttribute

暗黙のキー値を提供する関連付けられているクラスのプロパティを指定します。Specifies a property of the associated class that provides the implicit key value. IDictionary コレクションの項目では、XAML で定義される明示的なx:Key 属性ではなく、暗黙のキーが使用されます。Implicit keys are used for keys rather than explicit x:Key attributes defined in XAML for an item in IDictionary collections.

EventSetterHandlerConverter

イベント setter ハンドラーの文字列名をデリゲート表現に変換します。Converts the string name of an event setter handler to a delegate representation.

InternalTypeHelper

内部型の使用をサポートするために WPF XAML コンパイラによって内部で使用される抽象クラス。Abstract class used internally by the WPF XAML compiler to support the use of internal types.

MarkupExtension

.NET Framework XAML サービスおよびその他の XAML リーダーと XAML ライターによってサポートされる XAML マークアップ拡張機能の実装のための基底クラスを提供します。Provides a base class for XAML markup extension implementations that can be supported by .NET Framework XAML Services and other XAML readers and XAML writers.

MarkupExtensionBracketCharactersAttribute

マークアップ拡張で返すことができるかっこ文字を報告します。Reports the bracket characters that a markup extension can return.

MarkupExtensionReturnTypeAttribute

マークアップ拡張機能で返すことができる型を報告します。Reports the type that a markup extension can return.

MemberDefinition

宣言的 XAML でクラスのメンバーを定義するマークアップ手法で使用される基本クラスを提供します。Provides the base class that is used for a markup technique of defining members of a class in declarative XAML.

NameReferenceConverter

文字列名をその名前を持つオブジェクトのオブジェクト参照に変換する、またはオブジェクト グラフからオブジェクトの名前を返す型変換を提供します。Provides type conversion to convert a string name into an object reference to the object with that name, or to return the name of an object from the object graph.

NameScopePropertyAttribute

XAML 名前スコープの値を提供する関連付けらているクラスのプロパティを指定します。Specifies a property of the associated class that provides the XAML namescope value.

NamespaceMapEntry

情報を提供する、 XamlTypeMapper XML 名前空間、CLR 名前空間、およびその CLR 名前空間の関連する型を含むアセンブリ間のマッピングを使用します。Provides information that the XamlTypeMapper uses for mapping between an XML namespace, a CLR namespace, and the assembly that contains the relevant types for that CLR namespace.

NullExtension

XAML で値を明示的に null に設定するときに使用できる null オブジェクトを返すために、XAML マークアップ拡張機能を実装します。Implements a XAML markup extension in order to return a null object, which you can use to explicitly set values to null in XAML.

ParserContext

XAML パーサーが必要とするコンテキスト情報を提供します。Provides context information required by a XAML parser.

PropertyDefinition

宣言的 XAML 内のクラスのプロパティを定義するマークアップ手法をサポートします。Supports a markup technique of defining properties of a class in declarative XAML.

Reference

{x:Reference} のマークアップ拡張機能を実装します。Implements the {x:Reference} markup extension.

ResourceReferenceExpressionConverter

ResourceReferenceExpression のインスタンスと他の型との間の変換を行います。Converts instances of ResourceReferenceExpression to and from other types.

RootNamespaceAttribute

Visual Studio プロジェクト ファイル内の RootNamespace プロパティの値を特定するために使用するアセンブリ レベル属性を表します。Represents an assembly level attribute that is used to identify the value of the RootNamespace property in a Visual Studio project file.

RoutedEventConverter

RoutedEvent オブジェクトを文字列から変換します。Converts a RoutedEvent object from a string.

RuntimeNamePropertyAttribute

XAML x:Name attribute にマップする型のプロパティを報告する型レベル属性を表します。Represents a type-level attribute that reports which property of the type maps to the XAML x:Name attribute.

ServiceProviders

サービスの追加を有効にするメソッドを含む IServiceProvider インターフェイスの実装を提供します。Provides an implementation for the IServiceProvider interface with methods that enable adding services.

SetterTriggerConditionValueConverter

Setter 値を処理する TriggerCondition、および DependencyProperty 型の型変換と同様の動作を提供します。Provides type conversion analogous behavior for Setter, Trigger and Condition types that deal with DependencyProperty values. このコンバーターは、ConvertFrom のみをサポートします。This converter only supports ConvertFrom.

StaticExtension

静的フィールドおよびプロパティの参照を返すマークアップ拡張機能を実装します。Implements a markup extension that returns static field and property references.

TemplateKeyConverter

意図的に型変換経路を持たない TemplateKey オブジェクトに対する型コンバーターを実装します。Implements a type converter for TemplateKey objects, which deliberately have no type conversion pathways. この型コンバーターは、その動作を強制的に実行して報告します。The type converter enforces and reports that behavior.

TrimSurroundingWhitespaceAttribute

シリアル化するときに、マークアップで型の要素を囲んでいる空白をトリミングするように XAML プロセッサに指示します。Indicates to XAML processors that the whitespace surrounding elements of the type in markup should be trimmed when serializing.

TypeExtension

文字列の入力に基づき Type を返すマークアップ拡張を実装します。Implements a markup extension that returns a Type based on a string input.

UidPropertyAttribute

x:Uid ディレクティブ値を提供するクラスの CLR プロパティを示します。Indicates the CLR property of a class that provides the x:Uid Directive value.

UsableDuringInitializationAttribute

この型が XAML オブジェクト グラフの作成中に上から下に組み込まれるかどうかを示します。Indicates whether this type is built top-down during XAML object graph creation.

ValueSerializer

オブジェクト表現からのシリアル化の変換動作を定義する抽象クラス。Abstract class that defines conversion behavior for serialization from an object representation.

ValueSerializerAttribute

型またはプロパティがシリアル化時に使用する ValueSerializer クラスを識別します。Identifies the ValueSerializer class that a type or property should use when it is serialized.

WhitespaceSignificantCollectionAttribute

XAML プロセッサで空白が意味を持つものとしてコレクション型を処理する必要があることを示します。Indicates that a collection type should be processed as being whitespace significant by a XAML processor.

XamlDeferLoadAttribute

クラスまたはプロパティに XAML の遅延読み込みの使用 (テンプレート動作など) が含まれていることを示し、遅延動作を有効にするクラスと、その宛先/コンテンツ タイプを報告します。Indicates that a class or property has a deferred load usage for XAML (such as a template behavior), and reports the class that enables the deferring behavior and its destination/content type.

XamlDesignerSerializationManager

XAML デザイナー、または高度なシリアル化を必要とする他の呼び出し元による XAML シリアル化のためのサービスを提供します。Provides services for XAML serialization by XAML designers or other callers that require advanced serialization.

XamlInstanceCreator

後でインスタンス化を実行するためにパーサー レコードを格納する方法を提供する抽象クラス。Abstract class that provides a means to store parser records for later instantiation.

XamlParseException

WPF XAML パーサーからパーサー固有の例外の例外クラスを表します。Represents the exception class for parser-specific exceptions from a WPF XAML parser. この例外は、.NET Framework 3.0 および .NET Framework 3.5 からの XAML API または WPF XAML パーサーの操作で使用されるか、または XamlReader API を呼び出すことによって WPF XAML パーサーの特定の用途に使用されます。This exception is used in XAML API or WPF XAML parser operations from .NET Framework 3.0 and .NET Framework 3.5, or for specific use of the WPF XAML parser by calling XamlReader API.

XamlReader

WPF の既定の XAML リーダーおよび関連付けられている XAML オブジェクト ライターを使用して、XAML 入力を読み取り、オブジェクト グラフを作成します。Reads XAML input and creates an object graph, using the WPF default XAML reader and an associated XAML object writer.

XamlSetMarkupExtensionAttribute

クラスはマークアップ拡張機能を使用して値を提供し、マークアップ拡張機能のセット操作で使用するハンドラーを参照することを示します。Indicates that a class can use a markup extension to provide a value, and references a handler to use for markup extension set operations.

XamlSetMarkupExtensionEventArgs

XAML オブジェクト ライターがマークアップ拡張機能を使用して値を設定するときに呼び出されるコールバックのデータを提供します。Provides data for callbacks that are invoked when a XAML object writer sets a value using a markup extension.

XamlSetTypeConverterAttribute

クラスは型コンバーターを使用して値を提供し、型コンバーターを設定する場合に使用するハンドラーを参照できることを示します。Indicates that a class can use a type converter to provide a value, and references a handler to use for type converter setting cases.

XamlSetTypeConverterEventArgs

XAML ライターが型コンバーターの呼び出しを使用して値を設定するときに呼び出されるコールバックのデータを提供します。Provides data for callbacks that are invoked when a XAML writer sets a value using a type converter call.

XamlSetValueEventArgs

XamlObjectWriter が特定の値に設定されるときに呼び出されるコールバックのデータを提供します。Provides data for callbacks that are invoked when a XamlObjectWriter sets certain values.

XamlTypeMapper

XAML 要素名をアセンブリ内の適切な CLR Type に割り当てます。Maps a XAML element name to the appropriate CLR Type in assemblies.

XamlWriter

単一の静的な提供Saveの制限付きの XAML シリアル化のために使用できるメソッド (複数のオーバー ロード) は、XAML マークアップに実行時のオブジェクトを提供します。Provides a single static Save method (multiple overloads) that can be used for limited XAML serialization of provided run-time objects into XAML markup.

XData

Value ノードの値として表示されるリテラル データを表します。Represents literal data that can appear as the value for a Value node.

XmlAttributeProperties

DependencyObject の XML 言語関連属性をカプセル化します。Encapsulates the XML language-related attributes of a DependencyObject.

XmlLangPropertyAttribute

xml:lang 属性に関連付けるプロパティを識別します。Identifies the property to associate with the xml:lang attribute.

XmlLanguage

XAML マークアップで使用するための言語タグを表します。Represents a language tag for use in XAML markup.

XmlLanguageConverter

型変換を提供、XmlLanguageクラス。Provides type conversion for the XmlLanguage class.

XmlnsCompatibleWithAttribute

XAML 名前空間を別の XAML 名前空間によって包括できることを指定します。Specifies that a XAML namespace can be subsumed by another XAML namespace. 通常、包含する側の XAML 名前空間は、あらかじめ定義した XmlnsDefinitionAttribute で示されます。Typically, the subsuming XAML namespace is indicated in a previously defined XmlnsDefinitionAttribute.

XmlnsDefinitionAttribute

XAML 名前空間と CLR 名前空間の間でアセンブリごとのマッピングを指定します。これは XAML オブジェクト ライターまたは XAML スキーマ コンテキストで、型の解決に使用されます。Specifies a mapping on a per-assembly basis between a XAML namespace and a CLR namespace, which is then used for type resolution by a XAML object writer or XAML schema context.

XmlnsDictionary

WPF の XAML 名前空間に対する xmlns のマッピングを格納しているディクショナリを表します。Represents a dictionary that contains xmlns mappings for XAML namespaces in WPF.

XmlnsPrefixAttribute

XAML ファイルに要素と属性を書き込む (シリアル化する) ときや、XAML 編集機能を持つデザイン環境とやり取りするときに、XAML で使用するために XAML 名前空間に関連付ける推奨プレフィックスを示します。Identifies a recommended prefix to associate with a XAML namespace for XAML usage, when writing elements and attributes in a XAML file (serialization) or when interacting with a design environment that has XAML editing features.

インターフェイス

IAddChild

子要素またはテキストの混在を許可する要素を解析する手段を提供します。Provides a means to parse elements that permit mixtures of child elements or text.

IComponentConnector

名前付き XAML 要素およびその要素へのイベント ハンドラーのアタッチに対するマークアップのコンパイルとツールのサポートを提供します。Provides markup compile and tools support for named XAML elements and for attaching event handlers to them.

INameScope

特定の XAML 名前スコープ内で要素の名前にアクセスする方法、およびその XAML 名前スコープ内で名前の一意性を確保する方法のコントラクトを定義します。Defines a contract for how names of elements should be accessed within a particular XAML namescope, and how to enforce uniqueness of names within that XAML namescope.

INameScopeDictionary

XAML 名前スコープ内の名前の辞書を公開するのに役立つ列挙可能な値、コレクション、および辞書サポートを統一します。Unifies enumerable, collection, and dictionary support that are useful for exposing a dictionary of names in a XAML namescope.

IProvideValueTarget

マークアップ拡張機能の評価に対する状況的なオブジェクトとプロパティの関係を報告するサービスを表します。Represents a service that reports situational object-property relationships for markup extension evaluation.

IQueryAmbient

指定されたプロパティを現在のスコープでアンビエントとして扱う必要があるかどうかを照会します。Queries for whether a specified property should be treated as ambient in the current scope.

IReceiveMarkupExtension

型によりマークアップ拡張機能から式 (または他のクラス) を受け取ることを宣言できる機構が用意されています。ここでは、出力はターゲット プロパティとは異なるプロパティの型になります。Provides a mechanism whereby types can declare that they can receive an expression (or another class) from a markup extension, where the output is a different property type than the target property. .NET Framework 4 の実装には使用しないでください。Do not use for .NET Framework 4 implementations.

IStyleConnector

コンパイルした XAML でイベントとイベント setter をアタッチするために WPF XAML パーサーが内部で使用するメソッドを提供します。Provides methods used internally by the WPF XAML parser to attach events and event setters in compiled XAML.

IUriContext

アプリケーションのコンテキストを使って、指定された相対 URI を絶対 URI に解決するサービスを表します。Represents a service that can use application context to resolve a provided relative URI to an absolute URI.

IValueSerializerContext

ValueSerializer に提供されるコンテキストを定義します。Defines a context that is provided to a ValueSerializer. このコンテキストは、特殊なケースのシリアル化や別のモードのシリアル化を有効にするために使用できます。The context can be used to enable special cases of serialization or different modes of serialization.

IXamlTypeResolver

XAML マークアップの名前付きの要素から適切な CLR 型に解決されるサービスを表します。Represents a service that resolves from named elements in XAML markup to the appropriate CLR type.

列挙型

DesignerSerializationOptions

プロパティをシリアル化する方法を指定します。Specifies how a property is to be serialized.

XamlWriterMode

式である値 (バインディング宣言など) をシリアル化するための XAML ライター モードを指定します。Specifies the XAML writer mode for serializing values that are expressions (such as binding declarations).

XamlWriterState

カスタム XAML ライターの使用可能な書き込み状態を記述します。Describes possible writing states for a custom XAML writer.