NullExtension NullExtension NullExtension NullExtension Class

定義

XAML で値を明示的に null に設定するときに使用できる null オブジェクトを返すために、XAML マークアップ拡張機能を実装します。Implements a XAML markup extension in order to return a null object, which you can use to explicitly set values to null in XAML.

public ref class NullExtension : System::Windows::Markup::MarkupExtension
[System.Windows.Markup.MarkupExtensionReturnType(typeof(System.Object))]
public class NullExtension : System.Windows.Markup.MarkupExtension
type NullExtension = class
    inherit MarkupExtension
Public Class NullExtension
Inherits MarkupExtension
継承
属性

注釈

XAML での null および空の文字列は通常は異なります。In XAML, null and empty string are generally not equivalent. 使用する、{x:Null}を基になるプロパティを設定する属性を設定するには、拡張機能の使用nullします。You use the {x:Null} extension usage in order to set an attribute that sets the underlying property to null. Null 値の設定は XAML でのシナリオに関連する方法の詳細については、次を参照してください。 X:null マークアップ拡張機能します。For more information on how setting null values is relevant for scenarios in XAML, see x:Null Markup Extension.

このクラスは、マークアップ拡張機能の実装です。This class is a markup extension implementation. マークアップ拡張機能クラスは、XAML プロセッサが特定の拡張機能をどのように解釈する方法のインフラストラクチャをサポートするには、主に存在します。Markup extension classes exist mainly to provide infrastructure support for how XAML processors interpret a particular extension. マークアップ拡張機能の実装クラスが公開されるメンバーがコードから呼び出される通常ものはありません。The members that markup extension implementation classes expose are not typically intended to be called from your code. このマークアップ拡張クラスをサポートしています、 X:null マークアップ拡張機能.NET XAML サービスの使用状況。This markup extension class supports the x:Null Markup Extension usage for .NET XAML Services.

以前のバージョンの .NET Framework は、このクラス (およびx:Nullマークアップ拡張機能の XAML の動作のサポートと関連する xmlns のマッピング) WPF 固有の PresentationFramework アセンブリに存在していました。In previous versions of the .NET Framework, this class (and the x:Null markup extension XAML behavior support as well as the relevant xmlns mapping) existed in the WPF-specific assembly PresentationFramework. .NET Framework 4.NET Framework 4NullExtensionは System.Xaml アセンブリにします。In .NET Framework 4.NET Framework 4, NullExtension is in the System.Xaml assembly. これにより、 x:Null .NET XAML サービスを参照するフレームワークを使用してアプリケーションを使用します。This makes the x:Null usage available to applications using frameworks that reference .NET XAML Services. 必要としない PresentationFramework 参照先アセンブリと対象としている限り、.NET Framework 4.NET Framework 4します。You do not need PresentationFramework as a referenced assembly so long as you are targeting .NET Framework 4.NET Framework 4. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

System.Xaml アセンブリ使用XmlnsDefinitionAttributeXAML 言語の XAML 名前空間に、アセンブリ内のすべての型をマップする (http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml)。The System.Xaml assembly uses XmlnsDefinitionAttribute to map all types in the assembly to the XAML namespace for the XAML language (http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml). 通常のプレフィックスを宣言するhttp://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xamlルート要素のマッピングと、プレフィックスを使用してxします。Typically you declare a prefix for http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml in a root element mapping and use the prefix x.

WPF の使用上の注意WPF Usage Notes

依存関係プロパティの値を設定するときに、WPF 依存関係プロパティのnull、する設定とは限りませんプロパティが既定値に参照プロパティである場合でもです。For WPF dependency properties, when you set a dependency property value to null, you are not necessarily setting the property to its default value, even if it is a reference property. 依存関係プロパティの既定値は、その依存関係プロパティの登録に依存します。The default value of a dependency property depends on its dependency property registration. 未設定値とは限りませんnullか; を参照してくださいUnsetValueします。An unset value is not necessarily null either; see UnsetValue. 詳細については、次を参照してください。ClearValueまたは依存関係プロパティの概要します。For more information, see ClearValue or Dependency Properties Overview.

コンストラクター

NullExtension() NullExtension() NullExtension() NullExtension()

NullExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the NullExtension class.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider)

このマークアップ拡張機能の出力と同じ値を使うには、null を指定します。Provides null to use as a value as the output of this markup extension.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください