XamlSetValueEventArgs XamlSetValueEventArgs XamlSetValueEventArgs XamlSetValueEventArgs Class

定義

XamlObjectWriter が特定の値に設定されるときに呼び出されるコールバックのデータを提供します。Provides data for callbacks that are invoked when a XamlObjectWriter sets certain values.

public ref class XamlSetValueEventArgs : EventArgs
public class XamlSetValueEventArgs : EventArgs
type XamlSetValueEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class XamlSetValueEventArgs
Inherits EventArgs
継承
XamlSetValueEventArgsXamlSetValueEventArgsXamlSetValueEventArgsXamlSetValueEventArgs
派生

注釈

XamlSetValueEventArgsXamlObjectWriterまたはその設定に関連付けられたコールバック専用のデータを提供します。XamlSetValueEventArgs provides data specifically for callbacks associated with a XamlObjectWriter or its settings. コールバックでは、 EventHandler<TEventArgs>イベントデータのXamlSetValueEventArgs制約と共に汎用デリゲートを使用します。The callbacks use the generic EventHandler<TEventArgs> delegate, with XamlSetValueEventArgs event data constraint.

このイベントデータクラスは、特にマークアップ拡張機能や型コンバーターが動作していないセット値コールバックシナリオに使用される可能性があります。This event data class is potentially used for set-value callback scenarios that are not specifically markup extensions or type converters acting. さらに、特定の XAML XamlSetValueEventArgs値設定のケースでは、のサブクラスも2つあります。また、特定のイベントデータクラスによってそのイベントデータが制限されます。There are also two subclasses of XamlSetValueEventArgs for more specific XAML value setting cases, and the specific event data class constrains that event data. XamlSetMarkupExtensionEventArgsは、マークアップ拡張機能のコールバックXamlSetTypeConverterEventArgsケースに使用され、型コンバーターのコールバックケースに使用されます。XamlSetMarkupExtensionEventArgs is used for the markup extension callback case and XamlSetTypeConverterEventArgs is used for the type converter callback case. 値の設定操作がマークアップ拡張機能または型コンバーターではないシナリオの例として、WPF データバインディングでの System.windows.datatrigger> シナリオが挙げられます。An example of a scenario where the set-value operation is not a markup extension or type converter is the DataTrigger scenario in WPF data binding.

コンストラクター

XamlSetValueEventArgs(XamlMember, Object) XamlSetValueEventArgs(XamlMember, Object) XamlSetValueEventArgs(XamlMember, Object) XamlSetValueEventArgs(XamlMember, Object)

XamlSetValueEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlSetValueEventArgs class.

プロパティ

Handled Handled Handled Handled

XamlSetValueEventArgs を使用している呼び出し元が CallBase() を呼び出さずに値を使用できるかどうかを確認する値を取得または設定します。Gets or sets a value that determines whether a caller that is using the XamlSetValueEventArgs can use the values without having to call CallBase().

Member Member Member Member

設定されているメンバーの XAML 型システムおよび XAML スキーマ情報を取得します。Gets XAML type system and XAML schema information for the member being set.

Value Value Value Value

設定されているメンバーに提供する値を取得します。Gets the value to provide for the member being set.

メソッド

CallBase() CallBase() CallBase() CallBase()

派生クラスでオーバーライドされると、現在機能している型の基本クラスで定義される SetValue コールバックを呼び出す方法を提供します。When overridden in a derived class, provides a way to invoke a SetValue callback as defined on a base class of the current acting type.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象