ValueSerializer クラス

定義

オブジェクト表現からのシリアル化の変換動作を定義する抽象クラス。Abstract class that defines conversion behavior for serialization from an object representation.

public ref class ValueSerializer abstract
public abstract class ValueSerializer
type ValueSerializer = class
Public MustInherit Class ValueSerializer
継承
ValueSerializer
派生

注釈

シリアル化のためにコンバーターが返す文字列は、損失が発生しないようにする必要があり、コンバーターは常に特定の値に対して同じ文字列を返す必要があります。The string a converter returns for serialization must be loss-less and the converter must always return the same string for a particular value. 型コンバーター (から派生したTypeConverterもの) が、文字列出力のConvertTo実装でこれらの要件を満たしてValueSerializerいない場合は、カスタムを宣言する必要があります。If a type converter (derived from TypeConverter) does not meet these requirements in its ConvertTo implementations for string output, a custom ValueSerializer must be declared. が要件を満たすValueSerializer 必要があるか、またはnullが型に関連付けられている必要があります。ValueSerializerEither the ValueSerializer should meet the requirements, or a null ValueSerializer should be associated with the type. は、 ValueSerializerAttribute属性を適用することによって型に関連付けられます。 ValueSerializerA ValueSerializer is associated with a type by applying the ValueSerializerAttribute attribute.

Null ValueSerializerは、オブジェクトグラフから文字列への変換に対して、型コンバーターが無視される必要があることを示します。A null ValueSerializer indicates the type converter should be ignored for convert-to-string conversions from the object graph.

重要

の実装ValueSerializerでは、例外をスローしないようにする必要があります。Implementation of ValueSerializer should avoid throwing exceptions. スローされた例外は、シリアル化を終了できます。Any exceptions thrown could terminate serialization.

IValueSerializerContextとその api は、 TypeConverterの場合とITypeDescriptorContext似ています。 ValueSerializerIValueSerializerContext for a ValueSerializer and its APIs is analogous to ITypeDescriptorContext for a TypeConverter. 実際にはIValueSerializerContextITypeDescriptorContextはを継承します。In fact, IValueSerializerContext inherits ITypeDescriptorContext. ValueSerializer派生クラス API が呼び出されると、呼び出し元 (通常はシリアライザープロセス) は、特定のサービスを提供する可能性のあるコンテキストを渡します。When a ValueSerializer derived class API is called, the caller (typically a serializer process) passes a context that may provide certain services. 一般的なガイダンスにより、はValueSerializer例外をスローしないようにする必要があります。Because of the general guidance that a ValueSerializer must not throw exceptions. コンテキストから特定のサービスを返さないと、例外もスローされません。Failure to return a particular service from the context must also not throw any exceptions.

以前のバージョンの .NET Framework では、このクラスは WPF 固有のアセンブリ WindowsBase に存在していました。In previous versions of the .NET Framework, this class existed in the WPF-specific assembly WindowsBase. .NET Framework 4.NET Framework 4ValueSerializer 、は、システムの .xaml アセンブリにあります。In .NET Framework 4.NET Framework 4, ValueSerializer is in the System.Xaml assembly. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

コンストラクター

ValueSerializer()

ValueSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ValueSerializer class.

メソッド

CanConvertFromString(String, IValueSerializerContext)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した String が、ValueSerializer の実装でサポートされる型のインスタンスに変換できるかどうかを確認します。When overridden in a derived class, determines whether the specified String can be converted to an instance of the type that the implementation of ValueSerializer supports.

CanConvertToString(Object, IValueSerializerContext)

派生クラスでオーバーライドされたとき、指定されたオブジェクトを String に変換できるかどうかを決定します。When overridden in a derived class, determines whether the specified object can be converted into a String.

ConvertFromString(String, IValueSerializerContext)

派生クラスでオーバーライドされると、String を、ValueSerializer の実装でサポートされる型のインスタンスに変換します。When overridden in a derived class, converts a String to an instance of the type that the implementation of ValueSerializer supports.

ConvertToString(Object, IValueSerializerContext)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したオブジェクトを String に変換します。When overridden in a derived class, converts the specified object to a String.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetConvertFromException(Object)

変換を実行できなかった場合にスローされる例外を返します。Returns an exception to throw when a conversion cannot be performed.

GetConvertToException(Object, Type)

変換を実行できなかった場合にスローされる例外を返します。Returns an exception to throw when a conversion cannot be performed.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetSerializerFor(PropertyDescriptor)

プロパティの CLR プロパティ記述子を渡すことにより、プロパティに対して宣言された ValueSerializer を取得します。Gets the ValueSerializer declared for a property, by passing a CLR property descriptor for the property.

GetSerializerFor(PropertyDescriptor, IValueSerializerContext)

指定したコンテキストを使用して、指定されたプロパティに宣言された ValueSerializer を取得します。Gets the ValueSerializer declared for the specified property, using the specified context.

GetSerializerFor(Type)

指定した型に宣言された ValueSerializer を取得します。Gets the ValueSerializer declared for the specified type.

GetSerializerFor(Type, IValueSerializerContext)

指定したコンテキストを使用して、指定された型に宣言された ValueSerializer を取得します。Gets the ValueSerializer declared for the specified type, using the specified context.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TypeReferences(Object, IValueSerializerContext)

ValueSerializer によって参照される型の列挙体を取得します。Gets an enumeration of the types referenced by the ValueSerializer.

適用対象

こちらもご覧ください