XamlParseException XamlParseException XamlParseException XamlParseException Class

定義

WPF XAML パーサーからのパーサー固有の例外の例外クラスを表します。Represents the exception class for parser-specific exceptions from a WPF XAML parser. この例外は、.NET Framework 3.0 および .NET Framework 3.5 からの XAML API または WPF XAML パーサーの操作で使用されるか、または XamlReader API を呼び出すことによって WPF XAML パーサーの特定の用途に使用されます。This exception is used in XAML API or WPF XAML parser operations from .NET Framework 3.0 and .NET Framework 3.5, or for specific use of the WPF XAML parser by calling XamlReader API.

public ref class XamlParseException : SystemException
[System.Serializable]
public class XamlParseException : SystemException
type XamlParseException = class
    inherit SystemException
Public Class XamlParseException
Inherits SystemException
継承
属性

注釈

XamlParseExceptionは、wpf アプリケーションに対して XAML の解析と読み込みを実行する WPF で実装された XAML パーサーに対してのみ使用されます。XamlParseException is used only for the WPF-implemented XAML parser that performs the XAML parsing and loading for WPF applications. 具体的には、例外は、アプリケーションがおよびを.NET Framework 3.0.NET Framework 3.0対象.NET Framework 3.5.NET Framework 3.5としている場合にのみ関連します。Specifically, the exception is only relevant when an application targets .NET Framework 3.0.NET Framework 3.0 and .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5. この例外は、WPF に実装された XAML パーサーをフックして、実行中の WPF アプリケーション (たとえば、の呼び出しXamlReader.Load) 内から Xaml を読み込む api に対するランタイム呼び出しのユーザーコードから発生することもあります。The exception can also originate from user code in run-time calls to APIs that hook up the WPF-implemented XAML parser to load XAML from within a running WPF application (for example, calls to XamlReader.Load).

では、通常、XAML 処理例外を報告するSystem.Xaml例外が別の名前空間()と別のアセンブリ(app.xaml)に定義されています。XamlParseException .NET Framework 4.NET Framework 4For .NET Framework 4.NET Framework 4, the XamlParseException exception that typically reports XAML processing exceptions is defined in a different namespace (System.Xaml) and a different assembly (System.Xaml).

WPF XAML パーサーと同等のを記述する場合、または.NET Framework 3.0.NET Framework 3.0とを使用し.NET Framework 3.5.NET Framework 3.5てターゲットを設定するXamlParseException場合を除き、通常は独自のコードからはスローされません。Unless you are writing an equivalent to the WPF XAML parser or working with .NET Framework 3.0.NET Framework 3.0 and .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5 targeting, you generally will not throw XamlParseException from your own code. ただし、例外の処理が必要になる場合があります。However, handling for the exception is sometimes necessary. XAML 解析エラー Dispatcher UnhandledExceptionを抑制する必要があるアプリケーションシナリオでは、アプリケーションレベルのイベントハンドラーが実行時XamlParseExceptionを処理する方法の1つです。For application scenarios, where you may want to suppress XAML parse errors, a Dispatcher UnhandledException event handler at the application level is one way to handle a run-time XamlParseException. 例外を抑制するか、ユーザーコードに表示させるかは、XAML を読み込む目的でアプリケーションを設計する方法と、アプリケーションが読み込む XAML に割り当てる信頼レベルによって異なります。Whether to suppress exceptions or let them surface to user code depends on how you design your application for purposes of loading XAML, and the trust level that you assign to the XAML your application loads. 詳細については、「xaml の概要 (WPF)」の「 xaml のセキュリティに関する考慮事項」または「xaml のセキュリティ」を参照してください。For more information, see XAML Security Considerations or "XAML Security" section of XAML Overview (WPF).

アプリケーションのページの場合、 XamlParseExceptionがスローされると、通常はページクラスによって行われたInitializeComponent呼び出しのコンテキストになります。これは、wpf アプリケーションモデルがページごとに wpf XAML パーサーを使用する場合のエントリポイントです。For pages of an application, when the XamlParseException is thrown, it is usually in the context of the InitializeComponent call made by your page class, which is the entry point for the WPF application model's usage of the WPF XAML parser at the per-page level. そのため、別の方法としtry/catchて、 InitializeComponentブロックをに配置することもできます。Therefore another possible handling strategy is to place try/catch blocks in InitializeComponent. ただし、この手法は、テンプレート、ビジュアルデザインサーフェイス、およびフックInitializeComponentするその他の生成されたソースとは適切には統合されません。However, this technique does not integrate well with templates, visual design surfaces and other generated sources that hook up InitializeComponent.

コンストラクター

XamlParseException() XamlParseException() XamlParseException() XamlParseException()

XamlParseException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlParseException class.

XamlParseException(SerializationInfo, StreamingContext) XamlParseException(SerializationInfo, StreamingContext) XamlParseException(SerializationInfo, StreamingContext) XamlParseException(SerializationInfo, StreamingContext)

XamlParseException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlParseException class.

XamlParseException(String) XamlParseException(String) XamlParseException(String) XamlParseException(String)

指定した例外メッセージ文字列を使用して、XamlParseException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlParseException class, using the specified exception message string.

XamlParseException(String, Exception) XamlParseException(String, Exception) XamlParseException(String, Exception) XamlParseException(String, Exception)

指定した例外メッセージ文字列と内部例外を使用して、XamlParseException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlParseException class, using the specified exception message string and inner exception.

XamlParseException(String, Int32, Int32) XamlParseException(String, Int32, Int32) XamlParseException(String, Int32, Int32) XamlParseException(String, Int32, Int32)

指定した例外メッセージ文字列、指定した行番号、および行の位置を使用して、XamlParseException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlParseException class, using the specified exception message string, and the specified line number and position in the line.

XamlParseException(String, Int32, Int32, Exception) XamlParseException(String, Int32, Int32, Exception) XamlParseException(String, Int32, Int32, Exception) XamlParseException(String, Int32, Int32, Exception)

指定した例外メッセージ、内部例外、行番号、および行の位置を使用して、XamlParseException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlParseException class, using the specified exception message, inner exception, line number, and position in the line.

プロパティ

BaseUri BaseUri BaseUri BaseUri

例外がスローされたときのベース URI を取得します。Gets base URI information when the exception is thrown.

Data Data Data Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(Inherited from Exception)
HelpLink HelpLink HelpLink HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(Inherited from Exception)
HResult HResult HResult HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(Inherited from Exception)
InnerException InnerException InnerException InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(Inherited from Exception)
KeyContext KeyContext KeyContext KeyContext

例外が発生したディクショナリにある項目のキーの値を取得または設定します。Gets or sets the key value of the item in a dictionary where the exception occurred.

LineNumber LineNumber LineNumber LineNumber

例外が発生した行番号を取得します。Gets the line number where the exception occurred.

LinePosition LinePosition LinePosition LinePosition

例外が発生した行内の位置を取得します。Gets the position in the line where the exception occurred.

Message Message Message Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(Inherited from Exception)
NameContext NameContext NameContext NameContext

例外が発生したオブジェクトの XAML 名を取得または設定します。Gets or sets the XAML name of the object where the exception occurred.

Source Source Source Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(Inherited from Exception)
StackTrace StackTrace StackTrace StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(Inherited from Exception)
TargetSite TargetSite TargetSite TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(Inherited from Exception)
UidContext UidContext UidContext UidContext

例外が発生したオブジェクトの x:Uid ディレクティブを取得または設定します。Gets or sets the x:Uid Directive of the object where the exception occurred.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetBaseException() GetBaseException() GetBaseException() GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(Inherited from Exception)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

指定した SerializationInfo オブジェクトを設定することにより、指定したオブジェクトのシリアル化に必要なデータを取得します。Gets the data that is required to serialize the specified object by populating the specified SerializationInfo object.

GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(Inherited from Exception)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(Inherited from Exception)

イベント

SerializeObjectState SerializeObjectState SerializeObjectState SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(Inherited from Exception)

適用対象

こちらもご覧ください