XamlSetValueEventArgs.CallBase メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされると、現在機能している型の基本クラスで定義される SetValue コールバックを呼び出す方法を提供します。When overridden in a derived class, provides a way to invoke a SetValue callback as defined on a base class of the current acting type.

public:
 virtual void CallBase();
public virtual void CallBase ();
abstract member CallBase : unit -> unit
override this.CallBase : unit -> unit
Public Overridable Sub CallBase ()

注釈

CallBaseは、実装の一部としReceiveMarkupExtensionて呼び出される場合があります。実装では、主なケースとして特定のマークアップ拡張機能が必要ですが、すぐに失敗することなく代替のケースを試行する方法が必要になる場合があります。CallBase might be invoked as part of a ReceiveMarkupExtension implementation, in cases where the implementation is expecting a particular markup extension as the primary case but wants a way to attempt alternative cases without immediately failing. これは、拡張可能なマークアップ拡張機能を扱う場合に便利です。This is useful for dealing with a markup extension that might itself be extensible.

"現在動作している型情報" は内部でのみ使用でき、設定操作が発生しているインスタンスの型を参照します。The "current acting type information" is only available internally, and refers to the type of the instance where the set operation is occurring. XamlSetMarkupExtensionEventArgsXamlSetTypeConverterEventArgsは、どちらも、内部の現在動作している型情報を使用して、このメソッドをオーバーライドします。XamlSetMarkupExtensionEventArgs and XamlSetTypeConverterEventArgs both override this method by using the internal current acting type information.

注意 (継承者)

既定の実装は、空です。The default implementation is empty.

適用対象