VisualBrush.Visual VisualBrush.Visual VisualBrush.Visual VisualBrush.Visual Property

定義

ブラシのコンテンツを取得または設定します。Gets or sets the brush's content.

public:
 property System::Windows::Media::Visual ^ Visual { System::Windows::Media::Visual ^ get(); void set(System::Windows::Media::Visual ^ value); };
public System.Windows.Media.Visual Visual { get; set; }
member this.Visual : System.Windows.Media.Visual with get, set
Public Property Visual As Visual

プロパティ値

ブラシのコンテンツ。The brush's content. 既定値は、null です。The default is null.

注釈

Visualコンテンツを指定するには、 VisualBrush2 つの方法があります。There are two ways to specify the Visual content of a VisualBrush.

  • 新しいVisualを作成し、 VisualBrushそれを使用しVisualてのプロパティを設定します。Create a new Visual and use it to set the Visual property of the VisualBrush.

  • 既存Visualのを使用します。これにより、ターゲットVisualのイメージが複製されます。Use an existing Visual, which creates a duplicate image of the target Visual. その後、を使用VisualBrushして、反射や拡大などの興味深い効果を作成できます。You can then use the VisualBrush to create interesting effects, such as reflection and magnification.

Visualは WPF クラス階層全体で非常に高いため、非常に多くのオブジェクトがに使用VisualBrushするビジュアルとして機能する可能性があります。リスト全体をここで表示することはできません。Visual is quite high in the overall WPF class hierarchy, so a very large number of objects could possibly serve as the visual that you use for a VisualBrush; the entire list cannot be shown here. Visual」を参照してください。「継承階層」セクションを参照すると、すぐに派生するクラスが表示されます。See Visual; refer to the "Inheritance Hierarchy" section, which will show the immediately derived classes. その後、すぐに派生したクラスをクリックして階層を走査し、あらゆる可能性を把握できます。You can then click on the immediately derived classes and traverse the hierarchies to get a sense of the full range of possibilities. 最上位レベルでは、に使用VisualBrush UIElementする可能性のあるオブジェクトの最も一般的な2つContainerVisualのカテゴリはまたはです。At a top level, the two most common categories of objects you might use for a VisualBrush are UIElement or ContainerVisual. UIElementは基本的に、WPF アプリケーションの UI に参加できる UI 要素を含みます。UIElement encompasses basically any UI element that can otherwise participate in the UI for a WPF application. ContainerVisual1つDrawingGroup Drawing以上の派生オブジェクトを含むを格納します。ContainerVisual contains a DrawingGroup that includes one or more Drawing-derived objects.

UIElement ( Visual VisualBrush trueパネルやコントロールAutoLayoutContentなどVisual ) の新しいを定義すると、プロパティがに設定されている場合、とその子要素でレイアウトシステムが実行されます。UIElementWhen you define a new Visual for a VisualBrush and that Visual is a UIElement (such as a panel or control), the layout system runs on the UIElement and its child elements when the AutoLayoutContent property is set to true. ただし、ルートUIElementは、基本的にシステムの他の部分から分離されています。つまり、ブラシが適用される親によって指定されたスタイル、ストーリーボード、および外部レイアウトは、この境界をはことはできません。However, the root UIElement is essentially isolated from the rest of the system; styles, storyboards, and external layout dictated by the parent where the brush is applied cannot permeate this boundary. したがって、ルートUIElementのサイズを明示的に指定する必要があります。これは、唯一のVisualBrush親がであるため、描画される領域に自動的にサイズを変更することはできないためです。Therefore, you should explicitly specify the size of the root UIElement, because its only parent is the VisualBrush and therefore it cannot automatically size itself to the area being painted. Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) でのレイアウトの詳細については、「レイアウト」を参照してください。For more information about layout in Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF), see the Layout.

がブラシの親チェーン内にVisualBrushある場合、のビジュアルツリーの更新は反映されません。 BitmapEffectUpdates to the visual tree of a VisualBrush will not propagate if a BitmapEffect is in the brush's parent chain. この制限を回避するには、効果の上にあるオブジェクトのシーンを強制的に更新します。You can workaround this limitation by forcing an update of the scene on the object above the effect. シーンの更新InvalidateVisualを強制するには、アニメーションを呼び出すか、含めることができます。You can call InvalidateVisual or include an animation to force a scene update.

注意

プロパティが以外の値に設定されてVisualBrushいる場合、を読み取り専用 (固定) にすることはできません。 Visualnull.A VisualBrush cannot be made read-only (frozen) when its Visual property is set to any value other than null.

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<object>  
  <object.Visual>  
    singleVisualRoot  
  </object.Visual>  
</object>  

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object Visual="{bindingExpression}"/><object Visual="{bindingExpression}"/>

- または --or-

<object Visual="{resourceExpression}"/><object Visual="{resourceExpression}"/>

XAML 値XAML Values

singleVisualRoot
ブラシの新しいビジュアル要素を定義する単一のオブジェクト要素。A single object element that defines a new visual element for the brush. これは、からVisual派生するオブジェクトである必要があります。This must be an object that derives from Visual. 「解説」を参照してください。See Remarks.

bindingExpression
既存Visualのインスタンスに評価される。A that evaluates to an existing Visual instance.

resourceExpression
DynamicResource既存StaticResource のインスタンスに評価さVisualれるまたは。A StaticResource or DynamicResource that evaluates to an existing Visual instance. XAML リソース」を参照してください。See XAML Resources

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field VisualProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象