ResourceDictionary.Item[Object] ResourceDictionary.Item[Object] ResourceDictionary.Item[Object] ResourceDictionary.Item[Object] Property

定義

指定したキーに関連付けられている値を取得または設定します。Gets or sets the value associated with the given key.

public:
 property System::Object ^ default[System::Object ^] { System::Object ^ get(System::Object ^ key); void set(System::Object ^ key, System::Object ^ value); };
public object this[object key] { get; set; }
member this.Item(obj) : obj with get, set
Default Public Property Item(key As Object) As Object

パラメーター

key
Object Object Object Object

取得または設定する目的のキー。The desired key to get or set.

プロパティ値

キーの値。Value of the key.

実装

注釈

このリソース ディクショナリに要求されたキーがない場合、framework リソース システムは、マージされたディクショナリも確認します。If the requested key is not in this resource dictionary, the framework resource system will also check the merged dictionaries.

チェック、ResourceDictionary項目またはインデックスでは一般にリソースを取得することをお勧めします。Checking a ResourceDictionary by item or index is not generally the preferred way to retrieve resources. メソッドは、完全なリソースのルックアップ プロセスに参加できる、キーによってリソースを検索し、アプリケーションまたはテーマで、リソースを検索することができますを代わりに呼び出す必要があります。You should instead call methods that are capable of participating in the full resource lookup process and look up resources by their keys, and that can find the resources in applications or themes. FindResource このようなメソッドには、いずれかの上に存在するFrameworkElementします。FindResource is such a method, and is present on any FrameworkElement. それ以外の場合、リソースを検索しようとするには、実際の実行時の動作は一致しません。Otherwise your attempt to find the resource does not match the true run-time behavior.

ただし、個々 の辞書から直接リソースを取得する場合があります既知からのリソースを取得する場合に適切なResourceDictionaryの場所、実行時のキー参照の可能なパフォーマンスとスコープの影響を回避するために実行します。However, obtaining resources directly from an individual dictionary might be appropriate if you are retrieving resources from a known ResourceDictionary location, and are doing so to avoid the possible performance and scope implications of run-time key lookup.

コレクション メンバーを定義するインデクサーを使用しないXAMLXAMLします。You do not use indexers to define collection members in XAMLXAML. 代わりに、要素を作成する子のマークアップ。Instead, you create child elements in markup. 子要素のいずれかの子要素をResourceDictionary、またはプロパティの型がプロパティ要素のResourceDictionaryします。The child elements are either child elements of ResourceDictionary, or of a property element where the property type is ResourceDictionary. 詳細については、次を参照してください。、XAMLXAML使用状況のセクションはResourceDictionaryします。For details, see the XAMLXAML usage sections in ResourceDictionary.

適用対象