UIElement.Visibility プロパティ

定義

この要素の ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) 可視性を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

public:
 property System::Windows::Visibility Visibility { System::Windows::Visibility get(); void set(System::Windows::Visibility value); };
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)]
public System.Windows.Visibility Visibility { get; set; }
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)>]
member this.Visibility : System.Windows.Visibility with get, set
Public Property Visibility As Visibility

プロパティ値

Visibility

列挙体の値。 既定値は Visible です。

属性

次の例では、ユーザーインターフェイスで相互に排他的なペアとして使用する2つの異なる名前付きボタンを参照するハンドラーを実装しています。 ボタンに関連付けられている実際のプログラムロジックを実行する前に、ボタン自体がに設定され、ペアのもう1つのボタンがに設定されてい Visibility.Hidden Visibility.Visible ます。

private void PlayMedia(object sender, MouseButtonEventArgs args)
{
    pauseBTN.Visibility = Visibility.Visible;
    playBTN.Visibility = Visibility.Collapsed;

    media.SpeedRatio = 1.0;
    media.Play();
}
Private Sub PlayMedia(ByVal sender As Object, ByVal args As MouseButtonEventArgs)
    pauseBTN.Visibility = System.Windows.Visibility.Visible
    playBTN.Visibility = System.Windows.Visibility.Collapsed

    media.SpeedRatio = 1.0
    media.Play()

End Sub

注釈

このプロパティを設定すると、の値に影響し IsVisible ます。これにより、イベントが発生する場合があり IsVisibleChanged ます。 ただし、には、それを IsVisible 含む親の可視性の設定など、それに影響を与える他の要因があります。

VisibilityVisible 入力イベント (またはコマンド) に参加しない要素は、レイアウトのメジャーまたは配置パスに影響を与えることはなく、タブシーケンスにも影響しません。ヒットテストでは報告されません。

Windowまたはその派生クラスによって継承される場合、 Window このプロパティの既定値をに再定義し Collapsed ます。 これにより、最初に作成されたでレイアウトの測定パスが実行されず、 Window RenderSize (0, 0) が返されます。 詳細については、「Window」を参照してください。 Popup また、は既定値をに再定義し Collapsed ますが、 Popup とその派生クラスの動作も同様です。

依存プロパティ情報

識別子フィールド VisibilityProperty
メタデータプロパティがに設定される true None

適用対象

こちらもご覧ください