Window.Icon Window.Icon Window.Icon Window.Icon Property

定義

ウィンドウのアイコンを取得または設定します。Gets or sets a window's icon.

public:
 property System::Windows::Media::ImageSource ^ Icon { System::Windows::Media::ImageSource ^ get(); void set(System::Windows::Media::ImageSource ^ value); };
[set: System.Security.SecurityCritical]
public System.Windows.Media.ImageSource Icon { get; set; }
member this.Icon : System.Windows.Media.ImageSource with get, set
Public Property Icon As ImageSource

プロパティ値

アイコンを表す ImageSource オブジェクト。An ImageSource object that represents the icon.

次の例は、ウィンドウアイコンを設定する方法を示しています。The following example shows how to set a window icon.

<Window
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  x:Class="SDKSample.MainWindow"
    Icon="WPFIcon1.ico">
</Window>
// Set an icon using code
Uri iconUri = new Uri("pack://application:,,,/WPFIcon2.ico", UriKind.RelativeOrAbsolute);
this.Icon = BitmapFrame.Create(iconUri);
' Set an icon using code
Dim iconUri As New Uri("pack://application:,,,/WPFIcon2.ico", UriKind.RelativeOrAbsolute)
Me.Icon = BitmapFrame.Create(iconUri)

注釈

Windows Presentation Foundation (WPF) スタンドアロンアプリケーションには、次の2種類のアイコンがあります。Windows Presentation Foundation (WPF) standalone applications have two types of icons:

  • 1つのアセンブリアイコン。これは、アプリケーション<ApplicationIcon>のプロジェクトビルドファイルのプロパティを使用して指定されます。One assembly icon, which is specified by using the <ApplicationIcon> property in the application's project build file. このアイコンは、アセンブリのデスクトップアイコンとして使用されます。This icon is used as the desktop icon for an assembly.

    注意

    Visual Studio でデバッグする場合、ホストプロセスによってアイコンが表示されないことがあります。When debugging in Visual Studio, your icon may not appear due to the hosting process. 実行可能ファイルを実行すると、アイコンが表示されます。If you run the executable, the icon will appear. 詳細については、「ホスト プロセス (vshost.exe)」を参照してください。For more information, see Hosting Process (vshost.exe).

  • 設定Iconによって指定されたウィンドウごとに1つのアイコン。One icon per window that is specified by setting Icon. このアイコンは、各ウィンドウについて、タイトルバー、タスクバーボタン、および ALT タブアプリケーション選択リストのエントリで使用されます。For each window, this icon is used in its title bar, its task bar button, and in its ALT-TAB application selection list entry.

WPF ウィンドウには常にアイコンが表示されます。A WPF window always displays an icon. 設定Iconによって指定されていない場合、WPF は次の規則に基づいて表示するアイコンを選択します。When one is not provided by setting Icon, WPF chooses an icon to display based on the following rules:

  1. アセンブリアイコン (指定されている場合) を使用します。Use the assembly icon, if specified.

  2. アセンブリアイコンが指定されていない場合は、既定の Microsoft Windows アイコンを使用します。If the assembly icon is not specified, use the default Microsoft Windows icon.

を使用Iconしてカスタムウィンドウアイコンを指定した場合は、をにnull設定Iconすることによって、既定のアプリケーションアイコンを復元できます。If you use Icon to specify a custom window icon, you can restore the default application icon by setting Icon to null.

1つのアイコンは、ウィンドウのタイトルバーに表示される、ウィンドウのタスクバー、ALT + TAB ファイル選択リストなど、Windows のさまざまな方法で使用できます。A single icon can be used in a variety of ways in Windows, including being shown in the title bar of a window, the task bar for a window, the ALT+TAB file selection list. これらはそれぞれ異なるサイズを使用するアイコンを示しています。16×16ピクセルのアイコンがウィンドウのタイトルバーとタスクバーに表示されますが、ALT + TAB ファイル選択リストに32×32ピクセルのアイコンが表示されます。Each of these shows the icon using a different size; a 16x16 pixel icon is displayed in the title bar of a window and in the task bar, while a 32x32 pixel icon is displayed in the ALT+TAB file selection list. などの一部のMicrosoft Windows エクスプローラーMicrosoft Windows Explorerアプリケーションでは、表示するアイコンのサイズを選択できる [表示] メニューが用意されています。Some applications, like Microsoft Windows エクスプローラーMicrosoft Windows Explorer, provide a View menu that allows you to choose the size of the icon you'd like to view.

さまざまな表示サイズに対応するために、アイコンファイルは1つ以上の実際のアイコンで構成されます。各アイコンは、特定のサイズと色深度を対象とするアイコンのバージョンを表します。To cater to the various display sizes, an icon file is composed of one or more actual icons where each one represents a version of the icon that targets a specific size and color depth. たとえば、1つのアイコンには16色の 16 x 16 ピクセルのアイコンがありますが、別のアイコンには16色と256色の 16 x 16 ピクセルと32x32 ピクセルのアイコンが含まれている場合があります。For example, one icon may only have a single 16x16 pixel icon with 16 colors, while another may contain 16x16 pixel and 32x32 pixel icons with both 16 colors and 256 colors.

すべての可能なサイズと色深度のアイコンがアイコンファイル内にWindow存在する場合、は適切なアイコンを使用します。If icons for all possible sizes and color depths exist within an icon file, Window will use the appropriate icon. アイコンファイルに、可能なすべてのアイコンのサブセットのみがWindow含まれている場合、では、サイズと色の深さを小さくするために、次に最も適切なアイコンが使用されます。If an icon file contains only a subset of all the possible icons, Window uses the next most appropriate icon in order of decreasing sizes and color depth.

結果として、アイコンは常にによっWindowて使用されます。ただし、使用されるアイコンは、必要なサイズと色深度をターゲットにすることはできません。The result is that an icon will always be used by Window, although the icon used may not target the required size and color depth. たとえば、16色の16x16 ピクセルのアイコンは、256色の32x32 ピクセルのアイコンとして表示されることがあります。For example, a 16x16 pixel icon with 16 colors may be used for display as a 32x32 pixel icon with 256 colors. これにより、pixilation などの望ましくない視覚効果が発生する可能性がありますが、対象となるすべてのサイズと色深度のアイコンを作成することによって回避できます。This can cause undesirable visual effects, such as pixilation, but may be avoided by creating icons for all targeted sizes and color depths.

注意

ウィンドウがブラウザーでホストされている場合、このプロパティを設定または取得することはできません。You cannot set or get this property when a window is hosted in a browser.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field IconProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

セキュリティ

UIPermission
アイコンを設定するためのアクセス許可。for permission to set the icon. 関連付けられた列挙型:AllWindowsAssociated enumeration: AllWindows

適用対象