XamlServices XamlServices XamlServices XamlServices Class

定義

XAML の読み取りとオブジェクト グラフの書き込み、オブジェクト グラフの読み取りとシリアル化用の XAML ファイル出力の書き込みなどの共通の XAML タスクのための高いレベルのサービス (静的メソッド) を提供します。Provides higher-level services (static methods) for the common XAML tasks of reading XAML and writing an object graph; or reading an object graph and writing XAML file output for serialization purposes.

public ref class XamlServices abstract sealed
public static class XamlServices
type XamlServices = class
Public Class XamlServices
継承
XamlServicesXamlServicesXamlServicesXamlServices

注釈

モード、XamlServices読み取りと書き込みのシナリオが XAML リーダーと XAML ライターのインスタンスを作成する依存の最も一般的な XAML で使用されるクラス。The modes of the XamlServices class that are used in the most common XAML reading and writing scenarios rely on creating instances of XAML readers and XAML writers. これらのリーダーとライターなど、パブリック クラスの特殊化されたが、内部の実装をXmlReaderXamlXmlReader、およびXamlObjectWriterします。These readers and writers are specialized but internal implementations of public classes, such as XmlReader, XamlXmlReader, and XamlObjectWriter. 使用するXamlServicesほとんどのシナリオは希望どおりの結果を取得する既定の内部実装に依存することができます。To use XamlServices for most scenarios, you can rely on the default internal implementations to obtain the results that you want. 専門的なシナリオでは可能性があります、自分で、リーダーとライターを定義しのオーバー ロードの引数として渡したり、XamlServicesメソッド。For more specialized scenarios, you might define readers and writers yourself, and then pass them as arguments for overloads of the XamlServices methods.

重要

XamlServices 推奨される XAML の読み取りや XAML なく記述 WPF 定義の型を処理している場合は、設定 API または WPF に基づくの種類。XamlServices is not the recommended XAML reading or XAML writing API set if you are processing WPF-defined types, or types based on WPF. WPFWPF使用量、使用System.Windows.Markup.XamlReaderの読み取りまたは XAML (BAML); の読み込みとSystem.Windows.Markup.XamlWriterXAML を書き戻すためです。For WPFWPF usage, use System.Windows.Markup.XamlReader for reading or loading XAML (or BAML); and System.Windows.Markup.XamlWriter for writing back XAML. これらのクラス .NET Framework XAML サービス Api と、XAML リーダーと XAML ライターで内部的に使用しての実装ただしも提供サポートと XAML スキーマ コンテキストを特殊化された依存関係プロパティと WPF の既知の型のための最適化などの WPF 固有の概念について説明します。These classes use .NET Framework XAML Services APIs and the XAML readers and XAML writers internally in their implementation; however, they also provide support and specialized XAML schema context for WPF-specific concepts, such as optimizations for dependency properties and WPF known types.

メソッド

Load(Stream) Load(Stream) Load(Stream) Load(Stream)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、その出力をオブジェクト グラフとして書き込みます。Loads a Stream source for a XAML reader and writes its output as an object graph.

Load(TextReader) Load(TextReader) Load(TextReader) Load(TextReader)

TextReader から XAML リーダーを作成し、オブジェクト グラフを返します。Creates a XAML reader from a TextReader, and returns an object graph.

Load(String) Load(String) Load(String) Load(String)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a Stream source for a XAML reader and returns an object graph.

Load(XamlReader) Load(XamlReader) Load(XamlReader) Load(XamlReader)

固有の XAML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a specific XAML reader implementation and returns an object graph.

Load(XmlReader) Load(XmlReader) Load(XmlReader) Load(XmlReader)

固有の XML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。Loads a specific XML reader implementation and returns an object graph.

Parse(String) Parse(String) Parse(String) Parse(String)

XAML を文字列出力として読み取り、オブジェクト グラフを返します。Reads XAML as string output and returns an object graph.

Save(Object) Save(Object) Save(Object) Save(Object)

提供されたオブジェクト ツリーを XAML ノード表現に処理した後、出力 XAML の文字列形式を返します。Processes a provided object tree into a XAML node representation, and returns a string representation of the output XAML.

Save(Stream, Object) Save(Stream, Object) Save(Stream, Object) Save(Stream, Object)

提供されたオブジェクト グラフを XAML ノード表現に処理した後、シリアル化の出力ストリームに処理します。Processes a provided object graph into a XAML node representation and then into an output stream for serialization.

Save(TextWriter, Object) Save(TextWriter, Object) Save(TextWriter, Object) Save(TextWriter, Object)

提供されたオブジェクト グラフを XAML ノード表現に処理した後、提供された TextWriter で使用される出力に処理します。Processes a provided object graph into a XAML node representation and then into an output that goes to the provided TextWriter.

Save(String, Object) Save(String, Object) Save(String, Object) Save(String, Object)

提供されたオブジェクト グラフを XAML ノード表現に処理した後、提供された場所の出力ファイルに書き込みます。Processes a provided object graph into a XAML node representation and then writes it to an output file at a provided location.

Save(XamlWriter, Object) Save(XamlWriter, Object) Save(XamlWriter, Object) Save(XamlWriter, Object)

提供されたオブジェクト グラフを XAML ノード表現に処理した後、提供された XAML ライターに書き込みます。Processes a provided object graph into a XAML node representation and then writes it to the provided XAML writer.

Save(XmlWriter, Object) Save(XmlWriter, Object) Save(XmlWriter, Object) Save(XmlWriter, Object)

提供されたオブジェクト グラフを XAML ノード表現に処理した後、提供された XmlWriter に書き込みます。Processes a provided object graph into a XAML node representation and then writes it to the provided XmlWriter.

Transform(XamlReader, XamlWriter) Transform(XamlReader, XamlWriter) Transform(XamlReader, XamlWriter) Transform(XamlReader, XamlWriter)

共通の XAML ノード セットの中継点を使用する XamlReaderXamlWriter を接続します。Connects a XamlReader and a XamlWriter to use a common XAML node set intermediary. 提供されるリーダーとライターの種類に応じて、コンテンツが変換される可能性があります。Potentially transforms the content, depending on the types of readers and writers that are provided.

Transform(XamlReader, XamlWriter, Boolean) Transform(XamlReader, XamlWriter, Boolean) Transform(XamlReader, XamlWriter, Boolean) Transform(XamlReader, XamlWriter, Boolean)

共通の XAML ノード セットの中継点を使用する XamlReaderXamlWriter を接続します。Connects a XamlReader and a XamlWriter to use a common XAML node set intermediary. 提供されるリーダーとライターの種類に応じて、コンテンツが変換される可能性があります。Potentially transforms the content, depending on the types of readers and writers that are provided. 呼び出しの完了後にライターを閉じるかどうかを指定するパラメーターが用意されています。Provides a parameter for specifying whether to close the writer after the call is completed.

適用対象