XmlMappingAccess XmlMappingAccess XmlMappingAccess XmlMappingAccess Enum

定義

マッピングについて、読み取り、書き込み、その両方のいずれにするかを指定します。Specifies whether a mapping is read, write, or both.

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public enum class XmlMappingAccess
[System.Flags]
public enum XmlMappingAccess
type XmlMappingAccess = 
Public Enum XmlMappingAccess
継承
XmlMappingAccessXmlMappingAccessXmlMappingAccessXmlMappingAccess
属性

フィールド

None None None None 0

書き込みメソッドと読み込みメソッドの両方が生成されます。Both read and write methods are generated.

Read Read Read Read 1

読み込みメソッドが生成されます。Read methods are generated.

Write Write Write Write 2

書き込みメソッドが生成されます。Write methods are generated.

注釈

この列挙体は、シリアルImportMembersMapping化および逆シリアル化メソッドのコードを生成するときに、によって使用されます。This enumeration is used by the ImportMembersMapping when generating code for serialization and deserialization methods. この値は、スキーマインポーターが書き込みアクセス権を持つマッピングの書き込みメソッドを生成するかどうかを指定し、読み取りアクセス権を持つマッピングのメソッドを読み取ります。The value specifies whether the schema importer generates write methods for mappings with write access, and read methods for mappings with read access. これにより、シリアル化コードの生成が最小限に抑えられます。This minimizes the generation of serialization code.

適用対象