System.Xml.Serialization Namespace

System.Xml.Serialization 名前空間には、オブジェクトを XML 形式のドキュメントまたはストリームにシリアル化するために使用されるクラスが含まれています。 The System.Xml.Serialization namespace contains classes that are used to serialize objects into XML format documents or streams.

クラス

CodeExporter

データ構造の XML 表現からプロキシ コードを生成できるクラスを表します。Represents a class that can generate proxy code from an XML representation of a data structure.

CodeIdentifier

入力テキストをコード エンティティの名前に変換する静的メソッドを提供します。Provides static methods to convert input text into names for code entities.

CodeIdentifiers

.NET Framework の XML シリアル化インフラストラクチャが生成する、関連するコード エンティティまたは型の関連付け情報の名前のグループを保持します。Maintains a group of names for related code entities or type mappings that are generated by the .NET Framework's XML serialization infrastructure.

ImportContext

.NET Framework コード エンティティにスキーマ セットがバインドされるコンテキストを示します。Describes the context in which a set of schema is bound to .NET Framework code entities.

SchemaImporter

スキーマ インポーターを示します。Describes a schema importer.

SoapAttributeAttribute

XmlSerializer がクラス メンバーをエンコード済みの SOAP 属性としてシリアル化する必要があることを指定します。Specifies that the XmlSerializer must serialize the class member as an encoded SOAP attribute.

SoapAttributeOverrides

XmlSerializer を使用してオブジェクトをエンコード済みの SOAP としてシリアル化または逆シリアル化するときに、プロパティ、フィールド、クラスに適用される属性をオーバーライドできるようにします。Allows you to override attributes applied to properties, fields, and classes when you use an XmlSerializer to serialize or deserialize an object as encoded SOAP.

SoapAttributes

XmlSerializer が SOAP メソッドをシリアル化および逆シリアル化する方法を制御する属性オブジェクトのコレクションを表します。Represents a collection of attribute objects that control how the XmlSerializer serializes and deserializes SOAP methods.

SoapCodeExporter

WSDL ドキュメントで定義されている SOAP エンコード済みメッセージ部分に対応する型宣言および属性宣言を、型の内部対応付け情報から生成します。Generates types and attribute declarations from internal type mapping information for SOAP-encoded message parts defined in a WSDL document.

SoapElementAttribute

XmlSerializer がパブリック メンバーの値をエンコード済みの SOAP XML 要素としてシリアル化することを指定します。Specifies that the public member value be serialized by the XmlSerializer as an encoded SOAP XML element.

SoapEnumAttribute

XmlSerializer が列挙体メンバーをシリアル化する方法を制御します。Controls how the XmlSerializer serializes an enumeration member.

SoapIgnoreAttribute

XmlSerializer に対して、パブリック フィールドまたはパブリックな読み書き可能プロパティの値をシリアル化しないように指示します。Instructs the XmlSerializer not to serialize the public field or public read/write property value.

SoapIncludeAttribute

XmlSerializer がオブジェクトをエンコード済みの SOAP XML としてシリアル化または逆シリアル化するときに、型を認識できるようにします。Allows the XmlSerializer to recognize a type when it serializes or deserializes an object as encoded SOAP XML.

SoapReflectionImporter

.NET Framework 型、または Web サービス メソッド情報から、SOAP エンコード済みメッセージへの対応付けを生成します。Generates mappings to SOAP-encoded messages from .NET Framework types or Web service method information.

SoapSchemaExporter

SOAP エンコーディングを使用して、XmlSchema オブジェクトに、シリアル化する .NET Framework 型の XML スキーマ データ型定義を設定します。Populates XmlSchema objects with XML Schema data type definitions for .NET Framework types that are serialized using SOAP encoding.

SoapSchemaImporter

.NET Framework 内で使用され、WSDL ドキュメントの SOAP エンコード済みメッセージ部分に対応する .NET Framework 型の内部対応付け情報を生成します。Used within the .NET Framework to generate internal mappings to .NET Framework types for SOAP-encoded message parts in a WSDL document.

SoapSchemaMember

WSDL ドキュメントからクラスを生成するために、WSDL ドキュメントの XSD <part> 要素の特定の属性を表します。Represents certain attributes of a XSD <part> element in a WSDL document for generating classes from the document.

SoapTypeAttribute

SOAP エンコード済みの XML としてクラス インスタンスがシリアル化されるときに、XmlSerializer によって生成されるスキーマを制御します。Controls the schema generated by the XmlSerializer when a class instance is serialized as SOAP encoded XML.

UnreferencedObjectEventArgs

エンコード済みの SOAP XML ストリームで逆シリアル化時に見つかった、既知ではあっても未参照のオブジェクトに対してデータを提供します。Provides data for the known, but unreferenced, object found in an encoded SOAP XML stream during deserialization.

XmlAnyAttributeAttribute

メンバー (XmlAttribute オブジェクトの配列を返すフィールド) に任意の XML 属性を含めることができるように指定します。Specifies that the member (a field that returns an array of XmlAttribute objects) can contain any XML attributes.

XmlAnyElementAttribute

メンバー (XmlElement オブジェクトまたは XmlNode オブジェクトの配列を返すフィールド) に、シリアル化または逆シリアル化対象のオブジェクト内に対応するメンバーがない任意の XML 要素を表すオブジェクトを含めるように指定します。Specifies that the member (a field that returns an array of XmlElement or XmlNode objects) contains objects that represent any XML element that has no corresponding member in the object being serialized or deserialized.

XmlAnyElementAttributes

XmlAnyElementAttribute オブジェクトのコレクションを表します。Represents a collection of XmlAnyElementAttribute objects.

XmlArrayAttribute

XmlSerializer が特定のクラス メンバーを XML 要素の配列としてシリアル化する必要があることを指定します。Specifies that the XmlSerializer must serialize a particular class member as an array of XML elements.

XmlArrayItemAttribute

XmlSerializer がシリアル化された配列で配置できる派生型を指定する属性を表します。Represents an attribute that specifies the derived types that the XmlSerializer can place in a serialized array.

XmlArrayItemAttributes

XmlArrayItemAttribute オブジェクトのコレクションを表します。Represents a collection of XmlArrayItemAttribute objects.

XmlAttributeAttribute

XmlSerializer がクラス メンバーを XML 属性としてシリアル化する必要があることを指定します。Specifies that the XmlSerializer must serialize the class member as an XML attribute.

XmlAttributeEventArgs

UnknownAttribute イベントのデータを提供します。Provides data for the UnknownAttribute event.

XmlAttributeOverrides

オブジェクトをシリアル化または逆シリアル化するために XmlSerializer を使用するときに、プロパティ、フィールド、クラスの各属性をユーザーがオーバーライドできるようにします。Allows you to override property, field, and class attributes when you use the XmlSerializer to serialize or deserialize an object.

XmlAttributes

XmlSerializer がオブジェクトをシリアル化および逆シリアル化する方法を制御する属性オブジェクトのコレクションを表します。Represents a collection of attribute objects that control how the XmlSerializer serializes and deserializes an object.

XmlChoiceIdentifierAttribute

列挙体を使用して、メンバーを明確に検出できるようにすることを指定します。Specifies that the member can be further detected by using an enumeration.

XmlCodeExporter

XML スキーマ要素宣言の内部的な型の対応付け情報から型宣言および属性宣言を生成します。Generates types and attribute declarations from internal type mapping information for XML schema element declarations.

XmlElementAttribute

パブリック フィールドまたはパブリック プロパティを持つオブジェクトを XmlSerializer がシリアル化または逆シリアル化するときに、それらのフィールドまたはプロパティが XML 要素を表すかどうかを示します。Indicates that a public field or property represents an XML element when the XmlSerializer serializes or deserializes the object that contains it.

XmlElementAttributes

XmlElementAttribute がクラスをシリアル化する既定の方法をオーバーライドするために使用する、XmlSerializer オブジェクトのコレクションを表します。Represents a collection of XmlElementAttribute objects used by the XmlSerializer to override the default way it serializes a class.

XmlElementEventArgs

UnknownElement イベントのデータを提供します。Provides data for the UnknownElement event.

XmlEnumAttribute

XmlSerializer が列挙体メンバーをシリアル化する方法を制御します。Controls how the XmlSerializer serializes an enumeration member.

XmlIgnoreAttribute

Serialize(TextWriter, Object)XmlSerializer メソッドに対して、パブリック フィールドまたはパブリックな読み書き可能プロパティの値をシリアル化しないように指示します。Instructs the Serialize(TextWriter, Object) method of the XmlSerializer not to serialize the public field or public read/write property value.

XmlIncludeAttribute

XmlSerializer がオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化するときに、型を認識できるようにします。Allows the XmlSerializer to recognize a type when it serializes or deserializes an object.

XmlMapping

.NET Framework 型と XML スキーマ データ型間の対応付けをサポートします。Supports mappings between .NET Framework types and XML Schema data types.

XmlMemberMapping

.NET Framework の Web サービス メソッドのコード エンティティを、Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) メッセージの要素にマップします。Maps a code entity in a .NET Framework Web service method to an element in a Web Services Description Language (WSDL) message.

XmlMembersMapping

.NET Framework Web サービス メソッドと、SOAP Web サービスに対して定義されている Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) メッセージとのマッピングを提供します。Provides mappings between .NET Framework Web service methods and Web Services Description Language (WSDL) messages that are defined for SOAP Web services.

XmlNamespaceDeclarationsAttribute

対象となるプロパティ、パラメーター、戻り値、またはクラス メンバーに、XML ドキュメント内で使用する、名前空間に関連付けられたプレフィックスを含めることを指定します。Specifies that the target property, parameter, return value, or class member contains prefixes associated with namespaces that are used within an XML document.

XmlNodeEventArgs

UnknownNode イベントのデータを提供します。Provides data for the UnknownNode event.

XmlReflectionImporter

XML スキーマ要素宣言 (Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) ドキュメント内のリテラル XML スキーマ定義 (XSD: XML Schema Definition) のメッセージ部分など) と、対応する .NET Framework 型または Web サービス メソッドの対応付け情報を生成します。Generates mappings to XML schema element declarations, including literal XML Schema Definition (XSD) message parts in a Web Services Description Language (WSDL) document, for .NET Framework types or Web service method information.

XmlReflectionMember

.NET Framework Web サービス メソッドのコード エンティティと、SOAP Web サービスに対して定義されている Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) メッセージの内容との対応付けを提供します。Provides mappings between code entities in .NET Framework Web service methods and the content of Web Services Description Language (WSDL) messages that are defined for SOAP Web services.

XmlRootAttribute

属性ターゲットを XML ルート要素として XML シリアル化する方法を制御します。Controls XML serialization of the attribute target as an XML root element.

XmlSchemaEnumerator

XmlSchema オブジェクトのコレクションに対する反復処理に使用します。Enables iteration over a collection of XmlSchema objects.

XmlSchemaExporter

XmlSchema オブジェクトに、型マップ オブジェクト内にある XML スキーマ要素宣言を設定します。Populates XmlSchema objects with XML schema element declarations that are found in type mapping objects.

XmlSchemaImporter

WSDL ドキュメントのリテラル XSD メッセージ部分などの XML スキーマ要素宣言に対応する、.NET Framework 型の内部対応付け情報を生成します。Generates internal mappings to .NET Framework types for XML schema element declarations, including literal XSD message parts in a WSDL document.

XmlSchemaProviderAttribute

型に適用された場合、XML スキーマを返す型の静的メソッドの名前と、型のシリアル化を制御する XmlQualifiedName (または匿名型の XmlSchemaType) を格納します。When applied to a type, stores the name of a static method of the type that returns an XML schema and a XmlQualifiedName (or XmlSchemaType for anonymous types) that controls the serialization of the type.

XmlSchemas

XML スキーマのコレクションを表します。Represents the collection of XML schemas.

XmlSerializationGeneratedCode

XmlSerializationReader および XmlSerializationWriter の基本クラスであり、その両方の型に共通のメソッドを含む抽象クラス。An abstract class that is the base class for XmlSerializationReader and XmlSerializationWriter and that contains methods common to both of these types.

XmlSerializationReader

XmlSerializer クラスによる逆シリアル化を制御します。Controls deserialization by the XmlSerializer class.

XmlSerializationReader.CollectionFixup

XmlSerializationCollectionFixupCallback デリゲート インスタンス、およびメソッドの入力を保持します。またメソッドのパラメーターを提供します。Holds an XmlSerializationCollectionFixupCallback delegate instance, plus the method's inputs; also supplies the method's parameters.

XmlSerializationReader.Fixup

XmlSerializationFixupCallback デリゲート インスタンスとメソッドの入力を保持します。また、メソッドのパラメーターとして機能します。Holds an XmlSerializationFixupCallback delegate instance, plus the method's inputs; also serves as the parameter for the method.

XmlSerializationWriter

XmlSerializer クラスによるシリアル化を制御するために使用する抽象クラスを表します。Represents an abstract class used for controlling serialization by the XmlSerializer class.

XmlSerializer

オブジェクトから XML ドキュメントへのシリアル化および XML ドキュメントからオブジェクトへの逆シリアル化を行います。Serializes and deserializes objects into and from XML documents. XmlSerializer により、オブジェクトを XML にエンコードする方法を制御できます。The XmlSerializer enables you to control how objects are encoded into XML.

XmlSerializerAssemblyAttribute

Web サービス クライアント プロキシに適用すると、カスタム メイドのシリアライザーを含むアセンブリを指定できます。Applied to a Web service client proxy, enables you to specify an assembly that contains custom-made serializers.

XmlSerializerFactory

より効率的なシリアル化を行うことができる XmlSerializer の型指定されたバージョンを作成します。Creates typed versions of the XmlSerializer for more efficient serialization.

XmlSerializerImplementation

型指定された生成前のシリアライザーのリーダー、ライター、およびメソッドを定義します。Defines the reader, writer, and methods for pre-generated, typed serializers.

XmlSerializerNamespaces

XmlSerializer が XML ドキュメント インスタンスで修飾名を生成するために使用する XML 名前空間とプレフィックスが格納されています。Contains the XML namespaces and prefixes that the XmlSerializer uses to generate qualified names in an XML-document instance.

XmlSerializerVersionAttribute

この属性はアセンブリに適用され、シリアル化インフラストラクチャによりコードが生成されたこと、およびパフォーマンスを向上させるためにそれを再利用できることを示します。Signifies that the code was generated by the serialization infrastructure and can be reused for increased performance, when this attribute is applied to an assembly.

XmlTextAttribute

XmlSerializer が、クラスをシリアル化または逆シリアル化するときに、そのクラスに含まれる特定のメンバーを XML テキストとして処理する必要があることを指定します。Indicates to the XmlSerializer that the member must be treated as XML text when the class that contains it is serialized or deserialized.

XmlTypeAttribute

この属性が適用された対象が XmlSerializer によってシリアル化されるときに生成される XML スキーマを制御します。Controls the XML schema that is generated when the attribute target is serialized by the XmlSerializer.

XmlTypeMapping

1 つの型から別の型へのマッピングを格納します。Contains a mapping of one type to another.

構造体

XmlDeserializationEvents

Deserialize のスレッド セーフな XmlSerializer メソッドにイベント デリゲートを渡すために使用できるフィールドを含みます。Contains fields that can be used to pass event delegates to a thread-safe Deserialize method of the XmlSerializer.

インターフェイス

IXmlSerializable

XML シリアル化および逆シリアル化のカスタム書式を提供します。Provides custom formatting for XML serialization and deserialization.

IXmlTextParser

.NET Framework インフラストラクチャが使用する Normalized プロパティを確立します。Establishes a Normalized property for use by the .NET Framework infrastructure.

列挙型

CodeGenerationOptions

XML Web サービスで使用する .NET Framework 型を生成するときに使用する各種のオプションを指定します。Specifies various options to use when generating .NET Framework types for use with an XML Web Service.

XmlMappingAccess

マッピングについて、読み取り、書き込み、その両方のいずれにするかを指定します。Specifies whether a mapping is read, write, or both.

代理人

UnreferencedObjectEventHandler

UnreferencedObjectXmlSerializer イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that handles the UnreferencedObject event of an XmlSerializer.

XmlAttributeEventHandler

UnknownAttribute を処理するメソッドを表します。Represents the method that handles the UnknownAttribute

XmlElementEventHandler

UnknownElementXmlSerializer イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that handles the UnknownElement event of an XmlSerializer.

XmlNodeEventHandler

UnknownNodeXmlSerializer イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that handles the UnknownNode event of an XmlSerializer.

XmlSerializationCollectionFixupCallback

コレクションまたは列挙値に対応付けられる SOAP エンコード済みの XML データ型を逆シリアル化するために、XmlSerializer クラスが使用するデリゲートを示します。Delegate used by the XmlSerializer class for deserialization of SOAP-encoded XML data types that map to collections or enumerations.

XmlSerializationFixupCallback

SOAP でエンコードされた XML データを逆シリアル化するために XmlSerializer クラスが使用するデリゲート。Delegate used by the XmlSerializer class for deserialization of SOAP-encoded XML data.

XmlSerializationReadCallback

SOAP エンコード済みでルート以外の XML データの型を逆シリアル化するために、XmlSerializer クラスが使用するデリゲート。Delegate used by the XmlSerializer class for deserialization of types from SOAP-encoded, non-root XML data.

XmlSerializationWriteCallback

SOAP エンコード済みでルート以外の XML データの型をシリアル化するために、XmlSerializer クラスが使用するデリゲートを示します。Delegate that is used by the XmlSerializer class for serialization of types from SOAP-encoded, non-root XML data.

注釈

名前空間の中核となるクラスは、XmlSerializerクラス。The central class in the namespace is the XmlSerializer class. このクラスを使用する、XmlSerializerコンス トラクターにシリアル化するオブジェクトの型を使用して、クラスのインスタンスを作成します。To use this class, use the XmlSerializer constructor to create an instance of the class using the type of the object to serialize. 1 回、XmlSerializerが作成されると、シリアル化するオブジェクトのインスタンスを作成します。Once an XmlSerializer is created, create an instance of the object to serialize. など、ドキュメントまたはストリームに、ファイルを記述するオブジェクトを作成する必要があります、 StreamTextWriter、またはXmlWriterします。You must also create an object to write the file to a document or stream, such as a Stream, TextWriter, or XmlWriter. 呼び出して、 Serialize XML ドキュメントにオブジェクトに変換します。You can then call the Serialize method to convert the object into an XML document.

XML ドキュメントからオブジェクトを逆シリアル化するドキュメントまたはストリームを読み取る適切なオブジェクトを作成 (再度、 StreamTextWriter、またはXmlWriter)。To deserialize an object from an XML document, create a suitable object to read the document or stream (again, a Stream, TextWriter, or XmlWriter). 呼び出す、Deserialize方法、結果として得られるオブジェクト (シリアル化された) を元のオブジェクトの型にキャストします。Invoke the Deserialize method while casting the resulting object to the type of the original object (that was serialized).

さらに、シリアル化を制御、System.Xml.Serialization名前空間がいくつか含まれていますAttributeクラス クラスのメンバーに適用できます。To further control the serialization, the System.Xml.Serialization namespace contains several Attribute classes that can be applied to members of a class. たとえば、クラスのメンバーを XML 要素としてシリアル化される場合は、適用できます、XmlElementAttribute属性のメンバーにします。For example, if a class contains a member that will be serialized as an XML element, you can apply the XmlElementAttribute attribute to the member. 属性を適用するときに、実際の要素名を使用して XML などの詳細を指定できます、ElementNameプロパティ。When applying the attribute, you can specify details such as the actual XML element name using the ElementName property. すべての属性の完全な一覧を参照してください、XmlSerializerクラスの概要。For a complete list of all the attributes, see the XmlSerializer class overview.