XmlSerializationFixupCallback XmlSerializationFixupCallback XmlSerializationFixupCallback XmlSerializationFixupCallback Delegate

定義

SOAP でエンコードされた XML データを逆シリアル化するために XmlSerializer クラスが使用するデリゲート。Delegate used by the XmlSerializer class for deserialization of SOAP-encoded XML data.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public delegate void XmlSerializationFixupCallback(System::Object ^ fixup);
public delegate void XmlSerializationFixupCallback(object fixup);
type XmlSerializationFixupCallback = delegate of obj -> unit
Public Delegate Sub XmlSerializationFixupCallback(fixup As Object)

パラメーター

fixup
Object Object Object Object

元の状態に戻すオブジェクト、および入力する項目の文字列識別子の配列を含む XmlSerializationReader.Fixup クラスのインスタンス。An instance of the XmlSerializationReader.Fixup class that contains the object to be fixed and the array of string identifiers for the items to fill in.

継承
XmlSerializationFixupCallbackXmlSerializationFixupCallbackXmlSerializationFixupCallbackXmlSerializationFixupCallback

注釈

Xml ドキュメントを .NET Framework オブジェクトに逆シリアル化するときに、.NET Framework xml シリアル化インフラストラクチャは、デリゲートをXmlSerializationFixupCallback実装する修正メソッドを動的にインスタンス化します。While deserializing XML documents into .NET Framework objects, the .NET Framework XML serialization infrastructure dynamically instantiates fix-up methods that implement the XmlSerializationFixupCallback delegate. インフラストラクチャは、データ型が .NET Framework 参照型に対応付けられている SOAP エンコード済み配列に対してこれを行います。The infrastructure does so for SOAP-encoded arrays whose data types map to .NET Framework reference types. 次に、必要に応じて、配列内のオブジェクトにデータを格納するための修正メソッドが呼び出されます。Then, as necessary, a fix-up method is called to fill in the objects in the array.

また、初期化中に、.NET Framework XML シリアル化インフラストラクチャは、 XmlSerializationReaderクラスから派生した逆シリアル化の一時クラスを動的に生成してコンパイルします。In addition, during initialization, the .NET Framework XML serialization infrastructure dynamically generates and compiles a temporary class for deserialization derived from the XmlSerializationReader class. このプロセスの間に、インフラストラクチャXmlSerializationFixupCallbackは、SOAP でエンコードされた、複数の参照を持つ XML データのメソッドを生成します。During this process, the infrastructure generates XmlSerializationFixupCallback methods for SOAP-encoded, multi-referenced XML data. その後、逆シリアル化中にメソッドが呼び出されます。The methods are then invoked during deserialization.

XmlSerializationFixupCallbackクラスのインスタンスを直接作成しないでください。Do not directly create an instance of the XmlSerializationFixupCallback class.

Soap エンコードについては、「SOAP 1.1 仕様」のセクション5で説明されています。SOAP encoding is described in Section 5 of the SOAP 1.1 specification.

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate) GetMethodInfo(Delegate) GetMethodInfo(Delegate) GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。Gets an object that represents the method represented by the specified delegate.

適用対象

こちらもご覧ください