XmlSerializationReader.Fixup クラス

定義

XmlSerializationFixupCallback デリゲート インスタンスとメソッドの入力を保持します。また、メソッドのパラメーターとして機能します。Holds an XmlSerializationFixupCallback delegate instance, plus the method's inputs; also serves as the parameter for the method.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

protected: ref class XmlSerializationReader::Fixup
protected class XmlSerializationReader.Fixup
Protected Class XmlSerializationReader.Fixup
継承
XmlSerializationReader.Fixup

注釈

XML ドキュメントを .NET Framework オブジェクトに逆シリアル化するときに、.NET Framework XML シリアル化インフラストラクチャは XmlSerializationFixupCallback デリゲートを実装する修正メソッドを動的にインスタンス化します。さらに、XmlSerializationReader.Fixup クラスオブジェクトをインスタンス化して、修正メソッドを入力と共に格納します。While deserializing XML documents into .NET Framework objects, the .NET Framework XML serialization infrastructure dynamically instantiates fix-up methods that implement the XmlSerializationFixupCallback delegate; plus, it instantiates XmlSerializationReader.Fixup class objects to store the fix-up methods along with their inputs. インフラストラクチャは、データ型が .NET Framework 参照型に対応付けられている SOAP エンコード済み配列に対してこれを行います。The infrastructure does so for SOAP-encoded arrays whose data types map to .NET Framework reference types. 次に、必要に応じて、配列内のオブジェクトにデータを格納するための修正メソッドが呼び出されます。Then, as necessary, a fix-up method is called to fill in the objects in the array.

また、初期化中に、.NET Framework の XML シリアル化インフラストラクチャは、XmlSerializationReader クラスから派生した逆シリアル化のための一時クラスを動的に生成してコンパイルします。In addition, during initialization, the .NET Framework XML serialization infrastructure dynamically generates and compiles a temporary class for deserialization derived from the XmlSerializationReader class. このプロセスの間に、インフラストラクチャによって XmlSerializationFixupCallback プロパティに加えて、SOAP でエンコードされたマルチ参照 XML データのクラスオブジェクト XmlSerializationReader.Fixup が生成されます。During this process, the infrastructure generates XmlSerializationFixupCallback properties plus XmlSerializationReader.Fixup class objects for SOAP-encoded, multireferenced XML data. その後、逆シリアル化中にメソッドが呼び出されます。The methods are then invoked during deserialization.

XmlSerializationFixupCallback または XmlSerializationReader.Fixup クラスのインスタンスを直接作成しないでください。Do not directly create an instance of the XmlSerializationFixupCallback or XmlSerializationReader.Fixup class.

Soap エンコードについては、「SOAP 1.1 仕様」のセクション5で説明されています。SOAP encoding is described in Section 5 of the SOAP 1.1 specification.

コンストラクター

XmlSerializationReader.Fixup(Object, XmlSerializationFixupCallback, Int32)

XmlSerializationReader.Fixup クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlSerializationReader.Fixup class.

XmlSerializationReader.Fixup(Object, XmlSerializationFixupCallback, String[])

XmlSerializationReader.Fixup クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlSerializationReader.Fixup class.

プロパティ

Callback

XmlSerializationFixupCallback デリゲートのインスタンスを作成するコールバック メソッドを取得します。Gets the callback method that creates an instance of the XmlSerializationFixupCallback delegate.

Ids

コールバック実装によって値が設定される Source プロパティに属するオブジェクトのキーの配列を取得または設定します。Gets or sets an array of keys for the objects that belong to the Source property whose values get filled in by the callback implementation.

Source

コールバック実装によって値が設定される他のオブジェクトを含むオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the object that contains other objects whose values get filled in by the callback implementation.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください