XmlMapping クラス

定義

.NET Framework 型と XML スキーマ データ型間の対応付けをサポートします。Supports mappings between .NET Framework types and XML Schema data types.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class XmlMapping abstract
public abstract class XmlMapping
type XmlMapping = class
Public MustInherit Class XmlMapping
継承
XmlMapping
派生

注釈

XmlMapping は、XmlTypeMapping クラスと XmlMembersMapping クラスの基本クラスです。XmlMapping is the base class for the XmlTypeMapping and XmlMembersMapping classes. 組み込みの XML スキーマデータ型と、SOAP エンコード (SOAP 1.1 仕様のセクション 5) がサポートされています。It supports built-in and custom XML schema data types, plus SOAP encoding (Section 5 of the SOAP 1.1 specification). XmlMappingから直接クラスを派生させるのではなく、XmlTypeMapping または XmlMemberMapping クラスを使用します。Use the XmlTypeMapping or XmlMemberMapping class instead of deriving a class directly from XmlMapping.

プロパティ

ElementName

マップされる要素の名前を取得します。Gets the name of the mapped element.

Namespace

マップされる要素の名前空間を取得します。Gets the namespace of the mapped element.

XsdElementName

マッピングの XSD 要素の名前を取得します。Gets the name of the XSD element of the mapping.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SetKey(String)

マッピングの検索に使用するキーを設定します。Sets the key used to look up the mapping.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください