XmlAttribute クラス

定義

1 つの属性を表します。 属性の有効値と既定値は、ドキュメント型定義 (DTD) またはスキーマの中で定義されます。

public ref class XmlAttribute : System::Xml::XmlNode
public class XmlAttribute : System.Xml.XmlNode
type XmlAttribute = class
    inherit XmlNode
Public Class XmlAttribute
Inherits XmlNode
継承
XmlAttribute

注釈

属性は、要素に関連付けることができます。 プロパティを使用して、 OwnerElement XmlElement 属性が属するを取得します。

XmlElementクラスには、属性ノード (、、など) へのアクセスを可能にするいくつかのメソッドがあり XmlElement.GetAttribute XmlElement.SetAttribute XmlElement.RemoveAttribute ます。 また、プロパティを呼び出すこともできます XmlElement.Attributes 。これに XmlAttributeCollection より、コレクションから名前またはインデックスを使用して属性にアクセスできるようになります。

コンストラクター

XmlAttribute(String, String, String, XmlDocument)

XmlAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Attributes

このノードの属性を格納している XmlAttributeCollection を取得します。

(継承元 XmlNode)
BaseURI

ノードのベース URI (Uniform Resource Identifier) を取得します。

ChildNodes

ノードのすべての子ノードを取得します。

(継承元 XmlNode)
FirstChild

ノードの最初の子を取得します。

(継承元 XmlNode)
HasChildNodes

このノードに子ノードがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 XmlNode)
InnerText

ノードとすべての子の連結された値を設定します。

InnerXml

属性の値を設定します。

IsReadOnly

ノードが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

(継承元 XmlNode)
Item[String, String]

指定した LocalName および NamespaceURI の最初の子要素を取得します。

(継承元 XmlNode)
Item[String]

指定した Name の最初の子要素を取得します。

(継承元 XmlNode)
LastChild

ノードの最後の子を取得します。

(継承元 XmlNode)
LocalName

ノードのローカル名を取得します。

Name

ノードの限定名を取得します。

NamespaceURI

このノードの名前空間 URI を取得します。

NextSibling

このノードの直後のノードを取得します。

(継承元 XmlNode)
NodeType

現在のノードの種類を取得します。

OuterXml

このノードとそのすべての子ノードを格納しているマークアップを取得します。

(継承元 XmlNode)
OwnerDocument

このノードが属する XmlDocument を取得します。

OwnerElement

属性が属する XmlElement を取得します。

ParentNode

このノードの親を取得します。 XmlAttribute ノードの場合、このプロパティは常に null を返します。

Prefix

このノードの名前空間プリフィックスを取得または設定します。

PreviousSibling

このノードの直前のノードを取得します。

(継承元 XmlNode)
PreviousText

このノードの直前にあるテキスト ノードを取得します。

(継承元 XmlNode)
SchemaInfo

スキーマ検証の結果、このノードに割り当てられているスキーマ検証後の infoset を取得します。

SchemaInfo

スキーマ検証の結果、このノードに割り当てられているスキーマ検証後の infoset を取得します。

(継承元 XmlNode)
Specified

属性値が明示的に設定されたかどうかを示す値を取得します。

Value

ノードの値を取得または設定します。

メソッド

AppendChild(XmlNode)

このノードの子ノードのリストの末尾に、指定したノードを追加します。

AppendChild(XmlNode)

このノードの子ノードのリストの末尾に、指定したノードを追加します。

(継承元 XmlNode)
Clone()

このノードの複製を作成します。

(継承元 XmlNode)
CloneNode(Boolean)

このノードの複製を作成します。

CreateNavigator()

このオブジェクト内を移動するための XPathNavigator を作成します。

(継承元 XmlNode)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetEnumerator()

現在のノード内の子ノードを反復処理する列挙子を取得します。

(継承元 XmlNode)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetNamespaceOfPrefix(String)

現在のノードのスコープ内にある指定したプレフィックスに対する最も近い xmlns 宣言を検索し、宣言内の名前空間 URI を返します。

(継承元 XmlNode)
GetPrefixOfNamespace(String)

現在のノードのスコープ内にある指定した名前空間 URI に対する最も近い xmlns 宣言を検索し、宣言で定義されているプレフィックスを返します。

(継承元 XmlNode)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InsertAfter(XmlNode, XmlNode)

指定したノードを指定した参照ノードの直後に挿入します。

InsertAfter(XmlNode, XmlNode)

指定したノードを指定した参照ノードの直後に挿入します。

(継承元 XmlNode)
InsertBefore(XmlNode, XmlNode)

指定したノードを指定した参照ノードの直前に挿入します。

InsertBefore(XmlNode, XmlNode)

指定したノードを指定した参照ノードの直前に挿入します。

(継承元 XmlNode)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Normalize()

この XmlNode の一番下のサブツリーまで含め、すべての XmlText ノードをマークアップ (タグ、コメント、処理命令、CDATA セクション、およびエンティティ参照) だけが XmlText ノードを区分する "通常の" 書式にします。したがって、隣接する XmlText ノードはありません。

(継承元 XmlNode)
PrependChild(XmlNode)

このノードの子ノードのリストの先頭に、指定したノードを追加します。

PrependChild(XmlNode)

このノードの子ノードのリストの先頭に、指定したノードを追加します。

(継承元 XmlNode)
RemoveAll()

現在のノードのすべての子ノードと属性の両方、またはそのいずれかを削除します。

(継承元 XmlNode)
RemoveChild(XmlNode)

指定した子ノードを削除します。

RemoveChild(XmlNode)

指定した子ノードを削除します。

(継承元 XmlNode)
ReplaceChild(XmlNode, XmlNode)

指定した子ノードを、新たに指定された子ノードで置き換えます。

ReplaceChild(XmlNode, XmlNode)

子ノード oldChildnewChild ノードに置き換えます。

(継承元 XmlNode)
SelectNodes(String)

XPath 式と一致するノードのリストを選択します。

(継承元 XmlNode)
SelectNodes(String, XmlNamespaceManager)

XPath 式と一致するノードのリストを選択します。 XPath 式で見つかったプリフィックスは、指定した XmlNamespaceManager を使用して解決されます。

(継承元 XmlNode)
SelectSingleNode(String)

XPath 式と一致する最初の XmlNode を選択します。

(継承元 XmlNode)
SelectSingleNode(String, XmlNamespaceManager)

XPath 式と一致する最初の XmlNode を選択します。 XPath 式で見つかったプリフィックスは、指定した XmlNamespaceManager を使用して解決されます。

(継承元 XmlNode)
Supports(String, String)

DOM 実装が特定の機能を実装するかどうかをテストします。

(継承元 XmlNode)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
WriteContentTo(XmlWriter)

指定した XmlWriter にノードのすべての子を保存します。

WriteTo(XmlWriter)

指定した XmlWriter にノードを保存します。

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()

このメンバーの詳細については、「Clone()」をご覧ください。

(継承元 XmlNode)
IEnumerable.GetEnumerator()

このメンバーの詳細については、「GetEnumerator()」をご覧ください。

(継承元 XmlNode)

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

CreateNavigator(XmlNode)

指定されたノード内を移動するための XPath ナビゲーターを作成します。

SelectNodes(XmlNode, String)

指定した XPath 式と一致するノードのリストを選択します。

SelectNodes(XmlNode, String, XmlNamespaceManager)

指定した XPath 式と一致するノードのリストを選択します。 XPath 式で見つかったプリフィックスは、指定した名前空間マネージャーを使用して解決されます。

SelectSingleNode(XmlNode, String)

XPath 式と一致する最初のノードを選択します。

SelectSingleNode(XmlNode, String, XmlNamespaceManager)

XPath 式と一致する最初のノードを選択します。 XPath 式で見つかったプリフィックスは、指定した名前空間マネージャーを使用して解決されます。

ToXPathNavigable(XmlNode)

ナビゲーターを生成するために使用する IXPathNavigable インスタンスを作成します。

適用対象

こちらもご覧ください