XmlBinaryReaderSession クラス

定義

最適化された文字列を動的な方法で管理できるようにします。Enables optimized strings to be managed in a dynamic way.

public ref class XmlBinaryReaderSession : System::Xml::IXmlDictionary
public class XmlBinaryReaderSession : System.Xml.IXmlDictionary
type XmlBinaryReaderSession = class
    interface IXmlDictionary
Public Class XmlBinaryReaderSession
Implements IXmlDictionary
継承
XmlBinaryReaderSession
実装

注釈

セッション オブジェクト (このクラスと XmlBinaryWriterSession クラス) を使用すると、対話全体において文字列を自動的にアトム化できます。Session objects (this class together with XmlBinaryWriterSession) enable dynamic string atomization that can span an entire conversation. これらのセッション オブジェクトは、XmlDictionaryString インスタンスの動的ディクショナリを管理します。These session objects manage dynamic dictionaries of XmlDictionaryString instances. 動的ディクショナリの詳細については、「XmlDictionary」を参照してください。For more information about dynamic dictionaries see XmlDictionary.

非同期処理のため、同期的に到着するメッセージを、送信順序とは異なる順序で処理できます。Due to asynchronous processing, it is possible for messages that arrive synchronously to be processed in a different order than they order in which they were sent. メッセージにまたがる文字列アトミック化は、メッセージが元の順序で処理されていることを確認するか、アトミック化された文字列を別のメカニズムを使用して伝える必要があります。String atomization that spans messages must ensure the messages are processed in the original order, or the atomized strings must be conveyed using a different mechanism.

セッション オブジェクトを使用するには、オブジェクトを作成し、バイナリ XML リーダーまたはライターのコンストラクターまたは初期化子に渡します。To use them you create a session object and pass it to the constructor or initializer for a binary XML reader or writer.

ダイナミック ディクショナリを再利用するには、同じセッション オブジェクトを後続のすべてのリーダーまたはライター (またはその両方) に渡します。To reuse a dynamic dictionary simply pass the same session object to all subsequent readers and/or writers.

コンストラクター

XmlBinaryReaderSession()

XmlBinaryReaderSession クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlBinaryReaderSession class.

メソッド

Add(Int32, String)

入力パラメーターから XmlDictionaryString を作成し、それを内部コレクションに追加します。Creates an XmlDictionaryString from the input parameters and adds it to an internal collection.

Clear()

すべてのコンテンツの内部コレクションを消去します。Clears the internal collection of all contents.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TryLookup(Int32, XmlDictionaryString)

キーの一致するエントリが内部コレクションに含まれるかどうかを確認します。Checks whether the internal collection contains an entry matching a key.

TryLookup(String, XmlDictionaryString)

値の一致するエントリが内部コレクションに含まれるかどうかを確認します。Checks whether the internal collection contains an entry matching a value.

TryLookup(XmlDictionaryString, XmlDictionaryString)

値の一致するエントリが内部コレクションに含まれるかどうかを確認します。Checks whether the internal collection contains an entry matching a value.

適用対象