XslTransform.XmlResolver プロパティ

定義

注意事項

You should pass XmlResolver to Transform() method

XmlResolver メソッドの呼び出し時に外部リソースの解決に使用する Transform を設定します。Sets the XmlResolver used to resolve external resources when the Transform method is called.

public:
 property System::Xml::XmlResolver ^ XmlResolver {  void set(System::Xml::XmlResolver ^ value); };
public System.Xml.XmlResolver? XmlResolver { set; }
public System.Xml.XmlResolver XmlResolver { set; }
[System.Obsolete("You should pass XmlResolver to Transform() method")]
public System.Xml.XmlResolver XmlResolver { set; }
member this.XmlResolver : System.Xml.XmlResolver
[<System.Obsolete("You should pass XmlResolver to Transform() method")>]
member this.XmlResolver : System.Xml.XmlResolver
Public Property XmlResolver As XmlResolver

プロパティ値

XmlResolver

変換中に使用する XmlResolverThe XmlResolver to use during transformation. に設定すると null 、XSLT ドキュメント () 関数は解決されません。If set to null, the XSLT document() function is not resolved.

属性

注釈

注意

XslTransformクラスは .NET Framework バージョン2.0 では廃止されています。The XslTransform class is obsolete in the .NET Framework version 2.0. クラスは、 XslCompiledTransform 新しい XSLT プロセッサです。The XslCompiledTransform class is the new XSLT processor. 詳細については、「 XslCompiledTransform クラスの使用 」および「 XslTransform クラスからの移行」を参照してください。For more information, see Using the XslCompiledTransform Class and Migrating From the XslTransform Class.

.NET Framework のバージョン1.1 では、アプリケーションの信頼レベルによって既定の動作が決定されます。In version 1.1 of the .NET Framework, the trust level of the application determines the default behavior:

Fully trusted code:XmlUrlResolverユーザー資格情報を持たない既定値は、関数の解決に使用され document() ます。Fully trusted code: A default XmlUrlResolver with no user credentials is used to resolve the document() function. 外部リソースにアクセスするために認証が必要な場合は、このプロパティを使用し XmlResolver て、必要な資格情報を持つを指定します。If authentication is required to access the external resource, use this property to specify an XmlResolver with the necessary credentials.

Semi-trusted code: プロパティがに設定されてい null ます。これは、関数が解決されないことを意味し document() ます。Semi-trusted code: The property is set to null, which means the document() function is not resolved. を指定するには完全な信頼が必要であるため XmlResolver 、このプロパティも設定できません。Because full trust is required to specify an XmlResolver, this property also cannot be set.

このリゾルバーは、XSLT 関数が呼び出されたときに使用され document() ます。This resolver is used when the XSLT document() function is invoked. このメソッドは、 xsl:import xsl:include スタイルシートで参照されるおよび要素の解決には使用されません。It is not used to resolve xsl:import and xsl:include elements referenced in the style sheet. XmlResolverスタイルシートで参照されるおよび要素の解決に使用するを指定するには、を xsl:import xsl:include Load XmlResolver 引数の1つとして受け取るオーバーロードを使用します。To specify an XmlResolver to use to resolve xsl:import and xsl:include elements referenced in the style sheet, use the Load overload, which takes an XmlResolver as one of its arguments.

注意

このプロパティは、バージョン1.1 の .NET Framework では廃止されています。This property is obsolete in version 1.1 of the .NET Framework. XmlResolverメソッドを使用してを指定する Transform ことをお勧めします。Specifying an XmlResolver using the Transform method is the recommended practice. この場合、 XmlResolver メソッドの完了後にはキャッシュされません TransformIn this case, the XmlResolver is not cached after the Transform method completes.

適用対象

こちらもご覧ください