Element クラス

定義

すべての Xamarin.Forms 階層要素に対する基底クラスを提供します。 このクラスには、Xamarin.Forms 階層の要素を表すために必要なすべてのメソッドとプロパティが含まれます。

public abstract class Element : Xamarin.Forms.BindableObject, Xamarin.Forms.IElementController, Xamarin.Forms.Internals.INameScope
type Element = class
    inherit BindableObject
    interface INameScope
    interface IElementController
継承
派生
実装

注釈

次の表は、ビジュアル要素の重要なカテゴリを示しています。

クラス説明
VisualElement 画面の領域を占有する Element。ビジュアル表示され、タッチ入力を取得できます。
Cell セルは ListView または TableView に追加される要素です。
Page VisualElement画面の大部分または全部を占有し、1つの子を含む。
Layout Layout型の単一の子を持ち View ますが、のサブクラスには、 Layout<T> 他のレイアウトを含む複数の子ビューのコレクションがあります。
コントロールと特殊な View s 図の下部には、やなど、汎用的に使用可能なコントロールのための Xamarin クラスが示されています。 Button TableView

コンストラクター

Element()

要素を初期化するために使用される、保護されたコンストラクター。

フィールド

AutomationIdProperty

AutomationId フィールドのバッキング ストア。

ClassIdProperty

バインド可能な ClassId プロパティを識別します。

MenuProperty

添付されているメニュー プロパティのバッキング ストア。

プロパティ

AutomationId

自動化フレームワークがこの要素を見つけ、対話することを可能にする値を取得または設定します。

BindingContext

バインドされたプロパティのうち、この BindableObject に属するプロパティの対象となるプロパティが含まれるオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 BindableObject)
ClassId

意味的に同類の要素の集合を識別するために使用される値を取得または設定します。

Dispatcher (継承元 BindableObject)
EffectControlProvider

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

Effects

この項目に適用される効果の一覧。

Id

アプリケーションの実行により要素を一意に識別するために使用できる値を取得します。

LogicalChildren

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

Parent

要素の親要素を取得または設定します。

ParentView
互換性のために残されています。

この要素の最も近い祖先 (すなわち VisualElement) である要素を取得します。

Platform
RealParent

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

StyleId

要素を一意に識別するユーザー定義の値を取得または設定します。

メソッド

ApplyBindings()

BindingContext にバインディングを適用します。

(継承元 BindableObject)
ClearValue(BindableProperty)

propertySetValue によって設定された値を消去します。

(継承元 BindableObject)
ClearValue(BindablePropertyKey)

propertyKey によって識別されるプロパティの SetValue によって設定される値を消去します。

(継承元 BindableObject)
CoerceValue(BindableProperty) (継承元 BindableObject)
CoerceValue(BindablePropertyKey) (継承元 BindableObject)
Descendants()

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

EffectIsAttached(String)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

FindByName(String)

指定した名前を持つ要素を返します。

GetMenu(BindableObject)

bindableMenu オブジェクトを取得します。

GetValue(BindableProperty)

BindableProperty に含まれる値を返します。

(継承元 BindableObject)
GetValues(BindableProperty, BindableProperty)
互換性のために残されています。

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
GetValues(BindableProperty, BindableProperty, BindableProperty)
互換性のために残されています。

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
IsSet(BindableProperty)

ターゲット プロパティが存在し、設定されている場合、true を返します。

(継承元 BindableObject)
OnBindingContextChanged()

要素のバインディング コンテキストが変更されるたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnChildAdded(Element)

ChildAdded イベントを生成する必要があるたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnChildRemoved(Element)
互換性のために残されています。

ChildRemoved イベントを生成する必要があるたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnChildRemoved(Element, Int32)
OnParentSet()

要素の親が設定されるたびに呼び出されます。 要素が親に追加されたときの動作を追加する目的でこのメソッドを実装します。

OnPropertyChanged(String)

バインドされたプロパティが変更されたときに呼び出されるメソッド。

OnPropertyChanging(String)

子クラスからこのメソッドを呼び出し、プロパティで変更が行われることを通知します。

(継承元 BindableObject)
RemoveBinding(BindableProperty)

以前に設定されたバインディングを削除します。

(継承元 BindableObject)
RemoveDynamicResource(BindableProperty)

以前に設定された動的リソースを削除します

SetBinding(BindableProperty, BindingBase)

プロパティにバインディングを割り当てます。

(継承元 BindableObject)
SetDynamicResource(BindableProperty, String)

キーを指定した DynamicResource を介して更新するこの要素の BindableProperty プロパティを設定します。

SetMenu(BindableObject, Menu)

bindable のメニューを設定します。

SetValue(BindableProperty, Object)

指定したプロパティの値を設定します。

(継承元 BindableObject)
SetValue(BindablePropertyKey, Object)

propertyKey の値を設定します。

(継承元 BindableObject)
SetValueCore(BindableProperty, Object, SetValueFlags)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
SetValueFromRenderer(BindableProperty, Object)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

SetValueFromRenderer(BindablePropertyKey, Object)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

UnapplyBindings()

以前に設定されたバインディングをすべて解除します。

(継承元 BindableObject)

イベント

BindingContextChanged

BindingContext プロパティが変更されるたびに発生します。

(継承元 BindableObject)
ChildAdded

子要素が要素に追加されるたびに発生します。

ChildRemoved

子要素が要素から削除されるたびに発生します。

DescendantAdded

子要素が要素サブツリーに追加されるたびに発生します。

DescendantRemoved

子要素が要素サブツリーから削除されるたびに発生します。

PlatformSet
PropertyChanged

プロパティが変更されたときに発生します。

(継承元 BindableObject)
PropertyChanging

プロパティが変更されようとしているときに発生します。

(継承元 BindableObject)

明示的なインターフェイスの実装

IDynamicResourceHandler.SetDynamicResource(BindableProperty, String)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
IElementController.SetValueFromRenderer(BindableProperty, Object)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

INameScope.RegisterName(String, Object)

内部使用のみ。

拡張メソッド

GetPropertyIfSet<T>(BindableObject, BindableProperty, T)
SetAppThemeColor(BindableObject, BindableProperty, Color, Color)
SetBinding(BindableObject, BindableProperty, String, BindingMode, IValueConverter, String)

プロパティにバインドを作成し、適用します。

SetBinding<TSource>(BindableObject, BindableProperty, Expression<Func<TSource,Object>>, BindingMode, IValueConverter, String)
互換性のために残されています。

式からバインドを作成し適用します。

SetOnAppTheme<T>(BindableObject, BindableProperty, T, T)
FindByName<T>(Element, String)

element を含むスコープに name という名前を持つ型 T のインスタンスを返します。

適用対象