<サービス ><service>

service 要素には Windows Communication Foundation (WCF) サービスの設定が含まれます。The service element contains the settings for a Windows Communication Foundation (WCF) service. また、サービスを公開するエンドポイントも含まれます。It also contains endpoints that expose the service.

<configuration> <configuration>
   <System.servicemodel >   <system.serviceModel>
     <サービス >     <services>
       <サービス >      <service>

構文Syntax

<service behaviorConfiguration="String"
         name="String">
</service>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
behaviorConfigurationbehaviorConfiguration サービスのインスタンス化に使用される動作の動作名を含む文字列。A string that contains the behavior name of the behavior to be used to instantiate the service. 動作名は、サービスが定義される時点でスコープ内にある必要があります。The behavior name must be in scope at the point the service is defined. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string.
namename インスタンス化するサービスの型を指定する必須の文字列属性。Required String attribute that specifies the type of the service to be instantiated. この設定は有効な型と同じでなければなりません。This setting must equate to a valid type. 形式は、Namespace.Class. です。The format should be Namespace.Class.

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<endpoint><endpoint> このサービスを公開する endpoint 要素のコレクション。A collection of endpoint elements that expose this service.
<ホスト ><host> このサービス インスタンスのホストを指定します。Specifies the host of this service instance. この要素は HostElement 型です。This element is of type HostElement.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<services><services> すべての WCF 構成要素のルート要素です。The root element of all WCF configuration elements.

RemarksRemarks

サービスは、設定ファイルの services セクションで定義されます。Services are defined in the services section of the configuration file. アセンブリには、任意の数のサービスを含めることができます。An assembly can contain any number of services. 各サービスには、独自の service 設定セクションがあります。Each service has its own service configuration section. このセクションとその内容は、サービス コントラクト、動作、および特定のサービスのエンドポイントを定義します。This section and its content define the service contract, behavior, and endpoints of the particular service.

behaviorConfiguration 要素も省略可能です。The behaviorConfiguration element is also optional. サービスが使用する動作を識別します。It identifies the behavior the service uses. この属性で指定された動作は、同じ設定ファイルの範囲にある動作にリンクしている必要があります。The behavior specified in this attribute must link to a behavior in scope in the same configuration file.

各サービスでは、固有のアドレスとバインディングを持つ 1 つまたは複数のエンドポイントが公開されます。Each service exposes one or more endpoints, which has its own address and binding. 構成ファイル内で使用されるすべてのバインディングは、そのファイルのスコープ内で定義される必要があります。All bindings used within the configuration file must be defined in the scope of the file. バインディングは、name 属性と bindingConfiguration 属性の組み合わせによってエンドポイントにリンクされます。Binding are linked to endpoints through the combination of the attributes name and bindingConfiguration. name 属性は、バインディングが定義されているセクションを示します。The name attribute describes the section the binding is defined in. bindingConfiguration 属性は、バインディング セクション内の使用される構成を定義します。The bindingConfiguration attribute defines which configuration within the binding section is used. バインディング セクションでは、複数の設定を定義できます。A binding section can define several configurations.

Example

これはサービスの構成の例です。This is an example of a service configuration.

<service behaviorConfiguration="testChannelBehavior"
         name="HelloWorld">
  <endpoint address="/HelloWorld2/"
            name="test"
            bindingNamespace="http://www.cohowinery.com/"
            binding="basicHttpBinding"
            contract="IHelloWorld" />
</service>

関連項目See also