<system.serviceModel><system.serviceModel>

この構成セクションには、すべての Windows Communication Foundation (WCF) ServiceModel 構成要素が含まれています。This configuration section contains all the Windows Communication Foundation (WCF) ServiceModel configuration elements.

構文Syntax

<system.serviceModel>
  <behaviors>
  </behaviors>
  <bindings>
  </bindings>
  <client>
  </client>
  <comContracts>
  </comContracts>
  <commonBehaviors>
  </commonBehaviors>
  <diagnostics>
  </diagnostics>
  <extensions>
  </extensions>
  <protocolMapping>
  </protocolMapping>
  <routing>
  </routing>
  <serviceHostingEnvironment>
  </serviceHostingEnvironment>
  <services>
  </services>
  <standardEndpoints>
  </standardEndpoints>
  <tracking>
  </tracking>
</system.serviceModel>

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なしNone

子要素Child Elements

要素Element 説明Description
<behaviors><behaviors> このセクションは、endpointBehaviorsserviceBehaviors という 2 つの子コレクションを定義します。This section defines two child collections named endpointBehaviors and serviceBehaviors. 各コレクションは、エンドポイントとサービスによって使用されるそれぞれの動作要素を定義します。Each collection defines behavior elements consumed by endpoints and services respectively. 各動作要素は、その一意の name 属性で識別されます。Each behavior element is identified by its unique name attribute.
<bindings><bindings> このセクションには、標準バインディングおよびカスタム バインドのコレクションが保持されます。This section holds a collection of standard and custom bindings. 各エントリは、その一意の name により識別されます。Each entry is identified by its unique name. サービスは、name を使用してバインディングをリンクすることにより、バインディングを使用します。Services use bindings by linking them using the name.
<クライアント ><client> このセクションは、クライアントがサービスの接続に使用するエンドポイントの一覧を含みます。This section contains a list of endpoints a client uses to connect to a service.
<comContracts><comContracts> このセクションは、WCF と COM 相互運用が有効な COM コントラクトを定義します。This section defines COM contracts enabled for WCF and COM interop.
<commonBehaviors><commonBehaviors> このセクションは、machine.config ファイルでだけ定義できます。This section can only be defined in the machine.config file. このセクションは、endpointBehaviorsserviceBehaviors という 2 つの子コレクションを定義します。It defines two child collections named endpointBehaviors and serviceBehaviors. 各コレクションは、コンピューター上のすべての WCF エンドポイントとサービスによって使用される動作要素を定義します。Each collection defines behavior elements consumed by all WCF endpoints and services on the machine respectively. 動作がセクションと<commonBehaviors> <behaviors>セクションの両方で定義されている場合<は、[動作 >] セクションの動作が優先されます。If a behavior is defined in both <commonBehaviors> and <behaviors> sections, the behavior in the <behaviors> section is given preference.
<診断 ><diagnostics> このセクションには、WCF の診断機能の設定が含まれます。This section contains settings for the diagnostics features of WCF. ユーザーはトレース、パフォーマンス カウンター、および WMI プロバイダーを有効または無効にしたり、カスタム メッセージ フィルターを追加したりできます。The user can enable/disable tracing, performance counters, and the WMI provider, and can add custom message filters.
<extensions><extensions> このセクションには、拡張のコレクションが含まれています。これにより、ユーザー定義のバインディング、動作、およびその他の拡張機能を作成できるようになります。This section contains a collection of extensions, which enable the user to create user-defined bindings, behaviors, and other aspects of extensions.
<protocolMapping ><protocolMapping> このセクションでは、トランスポートプロトコルスキーム (http、net.tcp、net.pipe など) と WCF バインドとの一連の既定のプロトコルマッピングを定義します。This section defines a set of default protocol mapping between transport protocol schemes (e.g., http, net.tcp, net.pipe, etc.) and WCF bindings.
<ルーティング ><routing> このセクションでは、受信メッセージを評価するときに使用される Windows Communication Foundation (WCFMessageFilter ) の種類を決定するルーティングフィルターのセットと、次のような場合にメッセージを送信するターゲットエンドポイントを定義するルーティングテーブルを定義します。フィルターが一致します。This section defines a set of routing filters, which determine the type of Windows Communication Foundation (WCF)MessageFilter to be used when evaluating incoming messages, as well as routing tables that define the target endpoints to send messages to when a filter matches.
<serviceHostingEnvironment ><serviceHostingEnvironment> このセクションは、環境をホストするサービスがインスタンス化する特定のトランスポートの型を定義します。This section defines what type the service hosting environment instantiates for a particular transport. このセクションが空の場合は、既定の型が使用されます。If this section is empty, the default type is used.
<services><services> このセクションには、サービスのコレクションが含まれています。The section contains a collection of services. アセンブリで定義された各サービスの場合、この要素は、サービスの設定を指定する service 要素を含みます。For each service defined in the assembly, this element contains a service element specifying settings for the service.
<standardEndpoints><standardEndpoints> このセクションは、再使用可能な構成済みのエンドポイントである標準エンドポイントのコレクションを定義します。This section defines a collection of standard endpoints, which are reusable preconfigured endpoints. 標準エンドポイントは、固定値に設定されたアドレス、バインディング、およびコントラクトの 1 つ以上の属性を持ちます。A standard endpoint will have one or more of the address, binding and contract attributes set to a fixed value. たとえば、探索エンドポイントでは、コントラクトが固定されています。For example, in the discovery endpoint the contract is fixed. 標準エンドポイントを使用して、カスタム バインドの定義と同様に新しいプロパティを指定して、サービス エンドポイントを拡張することもできます。You can also use standard endpoints to extend service endpoint with new properties similar to defining custom bindings.
<tracking><tracking> このセクションでは、ワークフローサービスの追跡設定を定義します。This section defines tracking settings for a workflow service.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<configuration><configuration> .NET 構成ファイルのすべての構成要素のルート要素。The root element for all configuration elements in a .NET configuration file.

RemarksRemarks

WCF では、他の製品の構成セクションに要素を追加しません。WCF does not add elements to the configuration sections of other products.

WCF サービスは、構成ファイルservicesのセクションで定義されています。WCF services are defined in the services section of the configuration file. アセンブリには、任意の数のサービスを含めることができます。An assembly can contain any number of services. 各サービスには、独自の service 設定セクションがあります。Each service has its own service configuration section. セクションとその内容は、サービス コントラクト、動作、および特定のサービスのエンドポイントを定義します。The section and its content define the service contract, behavior, and endpoints of the particular service.

サービスの name 属性だけが必須項目です。Only a service's name attribute is required. 既定では、サービスの名前は、サービスの実装に使用される、基になる CLR 型を示します。ただし、ServiceContractAttribute の ConfigurationName プロパティを変更して、CLR 型要件をオーバーライドすることもできます。By default, a service's name describes the underlying CLR type used to implement a service; however, you may change the ConfigurationName property on a ServiceContractAttribute to override the CLR type requirement.

behaviorConfiguration 属性は省略できます。The behaviorConfiguration attribute is optional. サービスが使用するサービス動作を識別します。It identifies the service behavior used by a service. この属性で指定された動作は、同じ構成ファイルの範囲内に定義されたサービス動作にリンクしている必要があります。The behavior specified by this attribute must link to a service behavior defined in the scope of the same configuration file (i.e. the same file or a parent file).

各サービスでは、endpoint 要素で定義された 1 つまたは複数のエンドポイントが公開されます。Each service exposes one or more endpoints defined in an endpoint element. 各エンドポイントには、独自のアドレスおよびバインディングがあります。Each endpoint has its own address and binding. 構成ファイル内で使用されるすべてのバインディングは、そのファイルのスコープ内で定義される必要があります。All bindings used within the configuration file must be defined in the scope of the file.

バインディングは、name 属性と bindingConfiguration 属性の組み合わせによってエンドポイントにリンクされます。Bindings are linked to endpoints through the combination of the attributes name and bindingConfiguration. binding 属性は、バインディングが定義されているセクションで定義します。The binding attribute defines in which section the binding is defined. bindingConfiguration 属性は、バインディング セクション内で使用される構成済みバインディングを定義します。The bindingConfiguration attribute defines which configured binding within the binding section is used. バインディング セクションでは、複数の構成済みバインディングを定義できます。A binding section can define several configured bindings.

Example

これは、WCF 構成ファイルの例です。This is an example of a WCF configuration file.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
  <system.serviceModel>
    <behaviors>
      <!-- List of Behaviors -->
    </behaviors>
    <client>
      <!-- List of Endpoints -->
    </client>
    <diagnostics wmiProviderEnabled="false"
                 performanceCountersEnabled="false"
                 tracingEnabled="false">
    </diagnostics>
    <serviceHostingEnvironment>
      <!-- List of entries -->
    </serviceHostingEnvironment>
    <comContracts>
      <!-- List of COM+ Contracts -->
    </comContracts>
    <services>
      <!-- List of Services -->
    </services>
    <bindings>
      <!-- List of Bindings -->
    </bindings>
  </system.serviceModel>
</configuration>

関連項目See also