方法: ネットワークのトレースを構成するHow to: Configure Network Tracing

アプリケーションまたはコンピューターの構成ファイルには、ネットワークのトレースの形式と内容を決定する設定が保持されます。The application or computer configuration file holds the settings that determine the format and content of network traces. この手順に従う前に、トレースが有効になっていることを確認します。Before performing this procedure, be sure tracing is enabled. トレースの有効化については、「ネットワークのトレースの有効化」を参照してください。For information about enabling tracing, see Enabling Network Tracing.

コンピューター構成ファイルの machine.config は、Windows をインストールしたディレクトリの %Windir%\Microsoft.NET\Framework フォルダーに格納されます。The computer configuration file, machine.config, is stored in the %Windir%\Microsoft.NET\Framework folder in the directory where Windows was installed. コンピューターにインストールされた .NET Framework のバージョンごとに、%Windir%\Microsoft.NET\Framework の下のフォルダーに別々の machine.config ファイルがあります (例: C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\machine.config または C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Config\machine.config)。There is a separate machine.config file in the folders under %Windir%\Microsoft.NET\Framework for each version of the .NET Framework installed on the computer (for example, C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\machine.config or C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Config\machine.config.).

これらの設定は、コンピューター構成ファイルよりも優先されるアプリケーション構成ファイルでも行うことができます。These settings can also be made in the configuration file for the application, which has precedence over the computer configuration file.

ネットワークのトレースを構成するにはTo configure network tracing

  • 適切な構成ファイルに次の行を追加します。Add the following lines to the appropriate configuration file. これらの設定の値とオプションを次の表に示します。The values and options for these settings are described in the tables below.

    <configuration>  
      <system.diagnostics>  
        <sources>  
          <source name="System.Net" tracemode="includehex" maxdatasize="1024">  
            <listeners>  
              <add name="System.Net"/>  
            </listeners>  
          </source>  
          <source name="System.Net.Cache">  
            <listeners>  
              <add name="System.Net"/>  
            </listeners>  
          </source>  
          <source name="System.Net.Http">  
            <listeners>  
              <add name="System.Net"/>  
            </listeners>  
          </source>  
          <source name="System.Net.Sockets">  
            <listeners>  
              <add name="System.Net"/>  
            </listeners>  
          </source>  
          <source name="System.Net.WebSockets">  
            <listeners>  
              <add name="System.Net"/>  
            </listeners>  
          </source>  
        </sources>  
        <switches>  
          <add name="System.Net" value="Verbose"/>  
          <add name="System.Net.Cache" value="Verbose"/>  
          <add name="System.Net.Http" value="Verbose"/>  
          <add name="System.Net.Sockets" value="Verbose"/>  
          <add name="System.Net.WebSockets" value="Verbose"/>  
        </switches>  
        <sharedListeners>  
          <add name="System.Net"  
            type="System.Diagnostics.TextWriterTraceListener"  
            initializeData="network.log"
            traceOutputOptions="ProcessId, DateTime" 
          />  
        </sharedListeners>  
        <trace autoflush="true"/>  
      </system.diagnostics>  
    </configuration>  
    

<switches> ブロックに名前を追加すると、トレース出力にその名前に関連する一部のメソッドからの情報が含まれます。When you add a name to the <switches> block, the trace output includes information from some methods related to the name. 次の表に出力を示します。The following table describes the output.

nameName 出力元Output from
System.Net.Sockets SocketTcpListenerTcpClient、および Dns クラスの一部のパブリック メソッド。Some public methods of the Socket, TcpListener, TcpClient, and Dns classes
System.Net HttpWebRequestHttpWebResponseFtpWebRequest、および FtpWebResponse クラスの一部のパブリック メソッド、および SSL デバッグ情報 (無効な証明書、不足している発行元一覧、およびクライアント証明書エラー)。Some public methods of the HttpWebRequest, HttpWebResponse, FtpWebRequest, and FtpWebResponse classes, and SSL debug information (invalid certificates, missing issuers list, and client certificate errors.)
System.Net.HttpListener HttpListenerHttpListenerRequest、および HttpListenerResponse クラスの一部のパブリック メソッド。Some public methods of the HttpListener, HttpListenerRequest, and HttpListenerResponse classes.
System.Net.Cache System.Net.Cache 内の一部のプライベート メソッドと内部メソッド。Some private and internal methods in System.Net.Cache.
System.Net.Http HttpClientDelegatingHandlerHttpClientHandlerHttpMessageHandlerMessageProcessingHandler、および WebRequestHandler クラスの一部のパブリック メソッド。Some public methods of the HttpClient, DelegatingHandler, HttpClientHandler, HttpMessageHandler, MessageProcessingHandler, and WebRequestHandler classes.
System.Net.WebSockets.WebSocket ClientWebSocket および WebSocket クラスの一部のパブリック メソッド。Some public methods of the ClientWebSocket and WebSocket classes.

次の表に示した属性で、トレース出力の書式を設定します。The attributes listed in the following table configure trace output.

属性名Attribute name 属性値Attribute value
Value 必須の String 属性です。Required String attribute. 出力の詳細度を設定します。Sets the verbosity of the output. 有効な値は、CriticalErrorVerboseWarning、および Information です。Legitimate values are Critical, Error, Verbose, Warning, and Information.

この属性は、この例に示すように、<switches> 要素の <add name> 要素で設定する必要があります。This attribute must be set on the <add name> element of the <switches> element as shown in the example. この属性を <source> 要素で設定すると、例外がスローされます。An exception is thrown if this attribute is set on the <source> element.
maxdatasize 省略可能な Int32 属性です。Optional Int32 attribute. 各行トレースに含まれるネットワーク データの最大バイト数を設定します。Sets the maximum number of bytes of network data included in each line trace. 既定値は 1024 です。The default value is 1024.

この属性は、この例に示すように、<source> 要素で設定する必要があります。This attribute must be set on the <source> element as shown in the example. この属性を <switches> 要素の下の要素で設定すると、例外がスローされます。An exception is thrown if this attribute is set on an element under the <switches> element.
Tracemode 省略可能な String 属性です。Optional String attribute. プロトコル トレースを 16 進数およびテキストの形式で表示するには、includehex に設定します。Set to includehex to show protocol traces in hexadecimal and text format. テキストのみを表示するには、protocolonly に設定します。Set to protocolonly to show only text. 既定値は includehex です。The default value is includehex.

この属性は、この例に示すように、<switches> 要素で設定する必要があります。This attribute must be set on the <switches> element as shown in the example. この属性を <source> 要素の下の要素で設定すると、例外がスローされます。An exception is thrown if this attribute is set on an element under the <source> element.

関連項目See also