ICLRTaskManager インターフェイスICLRTaskManager Interface

ホストが、共通言語ランタイム (CLR) が新しいタスクを作成し、現在実行中のタスクを取得し、タスクの地理的言語とカルチャを設定することを明示的に要求するメソッドを提供します。Provides methods that allow the host to request explicitly that the common language runtime (CLR) create a new task, get the currently executing task, and set the geographic language and culture for the task.

メソッドMethods

メソッドMethod 説明Description
CreateTask メソッドCreateTask Method CLR が新しい ICLRTask インスタンスを作成することを明示的に要求します。Requests explicitly that the CLR create a new ICLRTask instance.
GetCurrentTask メソッドGetCurrentTask Method ICLRTask現在実行中のタスクを表すインスタンスを取得します。Gets the ICLRTask instance that represents the task that is currently executing.
GetCurrentTaskType メソッドGetCurrentTaskType Method 現在実行中のタスクの種類を取得します。Gets the type of the task that is currently executing.
SetLocale メソッドSetLocale Method 現在実行中のタスクのロケール識別子がホストによって変更されたことを CLR に通知します。Notifies the CLR that the host has modified the locale identifier on the currently executing task.
SetUILocale メソッドSetUILocale Method 現在実行中のタスクのユーザーインターフェイスのロケール識別子がホストによって変更されたことを、共通言語ランタイムに通知します。Notifies the common language runtime that the host has modified the user interface locale identifier on the currently executing task.

注釈Remarks

ホスト環境で実行されている各タスクは、ホスト側 ( IHostTaskのインスタンス) と CLR 側 ( ICLRTaskのインスタンス) の両方で表現されます。Each task that is running in a hosted environment has representations both on the host side (an instance of IHostTask) and on the CLR side (an instance of ICLRTask). ホストまたは CLR がタスクの作成を開始することはできますが、ホストと CLR の間でタスクに関して正常に通信できるように、ホスト側表現を対応する CLR 側表現に関連付ける必要があります。Either the host or the CLR can initiate the creation of a task, but the host-side representation must be associated with a corresponding CLR-side representation to ensure successful communication between the host and the CLR regarding the task. マネージコードをオペレーティングシステムのスレッドで実行するには、2つのオブジェクトを作成してインスタンス化する必要があります。The two objects must be created and instantiated before managed code can execute on an operating system thread.

要件Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: Mscoree.dllHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: MSCorEE.dll にリソースとして含まれていますLibrary: Included as a resource in MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン:2.0 以降で使用可能Available since 2.0.NET Framework Versions: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0

関連項目See also