Mac 用 Visual Studio での F# の概要します。Get started with F# in Visual Studio for Mac

F# および Visual F# ツールは、for Mac IDE、Visual Studio でサポートされます。F# and the Visual F# tooling are supported in the Visual Studio for Mac IDE. いるVisual Studio for Mac がインストールされているします。Ensure that you have Visual Studio for Mac installed.

コンソール アプリケーションを作成します。Creating a console application

Visual Studio for Mac で最も基本的なプロジェクトの 1 つは、コンソール アプリケーションです。One of the most basic projects in Visual Studio for Mac is the Console Application. これを行う方法を次に示します。Here's how to do it. Visual Studio for Mac が起動したら。Once Visual Studio for Mac is open:

  1. ファイルメニューで、新しいソリューションします。On the File menu, point to New Solution.

  2. 新しいプロジェクト ダイアログ ボックスで、コンソール アプリケーションの 2 つの異なるテンプレートがあります。In the New Project dialog, there are 2 different templates for Console Application. その他の 1 つである .NET、.NET Framework を対象にする-> です。There is one under Other -> .NET which targets the .NET Framework. 他のテンプレートは、.NET Core では .NET Core を対象とするアプリ]-> [です。The other template is under .NET Core -> App which targets .NET Core. この記事では、テンプレートのいずれかが動作する必要があります。Either template should work for the purpose of this article.

  3. コンソール アプリを変更 (C#) F# に必要な場合。Under console app, change C# to F# if needed. 選択、前方に移動するボタン。Choose the Next button to move forward!

  4. プロジェクトの名前を入力し、アプリで必要なオプションを選択します。Give your project a name, and choose the options you want for the app. 選択したオプションに基づいて作成されるディレクトリ構造を表示する画面の端にあるプレビュー ウィンドウの通知。Notice, the preview pane to the side of the screen that will show the directory structure that will be created based on the options selected.

  5. [作成] をクリックします。Click Create. ソリューション エクスプ ローラーで F# プロジェクトが表示されます。You should now see an F# project in the Solution Explorer.

コードの記述Writing your code

最初にいくつかのコードを記述することで開始しましょう。Let's get started by writing some code first. 必ず、Program.fsファイルを開くとを次の内容を置き換えます。Make sure that the Program.fs file is open, and then replace its contents with the following:

module HelloSquare

let square x = x * x

[<EntryPoint>]
let main argv =
    printfn "%d squared is: %d!" 12 (square 12)
    0 // Return an integer exit code

上記のコード サンプルは、関数でsquareという名前の入力を受け取るが定義されているx単独で乗算します。In the previous code sample, a function square has been defined which takes an input named x and multiplies it by itself. F#使用型の推定の型xを指定する必要はありません。Because F# uses Type Inference, the type of x doesn't need to be specified. F#コンパイラを選択し、乗算が有効な場合は、型を認識する型が割り当てられますx方法に基づいてsquareが呼び出されます。The F# compiler understands the types where multiplication is valid, and will assign a type to x based on how square is called. ポインターを合わせる場合square次を参照する必要があります。If you hover over square, you should see the following:

val square: x:int -> int

これは、関数の型のシグネチャと呼ばれるものです。This is what is known as the function's type signature. 次のように読み取ることができます。"正方形をという名前の整数を受け取る関数は、x と整数が生成されます"。It can be read like this: "Square is a function which takes an integer named x and produces an integer". コンパイラが付けた注squareint型今のところ、これは、乗算の間でジェネリックがないためにはすべて型の場合ではなくジェネリック型の間では、します。Note that the compiler gave square the int type for now - this is because multiplication is not generic across all types, but rather is generic across a closed set of types. 選択、F# コンパイラintこのポイントが調整されます型シグネチャを呼び出す場合square入力の種類などを変える、floatします。The F# compiler picked int at this point, but it will adjust the type signature if you call square with a different input type, such as a float.

別の関数mainが定義されているで装飾するが、 EntryPoint F# コンパイラにそのプログラムの実行を指示する属性を開始する必要がありますがあります。Another function, main, is defined, which is decorated with the EntryPoint attribute to tell the F# compiler that program execution should start there. その他の場合と同じ規則に従ってC スタイルのプログラミング言語コマンドライン引数は、この関数に渡すことができます、整数コードが返されます (通常0)。It follows the same convention as other C-style programming languages, where command-line arguments can be passed to this function, and an integer code is returned (typically 0).

このために呼び出される関数では、square関数の引数を持つ12します。It is in this function that we call the square function with an argument of 12. F#コンパイラの型が割り当てられますsquareするint -> int(を受け取る関数は、intを生成し、 int)。The F# compiler then assigns the type of square to be int -> int (that is, a function which takes an int and produces an int). 呼び出しprintfnを C スタイル プログラミング言語で、書式指定文字列で指定されている対応するパラメーターのような形式の文字列を使用して書式設定された印刷機能は、結果と、新しい行を出力します。The call to printfn is a formatted printing function which uses a format string, similar to C-style programming languages, parameters which correspond to those specified in the format string, and then prints the result and a new line.

コードの実行Running your code

コードを実行し をクリックして結果を表示することができます実行トップ レベル メニューからしデバッグなしで開始します。You can run the code and see results by clicking on Run from the top level menu and then Start Without Debugging. これは、デバッグを行わず、プログラムを実行し、結果を確認することができます。This will run the program without debugging and allows you to see the results.

次の Visual Studio for Mac のポップアップをコンソール ウィンドウに出力が表示されます。You should now see the following printed to the console window that Visual Studio for Mac popped up:

12 squared is 144!

おめでとうございます!Congratulations! Mac 用の Visual Studio で初めての F# プロジェクトを作成、F# の関数は、この関数の呼び出しの結果を印刷を記述してプロジェクトを実行し、いくつかの結果を参照してください。You've created your first F# project in Visual Studio for Mac, written an F# function printed the results of calling that function, and run the project to see some results.

使用してF#対話型Using F# Interactive

F# 対話型ウィンドウは、最適な機能では、Visual F# の Visual Studio for Mac ツールの 1 つ。One of the best features of the Visual F# tooling in Visual Studio for Mac is the F# Interactive Window. 経由で、そのコードを呼び出すし、対話形式で結果を参照してください、プロセスにコードを送信することができます。It allows you to send code over to a process where you can call that code and see the result interactively.

これを使用するには、強調表示、squareコードで定義された関数。To begin using it, highlight the square function defined in your code. 次に、をクリックして編集トップ レベル メニューから。Next, click on Edit from the top level menu. 次に選択選択範囲を F# Interactive に送信します。Next select Send selection to F# Interactive. これには、F# 対話型ウィンドウで、コードが実行されます。This executes the code in the F# Interactive Window. または、選択範囲を右クリックし、選択選択範囲を F# Interactive に送信します。Alternatively, you can right click on the selection and choose Send selection to F# Interactive. 表示する必要があります、F#対話型ウィンドウは次のように表示されます。You should see the F# Interactive Window appear with the following in it:

>

val square : x:int -> int

>

同じ関数のシグネチャが表示されます、square関数で、関数の上にカーソルを配置するときに表示します。This shows the same function signature for the square function, which you saw earlier when you hovered over the function. squareが F# Interactive プロセスで定義されている、ここではさまざまな値を呼び出すことができます。Because square is now defined in the F# Interactive process, you can call it with different values:

> square 12;;
val it : int = 144
>square 13;;
val it : int = 169

関数を実行します。 これには、新しい名前に、結果をバインドit、種類と値の表示とitします。This executes the function, binds the result to a new name it, and displays the type and value of it. 各行を終了する必要がありますに注意してください。;;します。Note that you must terminate each line with ;;. これは、どのように F# Interactive を知っている、関数呼び出しが完了するとします。This is how F# Interactive knows when your function call is finished. 新しい関数を定義することもできますF#Interactive:。You can also define new functions in F# Interactive:

> let isOdd x = x % 2 <> 0;;

val isOdd : x:int -> bool

> isOdd 12;;
val it : bool = false

上の定義を新しい関数の場合、 isOdd、受け取り、intと奇数かどうかを確認します。The above defines a new function, isOdd, which takes an int and checks to see if it's odd! 異なる入力で返される内容を表示するには、この関数を呼び出すことができます。You can call this function to see what it returns with different inputs. 関数呼び出し内の関数を呼び出すことができます。You can call functions within function calls:

> isOdd (square 15);;
val it : bool = true

使用することも、 - 前方パイプ演算子に 2 つの関数に値を渡すパイプラインします。You can also use the pipe-forward operator to pipeline the value into the two functions:

> 15 |> square |> isOdd;;
val it : bool = true

以降のチュートリアルでは、順方向のパイプ演算子などがについて説明します。The pipe-forward operator, and more, are covered in later tutorials.

ここでは、F# Interactive で何ができるかを大まかに取り上げているだけです。This is only a glimpse into what you can do with F# Interactive. 詳細については、F# を使用した対話型プログラミング を参照してください。To learn more, check out Interactive Programming with F#.

次の手順Next steps

まだインストールしていない場合はチェック アウト、 F# のツアー、F# 言語のコア機能の一部が含まれています。If you haven't already, check out the Tour of F#, which covers some of the core features of the F# language. 一部の F# の機能の概要が表示され Visual Studio for Mac にコピーして実行できる十分なコード サンプルを提供します。It will give you an overview of some of the capabilities of F#, and provide ample code samples that you can copy into Visual Studio for Mac and run. 使用できますが、いくつかの優れた外部リソースがあるの紹介、 F# ガイドします。There are also some great external resources you can use, showcased in the F# Guide.

関連項目See also