文字列型 (String) (Visual Basic)String Data Type (Visual Basic)

0 ~ 65535 の範囲の値を範囲とする符号なし16ビット (2 バイト) コードポイントのシーケンスを保持します。Holds sequences of unsigned 16-bit (2-byte) code points that range in value from 0 through 65535. コードポイント(文字コード) は、1つの Unicode 文字を表します。Each code point, or character code, represents a single Unicode character. 文字列には、0 ~ 約 20億 (2 ^ 31) の Unicode 文字を含めることができます。A string can contain from 0 to approximately two billion (2 ^ 31) Unicode characters.

コメントRemarks

@No__t 0 のデータ型を使用して、Char 要素の配列である Char() の配列管理オーバーヘッドを発生させずに、複数の文字を保持します。Use the String data type to hold multiple characters without the array management overhead of Char(), an array of Char elements.

@No__t-0 の既定値は Nothing (null 参照) です。The default value of String is Nothing (a null reference). これは空の文字列 (値 "") と同じではないことに注意してください。Note that this is not the same as the empty string (value "").

Unicode 文字Unicode Characters

Unicode の最初の128コードポイント (0 ~ 127) は、標準の U.S. キーボードの文字と記号に対応しています。The first 128 code points (0–127) of Unicode correspond to the letters and symbols on a standard U.S. keyboard. これらの最初の128コードポイントは、ASCII 文字セットで定義されているものと同じです。These first 128 code points are the same as those the ASCII character set defines. 2番目の128コードポイント (128 ~ 255) は、ラテン語に基づくアルファベット文字、アクセント、通貨記号、分数などの特殊文字を表します。The second 128 code points (128–255) represent special characters, such as Latin-based alphabet letters, accents, currency symbols, and fractions. Unicode では、さまざまなシンボルについて、残りのコードポイント (256-65535) を使用します。Unicode uses the remaining code points (256-65535) for a wide variety of symbols. これには、世界中のテキスト文字、分音記号、数学、およびテクニカルシンボルが含まれます。This includes worldwide textual characters, diacritics, and mathematical and technical symbols.

@No__t-2 変数の個々の文字に IsDigitIsPunctuation などのメソッドを使用して、Unicode 分類を決定することができます。You can use methods such as IsDigit and IsPunctuation on an individual character in a String variable to determine its Unicode classification.

書式の要件Format Requirements

@No__t-0 リテラルは引用符で囲む必要があります (" ")。You must enclose a String literal within quotation marks (" "). 文字列内のいずれかの文字として引用符を含める必要がある場合は、2つの連続する引用符 ("") を使用します。If you must include a quotation mark as one of the characters in the string, you use two contiguous quotation marks (""). 次に例を示します。The following example illustrates this.

Dim j As String = "Joe said ""Hello"" to me."  
Dim h As String = "Hello"  
' The following messages all display the same thing:  
' "Joe said "Hello" to me."  
MsgBox(j)  
MsgBox("Joe said " & """" & h & """" & " to me.")  
MsgBox("Joe said """ & h & """ to me.")  

文字列内の引用符を表す連続した引用符は、@no__t 0 リテラルを開始および終了する引用符とは関係がないことに注意してください。Note that the contiguous quotation marks that represent a quotation mark in the string are independent of the quotation marks that begin and end the String literal.

文字列操作String Manipulations

@No__t 0 の変数に文字列を割り当てると、その文字列は不変になります。つまり、長さや内容を変更することはできません。Once you assign a string to a String variable, that string is immutable, which means you cannot change its length or contents. 文字列を任意の方法で変更すると、Visual Basic によって新しい文字列が作成され、前の文字列が破棄されます。When you alter a string in any way, Visual Basic creates a new string and abandons the previous one. @No__t 0 の変数は、新しい文字列を指します。The String variable then points to the new string.

@No__t 0 変数の内容を操作するには、さまざまな文字列関数を使用します。You can manipulate the contents of a String variable by using a variety of string functions. 次の例は、Left 関数を示しています。The following example illustrates the Left function

Dim S As String = "Database"  
' The following statement sets S to a new string containing "Data".  
S = Microsoft.VisualBasic.Left(S, 4)  

別のコンポーネントによって作成された文字列は、先頭または末尾にスペースが埋め込まれている可能性があります。A string created by another component might be padded with leading or trailing spaces. このような文字列を受け取った場合は、TrimLTrimRTrim の各関数を使用して、これらのスペースを削除できます。If you receive such a string, you can use the Trim, LTrim, and RTrim functions to remove these spaces.

文字列操作の詳細については、「文字列」を参照してください。For more information about string manipulations, see Strings.

プログラミングのヒントProgramming Tips

  • 負の数値。Negative Numbers. @No__t-0 によって保持されている文字は符号なしであり、負の値を表すことはできないことに注意してください。Remember that the characters held by String are unsigned and cannot represent negative values. どのような場合でも、String を使用して数値を保持することはできません。In any case, you should not use String to hold numeric values.

  • 相互運用に関する考慮事項。Interop Considerations. .NET Framework 用に作成されていないコンポーネント (たとえば、オートメーションや COM オブジェクト) とやり取りする場合は、他の環境で文字列文字のデータ幅が異なる (8 ビット) ことに注意してください。If you are interfacing with components not written for the .NET Framework, for example Automation or COM objects, remember that string characters have a different data width (8 bits) in other environments. 8ビット文字の文字列引数をこのようなコンポーネントに渡す場合は、新しい Visual Basic コードで String ではなく、Byte 要素の配列 @no__t 0 として宣言します。If you are passing a string argument of 8-bit characters to such a component, declare it as Byte(), an array of Byte elements, instead of String in your new Visual Basic code.

  • 文字を入力します。Type Characters. 識別子の型文字 $ を任意の識別子に追加すると、強制的に String のデータ型になります。Appending the identifier type character $ to any identifier forces it to the String data type. String にはリテラルの型文字がありません。String has no literal type character. ただし、コンパイラは、引用符で囲まれたリテラル (" ") を String として扱います。However, the compiler treats literals enclosed in quotation marks (" ") as String.

  • フレームワークの種類。Framework Type. .NET Framework 内の対応する型は、@no__t 0 のクラスです。The corresponding type in the .NET Framework is the System.String class.

関連項目See also