Surface Duo Android エミュレーターをダウンロードしてインストールする

Surface Duo エミュレーター イメージ (Android Emulator で使うもの) を使うと、Surface Duo と Surface Duo 2 の両方で、異なる画面サイズのアプリを開発してテストできます。

Surface Duo 開発環境の設定

Surface Duo SDK をインストールする前に、Android の開発環境を設定し、最新の状態にしておく必要があります。 Android Studio がまだインストールされていない場合は、developer.android.com から最新バージョンとコマンド ライン ツールをダウンロードします。 Google の Android Emulator を含める必要があります。これは、Android Studio の [Tools] メニューにある SDK マネージャーを使用してインストールします。 新規インストールの場合、この操作は既定のオプションにより自動的に実行されます。

Surface Duo エミュレーターの前提条件

  • Surface Duo エミュレーターのすべての機能を利用するには、Android Emulator 30.9.5 以降をインストールしてください。

  • SDK マネージャーを使用して、必要なすべての開発ツール (Android SDK Build-Tools、Android SDK Platform-Tools、Android Emulator) を確実に最新の状態にします。

    SDK Manager

環境変数の更新

Android SDK のインストール先を既定から変更した場合、Android SDK ツールの設定に基づいて環境変数を更新する必要があります。特に Android Studio を使っている場合は、ANDROID_ SDK_ROOT を更新する必要があります。

ハードウェアの高速化

Surface Duo エミュレーターでは、ハードウェア仮想化を利用できます。 Android Studio ドキュメントのエミュレーターの高速化に関するページに記述されているガイドラインに従ってシステムを構成してください。

Microsoft Visual Studio および Xamarin

Ubuntu または Debian

  • インストールの前提条件を完了します。
  • KVM ソフトウェア パッケージが必要です。 「Linux で VM アクセラレーションを設定する」の手順を完了して、KVM をインストールします。
    • KVM をインストールした後、現在の (ログインしている) ユーザーが KVM グループに確実に追加されているようにします。

      $ groups
      <current user> sudo plugdev kvm libvirt
      
    • 現在のユーザーが KVM グループに含まれていない場合は、次のコマンドを実行して追加します。

      sudo usermod -a -G kvm <current user>
      
    • コンピューターを再起動します。

Apple Mac

既定の設定で Android Studio のインストール手順に従うだけで、設定は完了します。 Android Studio が既にインストールされている場合は、必ず更新プログラムを実行してください。

Surface Duo エミュレーター イメージをダウンロードしてインストールする

Microsoft ダウンロード センターから Surface Duo エミュレーター イメージをダウンロードします。 ファイルの名前は SurfaceDuoEmulator_[Android API]_[version]_[platform] です。 Android 10 と Android 11 の Surface Duo エミュレーターがあります。 Android 11 Surface Duo エミュレーターのみ、Surface Duo と Surface Duo 2 両方で異なる画面サイズに対応しています。 API レベルとプラットフォームの組み合わせは、要件に合うものを選んでください。

Emulator download

Microsoft ダウンロード センターで Surface Duo SDK をダウンロードします。

ファイルをダウンロードしたら、このページに戻ります。

SDK とエミュレーターのインストールと実行

重要

エミュレーター上の旧バージョン (2022 年 3 月以前) の既存のディレクトリに新しい AVD バージョン (2022 年 3 月以降) をインストールしたり、Android 11 エミュレーターを Android 10 バージョンに上書きするなど、異なる Android バージョン間で上書きしたりしないようにしてください。

ヒント

run.batrun.sh のスクリプトは、直接実行しないでください。 これらは、他のデバイス固有のスクリプトから間接的に呼び出されます。 代わりに、run_SurfaceDuo/run_SurfaceDuo2.bat および run_SurfaceDuo/run_SurfaceDuo2.sh を使用してください。

  1. SurfaceDuoEmulator_[version]_windows.exe インストーラーを起動し、セットアップ ウィザードに従って、エミュレーターをインストールします。
  2. SDK の設定が完了すると、デスクトップとスタート メニューに 2 つの新しいアプリ アイコンが表示されます。 このアプリ アイコンまたはスタート メニューのリンクから、Surface Duo Emulator または Surface Duo 2 Emulator を起動できます。
  3. Android SDK のインストール先を既定から変更した場合は、環境変数の更新または Android SDK へのポインターの更新を忘れないようにしてください。

ポインターを Android SDK に更新する

重要

Android SDK のインストール場所を変更していない場合、または環境変数を更新した場合は、「Surface Duo エミュレーターの使用を開始する」に進みます。

Android Studio SDK を既定以外の場所にインストールした場合は、関連する環境変数を更新するか、正しいインストール場所を指定するように実行スクリプトを更新する必要があります。 そうしないと、ショートカットをクリックまたはスクリプトを実行したときに、エミュレーターが実行されません。

  1. Surface Duo エミュレーターのインストール場所を見つけます。 既定の場所は %USERPROFILE%\SurfaceDuoEmulator です。 デスクトップでアプリのアイコンを右クリックすると Open file location ができます。

  2. ファイル run.bat をテキスト エディターで開きます。

  3. DEFAULT_ANDROID_SDK_LOCATION_WIN または、スクリプト ファイル内で Visual Studio を使っている場合は DEFAULT_ANDROID_SDK_LOCATION_WIN_VS について、次のパス値が Android SDK のインストール場所と一致することを確認します。

    rem ##### ENSURE THE ANDROID SDK LOCATION BELOW IS CORRECT ####### 
    set "DEFAULT_ANDROID_SDK_LOCATION_WIN=%LOCALAPPDATA%\Android\Sdk" 
    set "DEFAULT_ANDROID_SDK_LOCATION_WIN_VS=C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk" 
    

次の手順

Surface Duo エミュレーターの使用を開始する方法について確認してから、お好みの開発ツールを使用してアプリのビルドとテストを開始してください。