Dynamics 365: 2020 年リリース サイクル 1 の計画

2020 年リリース サイクル 1 の PDF のダウンロード (2020 年 9 月 18 日最終更新)

2020 年リリース サイクル 1 の Dynamics 365 リリース計画 (旧称リリース ノート) では、 2020 年 4 月 から 2020 年 9 月 にかけてリリースされるすべての新機能について説明します。 このリリース計画は、オンラインで参照することも、PDF ファイルのドキュメントとしてダウンロードすることもできます。 PDF ファイルには、Power Apps、Power Automate、Power Virtual Agents、Power Platform ガバナンスおよび管理と、Common Data Model およびデータ統合に関する情報も含まれています。

2020 年リリース サイクル 1 に含まれる Microsoft Power Platform の機能は、別のリリース計画とダウンロード可能な PDF にまとめられています。

2020 年リリース サイクル 1 の概要

Dynamics 365 の 2020 年リリース サイクル 1 では、ビジネスを変革するための重要な機能を提供する新しい革新が導入されます。 このリリースには、中小企業向けに設計されている包括的なビジネス管理ソリューションである、Marketing、Sales、Customer Service、Field Service、Finance、Supply Chain Management、Human Resources、Commerce、Business Central などの Dynamics 365 アプリケーション全体で、何百もの新機能が含まれています。

Marketing

  • Dynamics 365 Marketing は、企業が Microsoft の資産を活用しながら、豊富な個人用設定と自動化で顧客エンゲージメントを管理するのに役立つマーケティング ソリューションです。

Sales

  • Dynamics 365 Sales の中心は顧客との関係です。 これにより組織は顧客のニーズを理解し、より関連性が高い確実なエンゲージメントを促進して営業効率を改善できます。
  • Dynamics 365 Sales Insights では、Microsoft のクラウドの力が利用され、Dynamics 365 から得られる販売情報、Office 365 でのコミュニケーション、LinkedIn でのリレーションシップ、Microsoft の AI の力が結び付けられて、販売が変革されます。 販売組織は、顧客エンゲージメントを包括的に把握してすばやい対応を提供し、ビジネス戦略を守りながら急速な市場の変化に適応し、特定のビジネス要件とガイドラインに順応します。
  • iOS 向け拡張現実モバイル アプリケーションである Dynamics 365 Product Visualize は、購入者と販売担当者がより早く共通理解を得られるようにすることで、営業プロセスを加速します。

サービス

  • Dynamics 365 Customer Service は顧客サポートのエンド ツー エンド サービスであり、顧客エンゲージメントの複数のチャネルを対象とするセルフ サービスと支援サービスのシナリオが含まれます。 エージェント向けの包括的かつ効率的なサポート案件ルーティングと管理が提供され、ナレッジ マネージメント記事を作成して利用できます。
  • Dynamics 365 Customer Service Insights では、業界最先端の人工知能 (AI) を使用して、重要なパフォーマンス メトリック、運用データ、最新トレンドに関するアクション可能なビューが提供されます。 これらの分析情報により、顧客サービス マネージャーは自信を持って顧客満足度と業務効率を改善するために、より的確な決定を下すことができます。
  • Dynamics 365 Field Service は、オンサイト サービス用のエンドツーエンドのソリューションであり、組織が事後対応型から事前対応型または予測型のフィールド サービスの提供に移行することを可能にし、成果ベースのサービスや "AaaS (anything-as-a-service)" などの新しいビジネス モデルを採用することを支援します。
  • Dynamics 365 Remote Assist は HoloLens で利用できる Mixed Reality ソリューションであり、第一線の作業員が遠隔地にいるスタッフと協力して、より効果的かつ効率的に職務を遂行できます。

Finance and Operations

  • Dynamics 365 Finance は、自動化と予測分析の機能を向上し、深い洞察力に基づく先を見越したマネジメントの道を開きます。
  • Dynamics 365 Supply Chain Management を利用することで、従業員や組織は、より優れた戦略的意思決定をサポートするためにデータを分析情報に変える予測分析により、在庫、倉庫、製造、サービス、ロジスティクスの統合ビューを取得できます。
  • Dynamics 365 Guides は Mixed Reality アプリケーションであり、必要なときに必要な場所でホログラフィックによる指示を提供することで、従業員は作業の流れを学ぶことができます。 Dynamics 365 Guides は、コンテンツ作成者、オペレーター、マネージャー/アナリストという 3 つの主要ペルソナのニーズに対応します。
  • Dynamics 365 Project Operations は、営業から財務まで、チームを越えた成功の推進に必要な可視性、コラボレーション、および分析情報を提供するために操作ワークフローを統合します。

Human Resources

  • Dynamics 365 Human Resources により、人事管理の担当者は、組織および人事管理、報酬、福利厚生、休暇、欠勤、コンプライアンス、給与計算統合、パフォーマンス フィードバック、セルフサービス プログラムなど、複数の領域にわたってデータ駆動型の従業員エクスペリエンスを構築するために必要な従業員の分析情報を得ることができます。

Commerce

  • Dynamics 365 Commerce は実績のある Dynamics 365 Retail の機能を基にして構築されており、バックオフィス、店舗、コール センター、eコマース エクスペリエンスを統合する包括的なオムニチャネル ソリューションを提供し、さまざまなタッチポイントで消費者に楽しいショッピングを提供します。
  • Dynamics 365 Fraud Protection では、* 支払い詐欺防止 _とアカウント作成に焦点を当てています。 eコマース業者は詐欺損失を減らし、銀行の受入率を上げて、より高い収益を生み出し、顧客のオンライン ショッピング エクスペリエンスを向上させることができます。 損失防止 という新しい機能セットは、実店舗での小売店運営で詐欺や悪用への対策を行うのに役立ちます。 これにより、小売業者は減損を減らし、店舗の効率を改善できます。
  • _ Dynamics 365 Connected Store * では、実店舗のパフォーマンス向上のために、観測システム、位置情報システム、その他の基幹業務システムから収集された分析情報が提供されます。

SMB

  • Dynamics 365 Business Central では、中小企業 (SMB) の組織向けに設計および最適化された包括的なビジネス アプリケーション ソリューションが提供されます。

顧客データ プラットフォーム

  • Dynamics 365 Customer Insights では、すべての組織が、トランザクション、観察、行動などのさまざまなデータを統合し、単一の顧客ビューを得て、重要なビジネス プロセスを推進するインテリジェントな分析情報を導き出すことができます。

注意

2020 年 7 月より、Microsoft Forms Pro は Dynamics 365 Customer Voice に名称変更されます。

Dynamics 365 Customer Voice

  • Dynamics 365 Customer Voice は、企業アンケート ソリューションであり、組織内の全員がエンタープライズ グレードのアンケートを開発し、顧客や従業員からタイムリーなフィードバックを収集できます。 ポイント アンド クリックのシンプルさと AI 支援機能によって、ワークフローと組織のビジネス システムに直接統合されるカスタム アンケートを作成、送信、分析するツールをだれもが手にできます。

業界アクセラレータ

2020 年リリース サイクル 1 では、別のセクションとして業界アクセラレータが追加されています。 このサイクルには、次の業界アクセラレータが含まれています。

  • Automotive Accelerator を使用すると、販売代理店や OEM が一般的にカスタマー エクスペリエンスやその他のビジネス プロセスに活用するエンティティや属性に基づいて、ソリューションを迅速に開発できます。 これらのエンティティは、取引、販売契約、仕様、フリート、保証、検査、試運転、ブランディング、ビジネス、顧客と車両の関係、車両と備品、リード、サービスと販売後の管理などを含みます。

  • Education Accelerator には、学生の活動に関するエンティティと、インターンシップ、奨学金、交付金、および成果に関する追加のエンティティが含まれます。

  • Financial Services Accelerator を使用すると、銀行が一般的にカスタマー エクスペリエンスやその他のビジネス プロセスに活用するエンティティや属性に基づいて、ソリューションを迅速に開発できます。 これらのエンティティには、銀行、支店、金融商品、ローン、紹介、制限、要求された設備などが含まれます。

  • Health Accelerator では、ソリューションの構築と、強化された医療コーディネートおよび電子カルテ (EMR) のデータに基づき患者とプロバイダーをセグメント化する機能に焦点を当てたエンティティで、新しいユースケースとワークフローの作成ができます。

  • Nonprofit Accelerator を使用すると、スタッフ管理、資金調達、賞、プログラム提供、影響追跡に非営利団体が一般に活用するエンティティと属性に基づいて、非営利団体向けソリューションを開発できます。

    注意

    2020 年 5 月から、新しい業界アクセラレータが提供されます。

    Manufacturing Accelerator により、サプライヤーをインテリジェントにオンボードして管理するためのソリューションを迅速に開発できるようになりました。

    Media and Communications Accelerator では、インテリジェントなオーディエンスおよびファン エンゲージメントをサポートするさまざまなユース ケースに基づいてソリューションをより簡単に構築できます。

重要

2020 年リリース サイクル 1 に含まれる Microsoft Power Platform の機能は、別のリリース計画にまとめられています。

2020 年リリース サイクル 1 の主要日程

このリリース計画で説明されている機能は、まだリリースされていない場合があります。 提供タイムラインおよび予定されている機能は、変更される可能性、または出荷されない可能性があります ( Microsoft ポリシーを参照)。

以下に、2020 年リリース サイクル 1 の主要な日程を示します。

マイルストーン 日付 説明
リリース計画の公開 2020 年 1 月 27 日 Dynamics 365 および Power Platform 全体の 2020 年リリース サイクル 1 (2020 年 4 月 ~ 2020 年 9 月) で予定されている新機能について説明します。
早期アクセス可能 2020 年 2 月 3 日 2020 年リリース サイクル 1 の 4 月の更新プログラムの一部として紹介される新機能を、ユーザーが自動的に使用できるようになる前にテストして確認できます。 現在、Dynamics 365 の 2020 年リリース サイクル 1 早期アクセス機能を確認できます。
リリース計画が 11 の追加言語で利用可能 2020 年 2 月 12 日 Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画が、デンマーク語オランダ語フィンランド語フランス語ドイツ語イタリア語日本語ノルウェー語ポルトガル語 (ブラジル)スペイン語スウェーデン語で公開されます。
一般提供 2020 年 4 月 1 日 2020 年リリース サイクル 1 の運用環境への展開が開始されます。 地域への展開は 2020 年 5 月 1 日に開始されます。

2019 年リリース サイクル 2 から引き続き、お使いの環境で各機能がどのように有効になるのかを示します。

  • ユーザー、自動的 – これらの機能には、ユーザーに対するユーザー エクスペリエンスへの変更が含まれており、自動的に有効になります。
  • 管理者、作成者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される – これらの機能は、管理者、作成者、またはビジネス アナリストによって使用されることが意図されており、自動的に有効になります。
  • ユーザー、管理者/作成者/アナリストによる有効化 – これらの機能をユーザーが利用するには、管理者、作成者、またはビジネス アナリストによって機能が有効化または構成される必要があります。

いつどの機能が自動的に有効になるかがわかれば、確実に準備できます。

これらの機能強化により、お客様、パートナー、およびユーザーは、それぞれの条件下でデジタル変革を効果的に促進することができます。 Microsoft では、これらの新しいサービスや機能をスムーズに導入していただけるよう積極的に取り組むと共に、2020 年リリース サイクル 1 に関する皆様からのフィードバックをお待ちしています。

ぜひご意見をお寄せください。 フィードバックを Dynamics 365 コミュニティ フォーラムで共有してください。 皆様からのフィードバックは改善に役立てられます。