インテリジェンス

このトピックでは、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition で使用可能なビジネス インテリジェンス (BI) およびレポート ツールの詳細を学ぶためのリソースを紹介します。

使用開始

分析ワークスペース

Finance and Operations は、アプリケーション ワークスペースにシームレスに統合される対話型レポートを備えています。 ワークスペースでは、Microsoft Power BI でサポートされている強力なインフォグラフィックやビジュアルを利用できます。 これらのインフォグラフィックおよびビジュアルの中には、サード パーティが提供しているさまざまなコントロールもあります。 そのため、ワークスペースでは、きわめて視覚的で対話性の高い環境がユーザーに提供されます。

ユーザーはページ上のビジュアルをクリックまたはタッチすることで、データを操作できます。 ワークスペース内だけで、原因と影響を分析したり、簡単な what-if 操作を実行したりできます。 魅力的で対話型のビジュアルにより、ユーザーはデータの調査に没頭し、隠れたトレンドを発見することができます。

ワークスペースにおける Power BI の例

詳細については、次のトピックを参照してください。

ビジネス ドキュメントと印刷

レポート ソリューションは多くの場合、業務トランザクションの詳細を把握し、伝えるために使用されます。 したがって、レポート ソリューションは、ネットワーク プリンターなどの既存のデバイスを使用して業務データを物理的に表現することが求められます。 ビジネス ドキュメントの例には、売上請求書、顧客明細書、小切手などがあります。

ビジネス ドキュメントの例

詳細については、次のトピックを参照してください。

電子申告

電子申告 (ER) は、さまざまな国や地域の法的要件に従って電子ドキュメントの形式を構成できるツールです。 電子申告の対象には、会計監査、税金の申告、電子請求があります。

電子申告の例

詳細については、次のトピックを参照してください。

財務諸表

Finance and Operations では、既定の主勘定カテゴリを使用した標準の財務諸表が提供されます。 レポート デザイナーを使用すると、損益計算書や貸借対照表など、従来型の財務諸表を作成、変更できます。 その後、完成した財務諸表を組織の他のメンバーと共有することができます。 財務諸表の例として、1 年間の貸借対照表、キャッシュ フロー、集計試算表があります。

財務諸表の例

詳細については、次のトピックを参照してください。

技術参照レポート

次のレポートは、Finance and Operations 内のオブジェクトに関する参照情報を提供します。