財務諸表コンポーネント

この記事では、財務諸表でコンポーネント、またはレポート定義の構成要素ブロックを使用する方法について説明します。 これらの構成要素には、行定義、列定義、およびレポート ツリー定義が含まれます。 レポート パーツを組織し、ロックする方法を説明します。

財務レポート デザイナーの背後にある設計思想は、情報を最小のコンポーネントまたは構成要素に分割してから、必要に応じてコンポーネントを組み合わせることです。 したがって、レポート書式の設定は財務データとは別であり、Microsoft Dynamics ERP システムでの財務データを変更することなく、レポートのデザインを変更することができます。 この構成要素法を使用して、テキスト、金額、および計算を組み合わせて必要なレポートを生成することができます。 さらに、様々な方法で行程を表示できるという柔軟性により、創造性が促されます。 レポート定義の個々の構成要素は、3 次元スプレッドシートに似ていますが、より強力なものとなっています。 レポート定義は、レポートに使用する必要のある行定義、列定義、およびオプションのレポート ツリー定義を指定します。 また、生成したレポートの保管場所および形式の設定方法についての情報も備えています。

レポートのレポート パーツ

構成要素 説明 詳細情報
行の定義 行定義は、(たとえば給与または売上など) のレポート上の説明行を定義します。 また、各明細品目の金額を含む区分値または分析コードを一覧化し、行の書式設定および計算を含みます。 行の定義
列の定義 列定義は、財務分析コードからの抽出したデータの使用期間を定義します。 また、列の書式設定と計算も含まれます。 列定義
レポート ツリー定義 レポート ツリー定義は組織図に似ています。 この中には、グラフの各ボックスを表す個々のレポート単位が含まれます。 単位は財務データの個々の部門または他のレポート単位のデータを集計する、より上位レベルの単位のいずれかとすることができます。 レポート ツリー定義
レポート定義 レポート定義は、行定義、列定義、およびオプションのレポート ツリー定義を使用してレポートを構築します。 レポートをカスタマイズするのに使用できる追加オプションおよび設定も提供します。 レポート定義

初めてレポートを作成するのであれば、後でカスタマイズできるレポート定義を簡単に作成するために、レポート ウィザードを使用すると便利です。 レポートを作成した経験があり、より柔軟にレポートを作成したいという場合は、新しい構成要素と既存の構成要素を組み合わせて新しいレポート定義を作成できます。 優れたレポートを作成するために、使用可能なすべてのレポート定義オプションを完全に理解する必要はありません。 レポートの作成に慣れるにしたがい、レポート定義を拡張し、より高度な機能を活用することができます。 基本的なレポートを作成した後、レポート定義およびレポート定義内のあらゆる構成要素をカスタマイズできます。

構成要素の整理

レポート デザイナーでフォルダーを使用して構成要素を整理します。 すべてのフォルダは、格納している構成要素のタイプに固有のものです。 たとえば、行定義を格納しているすべてのフォルダーは、レポート デザイナーの 行定義 ウィンドウにあります。

フォルダの作成

  1. レポート デザイナーで、ナビゲーション ウィンドウ内の整理する構成要素のタイプを選択します。 たとえば、行定義を並べ替える場合は、行定義 をクリックします。

  2. ナビゲーション ウィンドウで新しいフォルダーを作成する既存フォルダーを選択し、次のいずれか 1 つの手順を実行します:

    • 親フォルダーを右クリックし、新しいユーザー をクリックします。
    • 親フォルダーを選択し、ファイル をクリックして、新しいフォルダー をクリックします。
  3. 新しいフォルダーが表示されたら、新しいフォルダーの名前を入力し、[Enter] を押します。

構成要素のロック

パスワードを作成して構成要素をロックおよび保護することができます。 このようにすることで、システム全体に影響を与えることなくレポート コンポーネントのセキュリティ レベルが追加されます。 パスワードは、月末のレポート プロセスにとって重要な構成要素の情報を保護できます。 任意のロール内のユーザーは、構成要素をロックできます。 ただし、他のユーザーには、ロックされているコンポーネントへの読み取り専用アクセスが常にあります。 ユーザーは、新しい名前でロックされたコンポーネントを開き、変更し、および保存できます。 ロールが管理者であるユーザーは、ロックされた構成要素に随時アクセスし変更することができます。

  1. レポート デザイナーで、行定義、列定義、レポート定義、またはレポート ツリー定義などをロックするレポート コンポーネントを開きます。
  2. ツール メニューで、保護/保護の解除 をクリックします。 ツール バーの 保護/保護の解除 (ロック アイコン) をクリックすることもできます。
  3. 保護ダイアログ ボックスで、パスワードを入力して確定し、次に OK をクリックします。 ツール バーのロック アイコンは、未処理の構成要素がロックされている場合、強調表示されます。

ロックされている構成要素のロックを解除するには、構成要素を開き、保護/保護の解除 アイコンをクリックします。 または、ツール メニューで、保護の解除 をクリックします。

構成要素グループ

構成要素とは、レポート用に作成する行定義、列定義、レポート ツリー定義、およびレポート定義です。 ビルディングブロックグループは、定義とディメンションセットの集合です。

レポート パーツ グループの表示

レポート パーツ グループに割り当てられているすべてのレポート パーツを表示することができます。 エクスポートまたはレポート パーツ グループをインポートすることもできます。

  1. レポート デザイナーの 会社 メニューで、レポート パーツ グループ をクリックします。
  2. 構成要素グループ ダイアログ ボックスで、表示する構成要素を選択します。
  3. 表示 をクリックして、構成要素グループの表示 ダイアログ ボックスを開いて構成要素グループの内容を表示できます。
  4. 閉じる をクリックして、ダイアログ ボックスを閉じます。

レポート パーツ グループのエクスポート

レポート パーツ グループまたはレポート パーツ グループの特定のレポート パーツをエクスポートできます。 バックアップとしてエクスポートされたレポート パーツ グループを使用できます。 Finance and Operations のインストールの間でエクスポートしたデータをコピーすることもできます。 レポート デザイナーには、参照されているフォント スタイルおよび構成要素グループとともに分析コード セットが含まれています。

  1. レポート デザイナーの 会社 メニューで、構成要素グループ をクリックします。

  2. レポート パーツ グループ ダイアログ ボックスで、エクスポートするレポート パーツ グループを選択し、エクスポート をクリックします。

  3. エクスポート ダイアログ ボックスで、エクスポートするレポート定義を選択します:

    • すべてのレポート定義および関連する構成要素をエクスポートするには、すべて選択 をクリックします。
    • 特定のレポート、行、列、ツリー、または分析コード セットをエクスポートするには、適切なタブをクリックしてエクスポートする項目を選択します。 タブ内の複数の項目を選択するには、Ctrl キーを押しながら選択します。注記: エクスポートするレポートを選択したとき、関連する行、列、ツリー、分析コードセットが選択されます。
  4. エクスポートする項目の選択が完了したら、エクスポート をクリックします。

  5. 名前を付けて保存 ダイアログ ボックスで、構成要素グループをエクスポートする先の場所を選択します。

  6. ファイル名 フィールドに、ファイル名を入力します。 レポート デザイナーは、.tdbx ファイル名の拡張子を自動的に追加します。

  7. 保存 をクリックします。 構成要素グループは、指定した場所に保存されます。

構成要素グループのインポート

ビルディングブロックグループを既存のビルディングブロックグループにインポートすることができます。 インポートされたすべての構成要素グループは、元のフォントのスタイルや会社の参照を保持し、関連する分析コード セットを含みます。

  1. レポート デザイナーの 会社 メニューで、構成要素グループ をクリックします。

  2. レポート パーツ グループ ダイアログ ボックスで、レポート パーツ グループのインポート先のレポート パーツを選択し、インポート をクリックします。

  3. オープン ダイアログ ボックスで、インポートするレポート パーツ グループを選択し、オープン をクリックします。

  4. インポート ダイアログ ボックスで、インポートするレポート定義を選択します:

    • すべてのレポート定義およびサポートする構成要素をインポートするには、すべて選択 をクリックします。
    • 特定のレポート、行、列、ツリー、または分析コード セットをインポートするには、インポートするレポート、行、列、ツリー、または分析コード セットを選択します。
  5. インポートする項目の選択が完了したら、インポート をクリックします。

構成要素のチェックアウトを元に戻す

構成要素を開いている場合、他のユーザーは読み取り専用モードで構成要素にアクセスできます。 時には、ユーザーは構成要素を閉じ忘れるか、または構成要素を閉じずにシステムを終了する場合があります。 そのため、構成要素がチェックアウトされた状態で、他のユーザーは開くことができません。 このような場合、財務諸表の管理者は チェックアウト項目 ダイアログ ボックスを使用してチェックアウト状態のままになっている構成要素をチェックインすることができます。注記: チェックアウト項目 ダイアログ ボックスからレポート パーツをチェックインするには、管理者ロールが必要です。

  1. レポート デザイナーの ツール メニューで、チェックアウト項目 をクリックします。
  2. チェック アウト済み項目 ダイアログ ボックスで、すべてのユーザーの項目を表示 を選択します。 一覧が更新され、チェックアウトされているすべてのレポート パーツとチェックアウトしたユーザーが表示されます。
  3. レポート パーツを選択し、チェックアウトの取り消し をクリックします。
  4. はい をクリックして、レポート パーツをチェックインします。

その他のリソース

財務報告