試算表の財務諸表

この記事では、試算表の既定のレポートについて説明します。 さらに、これらのレポートに関連付けられる構成要素について、また業務要件を満たすようにレポートを変更する方法についても説明します。

既定の試算表のレポート

Microsoft Dynamics 365 for Finance および Operations、Enterprise Edition の財務報告では、3 つの試算表のレポートが使用できます。

既定のレポート 目的
詳細な試算表 - 既定 すべての勘定の残高情報を提供します。これには借方と貸方残高、これらの正味金額、トランザクションの日付、伝票、仕訳帳の説明が含まれます。
試算表の集計 – 既定 すべての勘定の残高情報を提供します。これには、開始残高および決算残高、借方と貸方残高、およびそれらの正味差額が含まれます。
年次試算表の集計 – 既定 すべての勘定の残高情報を提供します。これには、開始残高および決算残高、借方と貸方残高、およびそれらの今年度および昨年度の正味差額が含まれます。

構成要素

試算表の財務レポートは、次の構成要素を使用します。

既定のレポート 行の定義 列の定義
詳細な試算表 - 既定 試算表 - 既定 詳細な試算表 - 既定
試算表の集計 – 既定 試算表 - 既定 試算表の集計 - 既定
年次試算表の集計 – 既定 試算表 - 既定 年次試算表の集計 - 既定

行の定義

試算表 - 既定という行定義には、すべての主勘定を取込む 1 つの行が含まれます。 したがって、ユーザーは変更しないでレポートを生成できます。 レポートを表示すると、各勘定に関する詳細を表示する 1 行を表示できます。 行定義を変更することにより、さらに詳細を表示できます。 試算表 - 既定の行定義を変更して、すべての勘定に対する行を含むようにするには、次の手順に従います。

  1. [編集] をクリックし、次に [分析コードからの行の挿入] をクリックします。 [分析コードからの行の挿入] コマンドを使用すると、自分の行定義に含める分析コードを選択できます。 この行定義で、[主勘定] を使用します。
  2. [主勘定] がすべてのアンパサンド (&) を含むことを確認し、[OK] をクリックします。

今回の行定義には、既定の法人の主勘定すべてが含まれます。

列の定義

各試算表レポートは別の列定義を使用します。 これらの列の定義には、さまざまな詳細なレベルと財務データを提供する列のさまざまなタイプが含まれます。

  • 詳細な試算表 – 既定の列のタイプ:
    • DESC – 行定義の説明
    • ACCT – アカウント コード
    • ATTR (3) – 属性:
      • トランザクション日付
      • 伝票番号
      • 仕訳帳の説明
    • FD – 借方のみを含む財務データ
    • FD – 貸方のみを含む財務データ
    • CALC – 正味差額
  • 試算表の集計 – 既定の列のタイプ:
    • ACCT – アカウント コード
    • DESC – 行定義の説明
    • ATTR – 属性の 1 つ:
      • 伝票番号
    • FD – 期首残高の財務データ
    • FD – 借方のみを含む財務データ
    • FD – 貸方のみを含む財務データ
    • CALC – 正味差額
    • CALC – 決算残高
  • 年次試算表の集計 - 既定:
    • ACCT – アカウント コード
    • DESC – 行定義の説明
    • ATTR – 属性の 1 つ
      • 伝票番号
    • FD – 今年度の期首残高の財務データ
    • FD - 今年度の借方のみを含む財務データ
    • FD – 今年度の貸方のみを含む財務データ
    • CALC – 正味差額
    • CALC – 決算残高
    • FD – 昨年度の借方のみを含む財務データ
    • FD – 昨年度の貸方のみを含む財務データ

参照

財務報告

財務諸表の表示

Dynamics Financial Reporting ブログ