スパム対策スタンプAnti-spam stamps

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

スパム対策スタンプは、診断メタデータまたはスタンプ (送信者固有の情報、パズル検証結果、コンテンツフィルターの結果など) をメッセージに適用することにより、スパムに関連する問題を診断するのに役立ちます。インターネットからの受信メッセージにフィルターを適用します。Anti-spam stamps help you diagnose spam-related problems by applying diagnostic metadata, or stamps, such as sender-specific information, puzzle validation results, and content filtering results, to messages as they pass through the anti-spam features that filter inbound messages from the Internet. 3つのスパム対策スタンプには、フィッシング信頼レベルスタンプ、スパム信頼度スタンプ、および Sender ID スタンプの3つがあります。There are three anti-spam stamps: the phishing confidence level stamp, the spam confidence level stamp, and the Sender ID stamp.

スパム対策スタンプを診断ツールとして使用して、誤検知と、個人がメールボックスで受信するスパムの疑いがあるメッセージに対して実行する操作を決定できます。You can use anti-spam stamps as diagnostic tools to determine what actions to take on false-positives and on suspected spam messages that individuals receive in their mailboxes.

注意

2016 年 11 月 1 日に Microsoft は、Exchange と Outlook の SmartScreen フィルターのスパム定義の更新を停止しました。既存の SmartScreen スパム定義はそのままですが、その効果は時間とともに低下する可能性があります。詳しくは、「Outlook と Exchange での SmartScreen サポートの廃止」をご覧ください。On November 1, 2016, Microsoft stopped producing spam definition updates for the SmartScreen filters in Exchange and Outlook. The existing SmartScreen spam definitions will be left in place, but their effectiveness will likely degrade over time. For more information, see Deprecating support for SmartScreen in Outlook and Exchange.

スパム対策スタンプの表示Viewing anti-spam stamps

スパム対策スタンプは、Microsoft Outlook を使用して表示できます。You can view anti-spam stamps by using Microsoft Outlook. 詳細については、「Outlook でのスパム対策スタンプの表示」を参照してください。For more information, see View anti-spam stamps in Outlook.

スパム対策レポートについてUnderstanding the anti-spam report

スパム対策レポートは、電子メールメッセージに適用されたスパム対策フィルターの結果の要約レポートです。The anti-spam report is a summary report of the anti-spam filter results that have been applied to an email message. コンテンツフィルターエージェントは、次のように、このスタンプを X ヘッダーの形式でメッセージエンベロープに適用します。The Content Filter agent applies this stamp to the message envelope in the form of an X-header as follows.

X-MS-Exchange-Organization-Antispam-Report: DV:<DATVersion>;CW:CustomList;PCL:PhishingVerdict <verdict>;P100:PhishingBlock;PP:Presolve;SID:SenderIDStatus <status>;TIME:<SendReceiveDelta>;MIME:MimeCompliance

次の表は、スパム対策レポートに表示される可能性があるフィルター情報を示しています。The following table describes the filter information that can appear in an anti-spam report.

注意

スパム対策レポートには、特定のメッセージに適用されたフィルターからの情報のみが表示されます。The anti-spam report only displays information from the filters that were applied to the specific message. スパム対策レポートには、通常、次の表に記載されている情報がすべて含まれているわけではありません。An anti-spam report doesn't usually contain all the information listed in the following table. たとえば、次のようなスパム対策レポートが表示されるDV:3.1.3924.1409;SID:SenderIDStatus Fail;PCL:PhishingLevel SUSPICIOUS;CW:CustomList;PP:Presolved;TIME:TimeBasedFeaturesことがあります。For example, you may receive the following anti-spam report: DV:3.1.3924.1409;SID:SenderIDStatus Fail;PCL:PhishingLevel SUSPICIOUS;CW:CustomList;PP:Presolved;TIME:TimeBasedFeatures.

スパム対策レポートの情報をフィルターにかけるFilter information in an anti-spam report

スタンプStamp 説明Description

SIDSID

Sender ID (SID) スタンプは、電子メールでのドメインの使用を承認する sender policy framework (SPF) に基づいています。The Sender ID (SID) stamp is based on the sender policy framework (SPF) that authorizes the use of domains in email. SPF は、メッセージエンベロープの [としReceived-SPFて表示されます。The SPF is displayed in the message envelope as Received-SPF. Sender ID 評価プロセスは、メッセージの Sender ID の状態を生成します。The Sender ID evaluation process generates a Sender ID status for the message. この状態は、次のいずれかの値として返されます。This status can be returned as one of the following values:

  •    Sender ID の検証チェックに合格した IP アドレスと Purported 責任アドレス (PRA) の両方を渡します。Pass   Both the IP address and Purported Responsible Address (PRA) passed the Sender ID verification check.

  • 中立的   に公開された Sender ID データは、明示的に不確定になります。Neutral   Published Sender ID data is explicitly inconclusive.

  • Soft fail   PRA の IP アドレスが許可されていないセットに含まれている可能性があります。Soft fail   The IP address for the PRA may be in the not permitted set.

  • Fail   IP アドレスは許可されていません。受信メールで PRA が見つからないか、送信ドメインが存在しません。Fail   The IP Address is not permitted; no PRA is found in the incoming mail or the sending domain does not exist.

  • None   送信者の DNS に、公開されている SPF データが存在しません。None   No published SPF data exists in the sender's DNS.

  • TempError   dns サーバーが使用できないなど、一時的な dns エラーが発生しました。TempError   A temporary DNS failure occurred, such as an unavailable DNS server.

  • PermError   レコードの形式にエラーがあるなど、DNS レコードが無効です。PermError   The DNS record is invalid, such as an error in the record format.

Sender ID スタンプは、メッセージエンベロープの X ヘッダーとして次のように表示されます。The Sender ID stamp is displayed as an X-Header in the message envelope as follows:

X-MS-Exchange-Organization-SenderIdResult:<status>

Sender ID の詳細については、「 SENDER id」を参照してください。For more information about Sender ID, see Sender ID.

DVDV

DAT バージョン (DV) スタンプは、メッセージのスキャンに使用されたスパム定義ファイルのバージョンを示します。The DAT version (DV) stamp indicates the version of the spam definition file that was used when scanning the message.

SASA

署名処理 (SA) スタンプは、メッセージ内で見つかった署名が原因で、そのメッセージが回復または削除されたことを示します。The signature action (SA) stamp indicates that the message was either recovered or deleted because of a signature that was found in the message.

SVSV

署名 DAT バージョン (SV) スタンプは、メッセージのスキャンに使用された署名ファイルのバージョンを示します。The signature DAT version (SV) stamp indicates the version of the signature file that was used when scanning the message.

PCLPCL

フィッシング信頼レベル (PCL) スタンプには、メッセージの評価がコンテンツに基づいて表示され、コンテンツフィルターエージェントによってメッセージが処理されるときに適用されます。The phishing confidence level (PCL) stamp displays the rating of the message based on its content and is applied when the message is processed by the Content Filter agent. この状態は、次のいずれかの値として返されます。This status can be returned as one of the following values:

  • ニュートラル   メッセージの内容がフィッシングである可能性は低くなります。Neutral   The message's content isn't likely to be phishing.

  • 疑わしい   メッセージの内容がフィッシングである可能性が高い。Suspicious   The message's content is likely to be phishing.

PCL の値は 1 ~ 8 の範囲で指定できます。The PCL value can range from 1 through 8. 1から3までの PCL の評価は、のNeutral状態を返します。A PCL rating from 1 through 3 returns a status of Neutral. これは、メッセージの内容がフィッシングである可能性が低いことを意味します。This means that the message's content isn't likely to be phishing. 4 ~ 8 の PCL 評価は、のSuspicious状態を返します。A PCL rating from 4 through 8 returns a status of Suspicious. これは、メッセージがフィッシングである可能性が高いことを意味します。This means that the message is likely to be phishing.

これらの値は、Outlook がメッセージに対して実行するアクションを決定するために使用されます。The values are used to determine what action Outlook takes on messages. Outlook は PCL スタンプを使用して、不審なメッセージのコンテンツをブロックします。Outlook uses the PCL stamp to block the content of suspicious messages.

PCL スタンプは、メッセージエンベロープの X ヘッダーとして次のように表示されます。The PCL stamp is displayed as an X-header in the message envelope as follows:

X-MS-Exchange-Organization-PCL:\

SCLSCL

メッセージのスパム信頼レベル (SCL) スタンプは、メッセージの内容に基づいてメッセージの評価を表示します。The spam confidence level (SCL) stamp of the message displays the rating of the message based on its content. コンテンツフィルターエージェントは、Microsoft SmartScreen テクノロジを使用して、メッセージの内容を評価し、各メッセージに SCL レベルを割り当てます。The Content Filter agent uses Microsoft SmartScreen technology to assess the contents of a message and to assign an SCL rating to each message. SCL の値は 0 ~ 9 です。0はスパムである可能性が低いと考えられ、9はスパムである可能性が高いと考えられます。The SCL value is from 0 through 9, where 0 is considered less likely to be spam, and 9 is considered more likely to be spam. Exchange と Outlook が実行するアクションは、SCL のしきい値の設定によって異なります。The actions that Exchange and Outlook take depend on your SCL threshold settings.

SCL スタンプは、メッセージエンベロープの X ヘッダーとして次のように表示されます。The SCL stamp is displayed as an X-header in the message envelope as follows:

X-MS-Exchange-Organization-SCL:\

SCL しきい値およびアクションの詳細については、「スパム信頼レベルのしきい値」を参照してください。For more information about SCL thresholds and actions, see Spam Confidence Level Threshold.

CWCW

メッセージのカスタムの重み (CW) スタンプは、メッセージに未承認の単語または語句が含まれており、その承認されていない単語または語句の SCL 値または重みが最終的な SCL スコアに適用されたことを示します。The custom weight (CW) stamp of a message indicates that the message contains an unapproved word or phrase and that the SCL value, or weight, of that unapproved word or phrase was applied to the final SCL score:

  • 承認しない単語や語句 (禁止語句) の重みは最大であるため、SCL スコアは 9 に変更されます。Unapproved phrases, or Block phrases, have maximum weight and change the SCL score to 9.

  • 承認する単語や語句 (許可語句) の重みは最小であるため、SCL スコアは 0 に変更されます。Approved words or phrases, or Allow phrases, have minimum weight and change the SCL score to 0.

承認する単語や語句および承認しない単語や語句をコンテンツ フィルター エージェントに追加する方法の詳細については、「 コンテンツ フィルターの管理」を参照してください。For more information about how to add approved and unapproved words or phrases to the Content Filtering agent, see Manage content filtering.

PPPP

Presolved パズル (PP) スタンプは、送信者のメッセージに、Outlook 電子メールの消印の検証機能に基づいて有効で解決された計算消印が含まれる場合、送信者が悪意のある送信者である可能性が低いことを示します。The presolved puzzle (PP) stamp indicates that if a sender's message contains a valid, solved computational postmark, based on Outlook E-mail Postmark validation functionality, it's unlikely that the sender is a malicious sender. この場合は、コンテンツ フィルター エージェントは SCL レベルを下げます。In this case, the Content Filter agent would reduce the SCL rating.

電子メールの消印検証機能が有効になっていて、次のいずれかの条件に当てはまる場合、コンテンツ フィルター エージェントは SCL レベルを変更しません。The Content Filter agent doesn't change the SCL rating if the E-mail Postmark validation feature is enabled and either of the following conditions is true:

  • 受信メッセージにコンピュテーショナル消印ヘッダーが含まれていない。An inbound message doesn't contain a computational postmark header.

  • コンピュテーショナル消印ヘッダーが無効である。The computational postmark header isn't valid.

消印の検証機能の詳細については、「 コンテンツ フィルター」を参照してください。For more information about the postmark validation feature, see Content filtering.

時間: Timeby 機能TIME:TimeBasedFeatures

タイムスタンプは、メッセージが送信された時刻とメッセージが受信された時刻の間に大幅な時間遅延があったことを示します。The TIME stamp indicates that there was a significant time delay between the time that the message was sent and the time that the message was received. TIME スタンプは、メッセージの最終的な SCL レベルを決定するために使用されます。The TIME stamp is used to determine the final SCL rating for the message.

MIME:MIMEComplianceMIME:MIMECompliance

MIME スタンプは、電子メールメッセージが MIME に準拠していないことを示します。The MIME stamp indicates that the email message isn't MIME compliant.

P100:PhishingBlockP100:PhishingBlock

P100 スタンプは、メッセージに、フィッシング定義ファイルに存在する URL が含まれていることを示します。The P100 stamp indicates that the message contains a URL that's present in a phishing definition file.

IPOnAllowListIPOnAllowList

IPOnAllowList スタンプは、送信者の IP アドレスが IP 許可一覧にあることを示します。The IPOnAllowList stamp indicates that the sender's IP address is on the IP Allow list. IP 許可一覧の詳細については、「接続フィルターについて」を参照してください。For more information about the IP Allow list, see Understanding Connection Filtering.

MessageSecurityAntispamBypassMessageSecurityAntispamBypass

MessageSecurityAntispamBypass スタンプは、メッセージにコンテンツのフィルターが適用されておらず、送信者がスパム対策フィルターをバイパスするためのアクセス許可を付与していることを示します。The MessageSecurityAntispamBypass stamp indicates that the message wasn't filtered for content and that the sender has been granted permission to bypass the anti-spam filters.

SenderBypassedSenderBypassed

SenderBypassed スタンプは、この送信者から受信したメッセージに対してコンテンツフィルターエージェントがコンテンツフィルターを一切適用しないことを示します。The SenderBypassed stamp indicates that the Content Filter agent doesn't process any content filtering for messages that are received from this sender. 詳細については、「コンテンツ フィルターの管理」を参照してください。For more information, see Manage content filtering.

All受信者のバイパスAllRecipientsBypassed

Allrecipients のバイパススタンプは、メッセージに記載されているすべての受信者に対して、次のいずれかの条件が満たされたことを示します。The AllRecipientsBypassed stamp indicates that one of the following conditions was met for all recipients listed in the message:

  • 受信者のメールボックスのAntispamBypassedEnabledパラメーターがに$true設定されている。The AntispamBypassedEnabled parameter on the recipient's mailbox is set to $true. これは、メールボックスの設定コマンドレットを使用して管理者のみが設定できる受信者ごとの設定です。This is a per-recipient setting that can only be set by an administrator using the Set-Mailbox cmdlet.

  • メッセージ送信者は、受信者の Outlook の差出人セーフリストに含まれています。The message sender is in the recipient's Outlook Safe Senders List. 差出人セーフリストの詳細については、「セーフリスト集約を管理する」を参照してください。For more information about the Safe Senders List, see Manage safelist aggregation.

  • コンテンツ フィルター エージェントが、この受信者に送信されるメッセージに対してコンテンツ フィルターを一切適用していない。The Content Filter agent doesn't process any content filtering for messages that are sent to this recipient. 受信者の例外の詳細については、「コンテンツフィルターの管理」を参照してください。For more information about recipient exceptions, see Manage content filtering.