ダイヤル トーン回復を実行するPerform a dial tone recovery

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

ダイヤルトーンの移植性を使用すると、元のメールボックスを復元または修復している間、ユーザーは電子メールを送受信するための一時メールボックスを持つことができます。Using dial tone portability, users can have a temporary mailbox for sending and receiving email while their original mailbox is being restored or repaired. 一時メールボックスは、同じ Exchange 2013 メールボックス サーバー上、または組織内の他のExchange 2013 メールボックス サーバー上に持つことができます。The temporary mailbox can be on the same Exchange 2013 Mailbox server or on any other Exchange 2013 Mailbox server in your organization. ダイヤルトーンの移植性を使用するプロセスはダイヤルトーン回復と呼ばれ、メールボックスサーバー上に空のデータベースを作成して、障害が発生したデータベースを置き換えます。The process for using dial tone portability is called a dial tone recovery, which involves creating an empty database on a Mailbox server to replace a failed database. 詳細については、「ダイヤルトーンの移植性」を参照してください。To learn more, see Dial tone portability.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 5 分にデータの復元と移動にかかる時間を合計した時間。Estimated time to complete: 5 minutes, plus the time it takes to restore and move the data.

  • ダイヤル トーン データベースを作成するには、展開されているデータベース数が最大数よりも少ない必要があります。You must have fewer than the maximum number of databases deployed to create a dial tone database. Exchange 2013 Standard Edition は、サーバーごとに最大5つのデータベースをサポートします。Exchange 2013 Standard Edition supports a maximum of five databases per server. Exchange 2013 Enterprise Edition では、CU1 では、サーバーごとに最大50データベース、CU2 以降のサーバーごとに100データベースがサポートされています。Exchange 2013 Enterprise Edition supports a maximum of 50 databases per server in RTM and CU1, and 100 databases per server in CU2 and later.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「受信者のアクセス許可」の「メールボックス回復」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Mailbox recovery" entry in the Recipients Permissions topic.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用して、単一サーバー上でダイヤル トーン復旧を実行するUse the Shell to perform a dial tone recovery on a single server

注意

EAC を使用して、単一サーバー上でダイヤル トーン復旧を実行することはできません。You can't use the EAC to perform a dial tone recovery on a single server.

  1. その後の復旧操作に必要となる場合、復旧対象データベースの任意の既存ファイルが保持されるようにしてください。Make sure that any existing files for the database being recovered are preserved in case they're needed later for further recovery operations.

  2. この例の方法で New-MailboxDatabase コマンドレットを使用して、ダイヤル トーン データベースを作成します。Use the New-MailboxDatabase cmdlet to create a dial tone database, as shown in this example.

    New-MailboxDatabase -Name DTDB1 -EdbFilePath D:\DialTone\DTDB1.EDB
    
  3. この例の方法で Set-Mailbox コマンドレットを使用して、復旧対象データベース上にホストされるユーザー メールボックスを移動します。Use the Set-Mailbox cmdlet to rehome the user mailboxes hosted on the database being recovered, as shown in this example.

    Get-Mailbox -Database DB1 | Set-Mailbox -Database DTDB1
    
  4. この例の方法で Mount-Database コマンドレットを使用して、データベースをマウントして、クライアント コンピューターがデータベースにアクセスして、メッセージを送受信できるようにします。Use the Mount-Database cmdlet to mount the database so client computers can access the database and send and receive messages, as shown in this example.

    Mount-Database -Identity DTDB1
    
  5. 回復データベース (RDB) を作成して、回復するデータを含むデータベースとログ ファイルを RDB に回復、またはコピーします。詳細な手順については、「回復用データベースを作成する」を参照してください。Create a recovery database (RDB) and restore or copy the database and log files containing the data you want to recover into the RDB. For detailed steps, see Create a recovery database.

  6. データを RDB にコピーした後、回復したデータベースをマウントする前に、障害が発生したデータベースから回復データベースのログ フォルダーにすべてのログ ファイルをコピーして、回復されたデータベースに対してログ ファイルを再生できるようにします。After the data is copied to the RDB, but before mounting the restored database, copy any log files from the failed database to the recovery database log folder so they can be played against the restored database.

  7. この例の方法で RDB をマウントしてから、Dismount-Database コマンドレットを使用してマウント解除します。Mount the RDB, and then use the Dismount-Database cmdlet to dismount it, as shown in this example.

    Mount-Database -Identity RDB1
    
    Dismount-Database -Identity RDB1
    
  8. RDB のマウント解除後、RDB フォルダー内の現在のデータベースとログ ファイルを安全な場所に移動します。これは、回復したデータベースとダイヤル トーン データベースとを交換する準備段階で行われます。After the RDB is dismounted, move the current database and log files within the RDB folder to a safe location. This is done in preparation for swapping the recovered database with the dial tone database.

  9. この例の方法でダイヤル トーン データベースをマウント解除します。このデータベースをマウント解除すると、エンド ユーザーに対するサービスの中断が発生します。Dismount the dial tone database, as shown in this example. Note that your end users will experience an interruption in service when you dismount this database.

    Dismount-Database -Identity DTDB1
    
  10. ダイヤル トーン データベース フォルダーから RDB フォルダーにデータベースとログ ファイルを移動します。Move the database and log files from the dial tone database folder into the RDB folder.

  11. この例の方法で、回復したデータベースを含む安全な場所からダイヤル トーン データベース フォルダーにデータベースとログ ファイルを移動し、データベースをマウントします。Move the database and log files from the safe location containing the recovered database into the dial tone database folder, and then mount the database, as shown in this example.

    Mount-Database -Identity DTDB1
    

    これにより、エンド ユーザーに対するサービスが再開します。エンド ユーザーは、本来の運用データベースにアクセスして、メッセージを送受信できるようになります。This ends the service interruption for your end users. They will be able to access their original production database and send and receive messages.

  12. この例の方法で RDB をマウントします。Mount the RDB, as shown in this example.

    Mount-Database -Identity RDB1
    
  13. この例の方法で、Get-Mailbox および New-MailboxRestoreRequest コマンドレットを使用して、RDB からデータをエクスポートし、それを復旧したデータベースにインポートします。これにおり、ダイヤル トーン データベースを使用して送受信されたすべてのメッセージが運用データベースにインポートされます。Use the Get-Mailbox and New-MailboxRestoreRequest cmdlets to export the data from the RDB and import it into the recovered database, as shown in this example. This will import all the messages sent and received using the dial tone database into the production database.

    $mailboxes = Get-Mailbox -Database DTDB1
    
    $mailboxes | %{ New-MailboxRestoreRequest -SourceStoreMailbox $_.ExchangeGuid -SourceDatabase RDB1 -TargetMailbox $_ }
    
  14. 復旧操作が完了したら、この例の方法で RDB をマウント解除して削除します。After the restore operation is complete, you can dismount and remove the RDB, as shown in this example.

    Dismount-Database -Identity RDB1
    Remove-MailboxDatabase -Identity RDB1
    

構文およびパラメーターの詳細については、以下のトピックを参照してください。For detailed syntax and parameter information, see the following topics:

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

メールボックスが正常に移動されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you've successfully moved a mailbox, do the following:

  • Outlook Web App を使用してメールボックスを開きます。Open the mailbox using Outlook Web App.

  • Microsoft Outlook を使用してメールボックスを開きます。Open the mailbox using Microsoft Outlook.