Exchange Server でのユニファイドメッセージングUnified Messaging in Exchange Server

適用対象: Exchange Server 2013、Exchange Server 2016Applies to: Exchange Server 2013, Exchange Server 2016

ユニファイド メッセージング (UM) により、ユーザーが Outlook Voice Access および通話応答ルールなどボイス メールと他の機能を使用できます。UM は音声メッセージングと電子メール メッセージングをさまざまなデバイスからアクセスできる 1 つのメールボックスに結合します。ユーザーは、それらのメッセージを電子メールの受信トレイで確認することも、Outlook Voice Access を使用して電話で確認することもできます。ユーザーが行う UM からの発信呼び出しを制御したり、組織への呼び出しを行った発信者への対応を制御したりすることもできます。Unified Messaging (UM) enables users to use voice mail and other features, including Outlook Voice Access and Call Answering Rules. UM combines voice messaging and email messaging into one mailbox that can be accessed from many different devices. Users can listen to their messages from their email Inbox or by using Outlook Voice Access from any telephone. You have control over how users place outgoing calls from UM, and the experience people have when they call in to your organization.

今日、IT 管理者は多くの場合、ボイス メールまたはテレフォニー ネットワークと、組織の電子メール システムまたはデータ ネットワークを個別のシステムとして管理しています。ボイス メールと電子メールは個別のサーバーにホストされた個別の受信トレイにあり、電子メールの場合はデスクトップ経由、ボイス メールの場合は電話を通じてアクセスされます。Today, IT administrators frequently manage the voice mail or telephony networks and the email systems or data networks for their organizations as separate systems. Voice mail and email are located in separate inboxes that are hosted on separate servers accessed through the desktop for email and through the telephone for voice mail.

ユニファイド メッセージングを使用することで Exchange 管理者がボイス メッセージングと電子メール メッセージングを 1 つのメールボックスに統合するこができるので、ユーザーはボイス メール メッセージを受信トレイで聞くか、または電話から Outlook Voice Access を使用して聞くことができます。ユニファイド メッセージングは、電子メールおよび音声メッセージの両方に Exchange ストアを使用します。Unified Messaging makes it possible for Exchange administrators to combine voice messaging and email messaging into one mailbox so their users can listen to their voice mail messages in their Inbox or by using Outlook Voice Access from any telephone. It uses the Exchange store for both email and voice messages.

新機能New features

ユニファイド メッセージング (UM) は、Microsoft Exchange Server 2007 で最初に導入され、Exchange 2010 でも利用できました。Unified Messaging (UM) was first introduced in Microsoft Exchange Server 2007 and was also available in Exchange 2010. Exchange 2013 のユニファイド メッセージング機能セットは、以前のバージョンの Exchange に似ています。The Unified Messaging feature set in Exchange 2013 is similar to previous versions of Exchange. ただし、新しい機能が追加され、アーキテクチャ上の変更が行われました。However, new features have been added and there have been architectural changes. ユニファイド メッセージングは、Exchange 2013 で提供されている音声関連機能のコンポーネントまたはサブ機能と位置づけられるようになりました。Unified Messaging is now considered a component or sub feature of the voice-related features that are offered in Exchange 2013. ユニファイドメッセージングは、Exchange 管理シェルコマンドレットと um 関連サービスで広く使用されており、すべてのユニファイドメッセージングコンポーネント (ダイヤルプラン、自動応答、um メールボックスポリシー、および um IP ゲートウェイを含む) に加えて、これらの UM コンポーネントを管理するには、Exchange 管理センター (EAC) のナビゲーションウィンドウで、ユニファイドメッセージングノード内に配置します。The term Unified Messaging is still widely used in Exchange Management Shell cmdlets and UM-related services, and all Unified Messaging components (including dial plans, auto attendants, UM mailbox policies, and UM IP gateways) along with the ability to manage those UM components, are located within the Unified Messaging node in the navigation pane of the Exchange admin center (EAC).

次の各トピックから、Exchange 2013 ユニファイド メッセージングの新機能または拡張機能に関する情報にアクセスすることができます。The following topics are gateways to information about new or enhanced features found in Exchange 2013 Unified Messaging:

ユニファイド メッセージングの機能Unified Messaging features

ユニファイド メッセージングのボイス メール機能は、エンド ユーザーと IT 管理者の両方に利点を提供します。The voice mail features found in Unified Messaging offer benefits for both end users and IT administrators.

エンド ユーザー向け機能Features for end users

ユニファイドメッセージングを展開すると、ユーザーはメールボックスに配置されているボイスメール、電子メール、および予定表の情報を電子メールクライアント (Outlook や Microsoft Outlook Web App など) から、Microsoft Exchange ActiveSync がセットアップされている携帯電話からアクセスできるようになります。Windows Phone または電話から。When you deploy Unified Messaging, users can access voice mail, email, and calendar information that's located in their mailbox from an email client, for example, Outlook or Microsoft Outlook Web App, from a mobile phone with Microsoft Exchange ActiveSync set up, such as a Windows Phone, or from a telephone. さらに、ユーザーは次の機能を使用できます。Additionally, users can use the following features:

  • Exchange 情報へのアクセス: UM が有効なユーザーは、インターネット対応の携帯電話、Microsoft Office Outlook 2007 またはそれ以降のバージョン、および Outlook Web App からボイスメール機能の完全なセットにアクセスできます。Access to Exchange information: UM-enabled users can access a full set of voice mail features from Internet-capable mobile phones, Microsoft Office Outlook 2007 or later versions, and Outlook Web App. これらの機能には、多くのボイスメール構成オプションと、コンピューターのスピーカーを使用して、閲覧ウィンドウ、統合 Windows Media Player を使用した音声メッセージ、またはメッセージ一覧のいずれかから音声メッセージを再生する機能が含まれています。These features include many voice mail configuration options and the ability to play a voice message from either the Reading Pane, using an integrated Windows Media Player, or the message list, using computer speakers.

  • 電話での再生: 電話での再生機能を使用すると、UM が有効なユーザーは電話で音声メッセージを再生できます。Play on Phone: The Play on Phone feature lets UM-enabled users play voice messages over a telephone. ユーザーがオフィスのデスクにいて、共有のコンピューターを使用している、またはマルチメディア対応でないコンピューターを使用している場合、または機密にかかわる音声メッセージを聞く場合は、コンピューターのスピーカーで音声メッセージを聞きたくない、または聞くことができない可能性があります。If the user works in an office cubicle, is using a public computer or a computer that isn't enabled for multimedia, or is listening to a voice message that's confidential, they might not want to or be able to listen to a voice message through computer speakers. この場合は、自宅やオフィスの電話、携帯電話などの電話を使用して、音声メッセージを再生できます。They can play the voice message using any telephone, including a home, office, or mobile telephone.

  • ボイスメールの形式: ボイスメールの形式は、既定の電子メールフォームに似ています。Voice mail form: The voice mail form resembles the default email form. 音声メッセージの再生、停止、一時停止、電話での再生、メモの追加や編集などの操作を実行するためのインターフェイスが、ユーザーに提供されます。It gives users an interface for performing actions such as playing, stopping, or pausing voice messages, playing voice messages on a telephone, and adding and editing notes.

    ボイス メール形式には、埋め込みの Windows Media Player および "音声メモ" フィールドが含まれます。埋め込みの Windows Media Player や "メモ" フィールドは、音声メッセージをプレビューするときは閲覧ウィンドウに、また音声メッセージを開くときには別のウィンドウに表示されます。ユーザーのユニファイド メッセージングが有効になっていなかったり、サポートされる電子メール クライアントがクライアント コンピューターにインストールされていなかったりすると、ユーザーは音声メッセージを電子メールの添付ファイルとしてのみ確認でき、ボイス メールの形式は使用できません。The voice mail form includes the embedded Windows Media Player and an Audio notes field. The embedded Windows Media Player and notes field are displayed in either the Reading Pane when users preview a voice message or in a separate window when they open the voice message. If users aren't enabled for Unified Messaging, or if a supported email client hasn't been installed on the client computer, they view voice messages as email attachments, and the voice mail form isn't available.

  • ユーザー構成: ユニファイドメッセージングが有効になっているユーザーは、Outlook Web App を使用して、ユニファイドメッセージングのいくつかのボイスメールオプションを構成できます。User configuration: A user who's enabled for Unified Messaging can configure several voice mail options for Unified Messaging using Outlook Web App. たとえば、電話アクセス番号やボイス メールの "電話での再生" を構成したり、ボイス メール アクセス PIN をリセットしたりすることができます。For example, the user can configure telephone access numbers and the voice mail Play on Phone number, and can then reset a voice mail access PIN.

  • 通話応答: 通話応答には、ユーザーの代わりに着信呼び出しへの応答、個人用案内応答の再生、メッセージの録音、メールメッセージとして受信トレイに配信するための送信が含まれます。Call answering: Call answering includes answering incoming calls on behalf of users, playing their personal greetings, recording messages, and submitting them for delivery to their Inbox as an email message.

  • 通話応答ルール: 通話応答ルールを使用すると、ボイスメールが有効になっているユーザーは着信呼び出し応答呼び出しをどのように処理するかを決定できます。Call Answering Rules: Call Answering Rules lets users who are enabled for voice mail determine how their incoming call answering calls should be handled. 通話応答ルールを着信呼び出しに適用する方法は、受信トレイ ルールを受信電子メール メッセージに適用する方法と似ています。The way call answering rules are applied to incoming calls is similar to the way Inbox rules are applied to incoming email messages. 既定では、通話応答ルールは構成されていません。By default, no call answering rules are configured. メールボックス サーバーが着信呼び出しに応答すると、発信者は、呼び出し先に音声メッセージを残すよう求められます。If an incoming call is answered by the Mailbox server, the caller is prompted to leave a voice message for the called party. 発信者は通話応答ルールを使用して次の操作を行うことができます。Using call answering rules, a caller can:

    • UM が有効なユーザーに音声メッセージを残す。Leave a voice message for the UM-enabled user.

    • UM が有効なユーザーの代理連絡先に転送する。Transfer to an alternate contact of the UM-enabled user.

    • 代理連絡先のボイス メールに転送する。Transfer to the alternate contact's voice mail.

    • UM が有効なユーザーが構成した他の電話番号に転送する。Transfer to other phone numbers that the UM-enabled user has configured.

    • Find-Me 機能を使用するか、オペレーターからの転送経由で UM が有効なユーザーを特定します。Use the Find Me feature or locate the UM-enabled user via a transfer from an operator.

  • ボイスメールプレビュー: メールボックスサーバーは、新しく作成されたボイスメールメッセージで自動音声認識 (ASR) を使用します。Voice Mail Preview: The Mailbox server uses Automatic Speech Recognition (ASR) on newly created voice mail messages. ユーザーが音声メッセージを受信する際、そのメッセージには音声録音から作成された録音とテキストの両方が含まれます。When users receive voice messages, the messages contain both a recording and text that's been created from the voice recording. ユーザーには、Outlook Web App または別のサポートされる電子メール クライアント内部からの電子メール メッセージ中に音声メッセージ テキストが表示されます。Users see the voice message text displayed in an email message from within Outlook Web App or another supported email client.

  • メッセージ待機インジケーター: メッセージ待機インジケーターは、従来のボイスメールシステムの機能の1つであり、新しいメッセージの存在を示すメカニズムを参照することができます。Message Waiting Indicator: Message Waiting Indicator is a feature found in most legacy voice mail systems and can refer to any mechanism that indicates the existence of a new message. Exchange 2007 では、この機能がサードパーティ製のアプリケーションで提供されており、電話のランプの点灯によって音声メッセージの受信が通知されていました。In Exchange 2007, this functionality was provided by a third-party application, which indicated receipt of a new voice message by lighting the lamp on the desk phone. Exchange 2010 にはこの機能が追加されたので、サードパーティ製のソフトウェアは不要になりました。This feature was added to Exchange 2010, and third-party software is no longer needed. メッセージ待機インジケーターの有効化または無効化は、ユーザーのメールボックスまたは UM メールボックス ポリシーで行われます。Enabling or disabling Message Waiting Indicator is done on the user's mailbox or on a UM mailbox policy.

  • SMS を使用した不在着信およびボイスメール通知: ユーザーがハイブリッドまたは Office 365 の展開の一部であり、携帯電話番号を使用してボイスメール設定を構成し、着信の転送を構成すると、通知を受け取ることができます。ショートメッセージサービス (SMS) を介したテキストメッセージ内の不在着信および新しい音声メッセージ。Missed call and voice mail notifications using SMS: When users are part of a hybrid or Office 365 deployment, and they configure their voice mail settings with their mobile phone number and configure call forwarding, they can receive notifications about missed calls and new voice messages on their cell phones in a text message via the Short Messaging Service (SMS). ただし、これらの種類の通知を受信するには、ユーザーが最初にテキスト メッセージングを構成し、アカウントの通知を有効にしておく必要があります。However, to receive these types of notifications, the users must first configure text messaging and also enable notifications on their account.

  • 保護されたボイスメール: 保護されたボイスメールは、ユーザーがプライベートメールを送信できるようにするユニファイドメッセージング機能です。Protected Voice Mail: Protected Voice Mail is Unified Messaging functionality that enables users to send private mail. このメールは Active Directory Rights Management Services (AD RMS) によって保護され、ユーザーは電子メールからの音声ファイルの転送、コピー、抽出を制限されます。This mail is protected by Active Directory Rights Management Services (AD RMS), and users are restricted from forwarding, copying, or extracting the voice file from email. 保護されたボイス メールは、ユニファイド メッセージングの機密性を高め、ユーザーが音声メッセージの対象ユーザーを制限できるようにします。Protected Voice Mail increases the confidentiality of Unified Messaging, and lets users limit the audience for voice messages. この機能は、プライベート電子メール メッセージを Exchange 2007 で処理する方法と似ていますが、ボイス メール メッセージにも適用されます。This functionality is similar to the way private email messages were handled in Exchange 2007 but now it also applies to voice mail messages.

  • Outlook Voice Access: UM が有効なユーザーが使用できるユニファイドメッセージングのユーザーインターフェイスには、電話ユーザーインターフェイス (TUI) と音声ユーザーインターフェイス (vui) の2つがあります。Outlook Voice Access: There are two Unified Messaging user interfaces available to UM-enabled users: the telephone user interface (TUI) and the voice user interface (VUI). これらの2つのインターフェイスは、Outlook Voice Access と呼ばれます。These two interfaces together are called Outlook Voice Access. Outlook Voice Access ユーザーは、外部または内部の電話からボイスメールシステムにアクセスするときに Outlook Voice Access を使用できます。Outlook Voice Access users can use Outlook Voice Access when they access the voice mail system from an external or internal telephone. ボイスメールシステムにダイヤルインする UM が有効なユーザーは、Outlook Voice Access を使用して自分のメールボックスにアクセスできます。UM-enabled users who dial in to the voice mail system can access their mailbox using Outlook Voice Access. 電話を使用すると、UM が有効なユーザーは次のことを行うことができます。Using a telephone, a UM-enabled user can:

    • ボイス メールにアクセスするAccess voice mail

    • 電子メール メッセージを聞く、転送する、または返信するListen to, forward, or reply to email messages

    • 予定表情報を再生するListen to calendar information

    • 組織の名簿に保存された連絡先、個人用連絡先にある単一の連絡先、または連絡先グループに格納された連絡先にアクセスまたは電話するAccess or dial contacts who are stored in the organization's directory or a single contact or contact group located in their personal Contacts.

    • 会議出席依頼を承諾するまたは取り消すAccept or cancel meeting requests

    • 不在時に発信者に通知する音声メッセージを設定するSet a voice message to let callers know the called party is away

    • ユーザーのセキュリティ設定と個人用オプションを設定するSet user security preferences and personal options

  • Outlook Voice access を使用したグループアドレス指定: Exchange 2007 では、ユーザーは Outlook voice access で電話ユーザーインターフェイス (TUI) または音声ユーザーインターフェイス (vui) を使用して、メールボックスにサインインしたときに電子メールメッセージと音声メッセージを送信することができました。Group addressing using Outlook Voice Access: In Exchange 2007, users could use either the telephone user interface (TUI) or voice user interface (VUI) in Outlook Voice Access to send email and voice messages when they signed in to their mailbox. ただしユーザーは、個人用連絡先の 1 人の受信者、ディレクトリから個別に追加した複数の受信者、または組織の名簿から配布リストに名前を追加した複数の受信者に対して、1 通の電子メール メッセージを送信できるだけでした。However, users could only send a single email message to a single user in their personal Contacts, to multiple recipients from the directory by adding each recipient individually, or by adding the name of a distribution list from the directory for your organization. Exchange 2013 では、ユーザーが Outlook Voice Access を使用してメールボックスにサインインすると、個人用連絡先に格納されているグループ内のユーザーに対しても電子メール メッセージと音声メッセージを送信できます。In Exchange 2013, when a user signs in to their mailbox using Outlook Voice Access, they can also send email and voice messages to users in a group stored in their personal Contacts.

管理機能Administrative features

現在、ほとんどのユーザーと IT 部門は、ボイス メールを電子メールとは別に管理しています。ボイス メールと電子メールは個別のサーバーにホストされた個別の受信トレイとして存在し、電子メールの場合はデスクトップ経由、ボイス メールの場合は電話を通じてアクセスされます。ユニファイド メッセージングを使用すれば、すべてのメッセージを 1 つのストアに統合し、コンピューターと電話を介してコンテンツにアクセスできるようになります。Currently, most users and IT departments manage their voice mail separately from their email. Voice mail and email exist as separate inboxes hosted on separate servers accessed through the desktop for email and through the telephone for voice mail. Unified Messaging offers an integrated store for all messages and access to content through the computer and the telephone.

Exchange 管理者は、exchange 管理センター (EAC) と Exchange 管理シェルを使用して、他の Exchange を管理する場合と同じインターフェイスを使用してユニファイドメッセージングを管理できます。Exchange administrators can manage Unified Messaging using the same interface they use to manage the rest of Exchange, using the Exchange admin center (EAC) and the Exchange Management Shell. 以下のことを行うことができます。They can:

  • 1 つのプラットフォームからボイス メールと電子メールを管理するManage voice mail and email from a single platform

  • スクリプト可能なコマンドを使用してユニファイド メッセージングを管理するManage Unified Messaging using scriptable commands

  • 可用性と信頼性の高いユニファイド メッセージングのインフラストラクチャを構築するBuild highly available and reliable Unified Messaging infrastructures

Exchange 2013 ユニファイド メッセージングでは、管理者向けに次の機能が提供されています。Exchange 2013 Unified Messaging offers administrators:

  • 完全なボイスメールシステム: ユニファイドメッセージングは、1つのストア、トランスポート、およびディレクトリインフラストラクチャを使用して、完全なボイスメールソリューションを提供します。A complete voice mail system: Unified Messaging offers a complete voice mail solution using a single store, transport, and directory infrastructure. ストアは、メールボックス サーバーによって提供され、VoIP ゲートウェイまたは IP PBX からの着信呼び出しの転送はクライアント アクセス サーバーによって処理されます。The store is provided by a Mailbox server and forwarding of incoming calls from a VoIP gateway or IP PBX is handled by a Client Access server. すべての電子メール メッセージとボイス メール メッセージは、1 つの管理ポイントから、1 つの管理インターフェイスおよびツール セットを使用して管理できます。All email and voice mail messages can be managed from a single management point, using a single administration interface and tool set.

  • Exchange セキュリティモデル: メールボックスサーバー上の Microsoft Exchange ユニファイドメッセージングサービスと、クライアントアクセスサーバー上の Microsoft Exchange ユニファイドメッセージング呼び出しルーターサービスは、単一の exchange サーバーアカウントとして実行されます。An Exchange security model: The Microsoft Exchange Unified Messaging service on a Mailbox server and the Microsoft Exchange Unified Messaging Call Router service on a Client Access server run as a single Exchange server account.

  • ボイスメールシステムの統合: 現在、ほとんどの音声メッセージングシステムでは、組織内のすべての物理的なオフィスの場所にすべての音声メッセージングコンポーネントがインストールされている必要があります。Consolidation of voice mail systems: Currently, most voice messaging systems require that all the voice messaging components be installed in every physical office location in an organization. この種の配置では、支社の音声メッセージング システムは中央オフィスの外部に存在し、オンサイトで管理する必要があります。In this kind of arrangement, the voice messaging systems in branch offices are located outside the central office and must be administered onsite. このため、管理のコストと複雑さが増すことがよくあります。This frequently results in increased administration costs and complexity. ユニファイド メッセージングを使用すると、ボイス メール システムを集中的に管理できます。Unified Messaging lets you manage your voice mail system from a central location. ユニファイド メッセージングの集中管理システムを作成するには、Exchange サーバーの一部をデータセンターまたは他の場所に設置して、残りの Exchange サーバーを社内に設置してから、VoIP ゲートウェイ、IP PBX、またはセッション ボーダー コントローラー (SBC) を各支社に展開して、各支社の音声メッセージング システムを置き換えることができます。To create a centralized management system for Unified Messaging, you can place some of your Exchange servers in a datacenter or other location, and the remainder of your Exchange servers on-premises and then deploy VoIP gateways, IP PBXs, or Session Border Controllers (SBCs) in each of your branch offices to replace the voice messaging system for each branch office. この方法で集中音声メッセージング システムを展開すると、ハードウェアおよび管理にかかるコストを大幅に削減できます。Deploying a centralized voice messaging system this way can result in a significant savings in hardware and administrative costs.

  • 組み込みのユニファイドメッセージング管理役割: ユニファイドメッセージングとボイスメール機能を管理するための UM 固有の管理役割セットには、以下が含まれます。Built-in Unified Messaging administrative roles: The set of UM-specific administrative roles for managing Unified Messaging and voice mail features includes the following:

    • UM メールボックスUM Mailboxes

    • UM プロンプトUM Prompts

    • ユニファイド メッセージングUnified Messaging

  • 着信 fax サポート: Exchange 2013 は、UM が有効なメールボックスを持つユーザーに、組み込み着信 fax サポートを提供します。Incoming fax support: Exchange 2013 provides built-in incoming fax support for users who have a UM-enabled mailbox. ユーザーは、自分の内線番号への呼び出しによって FAX メッセージを受信できます。They can receive fax messages via calls placed to their extension number.

    FAX ソリューションを必要とするお客様は、FAX パートナー ソリューションを展開する必要があります。FAX パートナー ソリューションは複数の FAX パートナーから利用できます。FAX パートナー ソリューションは Exchange と緊密に統合されて設計されており、これにより UM が有効なユーザーが着信 FAX メッセージを受信できます。FAX パートナー ソリューションは、Microsoft Pinpointの FAX パートナー から見つけることができます。Customers who require a fax solution will have to deploy a fax partner solution. Fax partner solutions are available from several fax partners. The fax partner solutions are designed to be tightly integrated with Exchange and enable UM-enabled users to receive incoming fax messages. You can find a fax partner solution by visiting Microsoft Pinpoint for Fax Partners.

  • 複数言語のサポート: 使用可能なすべての言語パックには、音声合成 (TTS) エンジンと、指定された言語および ASR サポートの録音済みのプロンプトが含まれています。Support for multiple languages:    All available language packs contain the Text-to-Speech (TTS) engine and the prerecorded prompts for a specified language and ASR support. However, only some language packs contain support for Voice Mail Preview.However, only some language packs contain support for Voice Mail Preview. The US English (en-US) language pack is included on the installation media and additional UM language packs can be downloaded from the Microsoft Download Center.The US English (en-US) language pack is included on the installation media and additional UM language packs can be downloaded from the Microsoft Download Center.

  • 自動応答: 自動応答は、外部および内部ユーザーにボイスメールシステムへのアクセス権を与える一連の音声プロンプトです。Auto attendant: An auto attendant is a set of voice prompts that gives external and internal users access to the voice mail system. ユーザーは、電話のキーパッドや音声入力を使用して、自動応答のメニュー内を移動したり、ユーザーに電話をしたり、組織内でユーザーを見つけてそのユーザーに電話をかけたりすることができます。Users can use the telephone keypad or speech inputs to move through the auto attendant menu, place a call to a user, or locate a user in your organization and then place a call to them. 自動応答を使用すると、管理者は次の作業を行うことができます。An auto attendant gives the administrator the ability to:

    • 外部ユーザー向けにカスタマイズしたメニューを作成する。Create a customized menu for external users.

    • 情報用案内応答、勤務時間内用案内応答、および勤務時間外用案内応答を定義する。Define informational greetings, business hours greetings, and non-business hours greetings.

    • 休日のスケジュールを定義する。Define holiday schedules.

    • 組織のディレクトリを検索する方法を説明する。Describe how to search the organization's directory.

    • ユーザーの内線への接続方法を説明し、外部から電話を掛けてきた人が内線を指定してユーザーを呼び出せるようにする。Describe how to connect to a user's extension so that external callers can call users by specifying their extension.

    • 組織のディレクトリの検索方法を説明し、外部から電話を掛けてきた人が組織のディレクトリを検索して特定のユーザーを呼び出せるようにする。Describe how to search the organization's directory so that external callers can search the organization's directory and call a specific user.

    • 外部ユーザーがオペレーターを呼び出せるようにする。Enable external users to call the operator.

UM の計画と展開Planning and deploying UM

ユニファイド メッセージングでは、Exchange Server の展開を組織の既存のテレフォニー システムに統合する必要があります。展開を成功させるには、既存のテレフォニー インフラストラクチャを慎重に分析し、ユニファイド メッセージングのボイス メールを展開し、管理するための正しい計画手順を実行する必要があります。Unified Messaging requires that you integrate your Exchange Server deployment with the existing telephony system for your organization. A successful deployment requires you to make a careful analysis of your existing telephony infrastructure and to perform the correct planning steps to deploy and manage voice mail in Unified Messaging.

ユニファイド メッセージング展開を計画する場合は、ユニファイド メッセージングの展開時に、組織の目標を達成するための機能に影響を及ぼす可能性のある設計などの問題について考慮する必要があります。一般的に、ユニファイド メッセージング トポロジが単純であるほど、ユニファイド メッセージングの展開と保守は簡単です。いくつかのクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーをインストールし、ビジネスおよび組織の目標をサポートするために必要に応じて UM ダイヤル プラン、自動応答、および UM メールボックス ポリシーなどいくつかのユニファイド メッセージング コンポーネントを作成します。複雑なネットワーク環境とテレフォニー環境、複数のビジネス単位、その他の複雑な要因を持つ大規模企業は、比較的簡単なユニファイド メッセージング要件を持つ小規模な組織と比較して、より詳細な計画が必要になります。When you plan your Unified Messaging deployment, you must consider design and other issues that may affect your ability to reach your organizational goals when you deploy Unified Messaging. Generally, the simpler the Unified Messaging topology, the easier Unified Messaging is to deploy and maintain. Install as few Client Access and Mailbox servers and create as few Unified Messaging components like UM dial plans, auto attendants and UM mailbox policies as you need to support your business and organizational goals. Large enterprises with complex network and telephony environments, multiple business units, or other complexities will require more planning than smaller organizations with relatively straightforward Unified Messaging needs.

ユニファイド メッセージングを正しく展開するために考慮および評価する必要がある要素は多岐にわたります。ユニファイド メッセージングのインフラストラクチャと展開を適切に計画できるように、ユニファイド メッセージングのさまざまな側面と各コンポーネントおよび機能について理解する必要があります。これらの問題の計画と実行に時間を割り当てることにより、組織にユニファイド メッセージングを展開するときに問題を防ぐことができます。次は、組織でユニファイド メッセージングを計画しているときに考慮および評価する必要がある一部分です。There are many areas that you must consider and evaluate to be able to successfully deploy Unified Messaging. You must understand the different aspects of Unified Messaging and each component and feature so that you can plan your Unified Messaging infrastructure and deployment appropriately. Allocating time to plan and work through these issues will help prevent problems when you deploy Unified Messaging in your organization.The following are some of the areas that you should consider and evaluate when planning for Unified Messaging in your organization:

  • 組織のニーズ。The needs of your organization.

  • 組織のセキュリティ要件。The security requirements in your organization.

  • 既存のテレフォニー、回路交換ネットワーク、および現在のボイス メール システム。Your existing telephony, circuit-switched network, and your current voice mail system.

  • 現在のパケット交換 IP ネットワーク設計。これには、ローカル エリア ネットワーク (LAN) と、WAN 接続ポイントおよびデバイスが含まれます。Your current packet-switched IP network design. This includes your local area network (LAN) and WAN connectivity points and devices.

  • 現在の Active Directory 環境。Your current Active Directory environment.

  • サポートする必要のあるユーザー数。The number of users that you'll have to support.

  • 必要になるクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーの数。The number of Client Access and Mailbox servers you'll need.

  • エンタープライズ VoIP を有効化するために UM を Microsoft Lync Server と統合するかどうか。Whether you'll be integrating UM with Microsoft Lync Server to enable Enterprise Voice.

  • VoIP ゲートウェイ、テレフォニー装置、およびクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーの配置。The placement of VoIP gateways, telephony equipment, and Client Access and Mailbox servers.

  • UM 展開の種類: 社内またはハイブリッド。The type of UM deployment: on-premises or hybrid.

  • ボイス メール ユーザーのストレージ要件。The storage requirements for voice mail users.

EAC とシェルによる UM の管理Managing UM with the EAC and the Shell

EAC 管理EAC management

Exchange 2013 は、すべての UM コンポーネントと機能を含む組織に単一のユニファイド管理コンソールを提供します。Exchange 2013 provides a single unified management console for your organization that includes all UM components and features. Exchange 管理センター (EAC) は、オンプレミス、オンライン、またはハイブリッド展開を管理するための、効率的で最適化されたインターフェイスを提供します。The Exchange admin center (EAC) provides a streamlined, optimized interface for management of on-premises, online, or hybrid deployments. Exchange 2013 の EAC は、Exchange 2010 の Exchange 管理コンソール (EMC) と Exchange コントロール パネル (ECP) を置き換えます。The EAC in Exchange 2013 replaces the Exchange Management Console (EMC) and the Exchange Control Panel (ECP) in Exchange 2010. EAC 機能の一部は次のとおりです。Some of the EAC features include:

  • リストビュー: EAC のリストビューは、ECP に存在した制限を削除するように設計されています。List view: The list view in EAC has been designed to remove limitations that existed in ECP. ECP の表示機能は最大 500 オブジェクトに限定されており、詳細ウィンドウに一覧表示されていないオブジェクトを表示する場合、検索とフィルターを使用してこれら特定のオブジェクトを検索する必要がありました。ECP was limited to displaying up to 500 objects and, if you wanted to view objects that weren't listed in the details pane, you needed to use searching and filtering to find those specific objects. Exchange 2013 では、EAC リスト ビュー内からの表示可能限度は、ほぼ 20,000 オブジェクトです。In Exchange 2013, the viewable limit from within the EAC list view is approximately 20,000 objects. ページングも追加されたため、結果のページを表示できます。In addition, paging has been added so that you can page to the results. ページ サイズを設定し、CSV ファイルにエクスポートすることもできます。You can also configure page size and export to a CSV file.

  • 受信者リストビューへの列の追加/削除: 表示する列を選択し、カスタムリストビューを保存することができます。Add/Remove columns to the Recipient list view: You can choose which columns to view, and you can save your custom list views.

  • Ecp 仮想ディレクトリをセキュリティで保護します。インターネットおよびイントラネットからのアクセスを ecp IIS 仮想ディレクトリ内からパーティション化し、管理機能を許可または禁止することができます。Secure the ECP virtual directory: You can partition access from the Internet and Intranets from within the ECP IIS virtual directory to allow or disallow management features. この機能で、組織環境外のインターネットから EAC にアクセスしようとするユーザーに対してアクセス権を許可または拒否する一方で、エンド ユーザーの Outlook Web App オプションへのアクセスを許可できます。With this feature, you can permit or deny access to users trying to access the EAC from the Internet outside of your organizational environment, while still allowing access to an end user's Outlook Web App Options.

  • パブリックフォルダーの管理: exchange 2010 と exchange 2007 で、パブリックフォルダーはパブリックフォルダー管理コンソールで管理されていました。Public Folder management: In Exchange 2010 and Exchange 2007, public folders were managed through the Public Folder administration console. パブリック フォルダーは EAC 内に置かれるようになったため、管理するために別のツールを必要としません。Public folders are now in the EAC, and you don't need a separate tool to manage them.

  • 通知: Exchange 2013 では、EAC に通知ビューアーが表示されるようになり、実行時間の長いプロセスの状態を表示できるようになりました。選択すると、プロセスが完了したときに電子メールメッセージによって通知を受け取ることができます。Notifications: In Exchange 2013, the EAC now has a Notification viewer so that you can view the status of long-running processes and, if you choose, receive notification via an email message when the process completes.

  • 役割ベースのアクセス制御 (RBAC) ユーザーエディター: Exchange 2010 では、RBAC ユーザーエディターを使用してユーザーを管理役割グループに追加できました。Role Based Access Control (RBAC) user editor: In Exchange 2010 you could use the RBAC User Editor to add users to management role groups. Exchange 2013 で、RBAC ユーザー エディター機能が EAC 内に置かれるようになったため、管理するために別のツールを必要としません。In Exchange 2013, the RBAC User Editor functionality is now in the EAC, and you don't need a separate tool to manage RBAC.

  • ユニファイドメッセージングツール: Exchange 2010 では、呼び出しの統計とユーザー呼び出しのログツールを使用して、um が有効なユーザーの特定の呼び出しに関する um 統計および情報を提供できました。Unified Messaging tools: In Exchange 2010 you could use the Call Statistics and User Call Logs tools to help provide UM statistics and information about specific calls for a UM-enabled user. Exchange 2013 で、呼び出しの統計とユーザー呼び出しログのツールが EAC 内に置かれるようになったため、管理するために別のツールを必要としません。In Exchange 2013, the Call Statistics and User Call Logs tools are now in the EAC, and you don't need a separate tool to manage them.

シェル管理Shell management

Exchange 管理シェルは、Windows PowerShell テクノロジを基盤に開発された、管理タスクの自動化を可能にする強力なコマンドライン インターフェイスです。シェルでは、Exchange のあらゆる側面を管理することができます。新しい電子メール アカウントの有効化、送受信コネクタの作成、データベース プロパティの構成、ユニファイド メッセージングのすべての側面の管理などを実行できます。シェルは、EAC によって実行できるあらゆるタスクに加えて、EAC で実行できないタスクも実行できます。実際には、EAC で何らかの操作を行うと、その処理はその背後にあるシェルが実行します。The Exchange Management Shell, built on Windows PowerShell technology, is a powerful command-line interface that enables automation of administrative tasks. With the Shell, you can manage every aspect of Exchange. You can enable new email accounts, create Send and Receive connectors, configure database properties, manage all aspects of Unified Messaging, and more. The Shell can perform every task that can be performed by the EAC plus tasks that can't be done in the EAC. In fact, when you do something in the EAC, it's the Shell that's doing the work behind the scenes.

ユニファイド メッセージングのドキュメントUnified Messaging documentation

次の表は、Exchange ユニファイド メッセージングについて学習して管理できるようになるトピックへのリンクが含まれています。The following table contains links to topics that will help you learn about and manage Exchange Unified Messaging.

トピックTopic 説明Description

新しいボイス メール機能New voice mail features

Microsoft Exchange 2013 の新機能について学習します。Learn about new features in Microsoft Exchange 2013.

ユニファイド メッセージングの計画Planning for Unified Messaging

ユニファイド メッセージング展開を計画するために必要な概念と情報について学習します。Learn about the concepts and information you need to plan a Unified Messaging deployment.

ボイス メールと UM の展開Deploying voice mail and UM

ボイス メールと UM の展開に関連する要件と手順について学習します。Learn about the requirements and steps involved in deploying voice mail and UM.

UM 言語、プロンプト、および案内応答UM languages, prompts, and greetings

UM の言語パックと言語設定について学習します。Learn about UM language packs and language settings.

電話システムの UM との統合Telephone system integration with UM

テレフォニー ネットワークを UM と統合する方法について学習します。Learn about integrating your telephony network with UM.

電話ネットワークへのボイス メール システムの接続Connect your voice mail system to your telephone network

テレフォニー ネットワークを Exchange UM に接続するために UM コンポーネントを使用および構成する方法を学びます。Learn how to use and configure UM components to connect your telephony network to Exchange UM.

着信呼び出しへの自動応答とルーティングAutomatically answer and route incoming calls

UM 自動応答を作成し、ナビゲーション メニュー、案内応答、および勤務時間と勤務時間外の設定を管理する方法を学びます。Learn how to create UM auto attendants and manage settings for navigation menus, greetings, and business and non-business hours.

ユーザーのボイス メールのセットアップSet up voice mail for users

UM メールボックス ポリシーの作成方法と管理方法、および UM に対してユーザーを有効にする方法を学びます。Learn how to create and manage UM mailbox policies and how to enable users for UM.

クライアント ボイス メール機能をセットアップするSet up client voice mail features

ユーザーがボイス メール メッセージにアクセスしてそれを管理できるようにクライアント機能を設定する方法を学びます。Learn how to set up client features to enable users to access and manage their voice mail messages.

Outlook Voice Access PIN セキュリティの設定Set Outlook Voice Access PIN security

Outlook Voice Access ユーザーの PIN 要件を設定する方法を学びます。Learn how to set PIN requirements for Outlook Voice Access users.

ボイス メールを保護するProtect voice mail

UM を使用して音声メッセージを保護する方法を学びます。Learn how to use UM to protect voice messages.

ボイス メール通話のレポートを実行するRun reports for voice mail calls

UM 呼び出しレポートについて学びます。Learn about UM call reports.