Microsoft Graph のクロスデバイス エクスペリエンスCross-device experiences in Microsoft Graph

複数デバイス時代のユーザーは、複数のプラットフォームやフォーム ファクターのデバイスを使いこなしています。朝のニュースをタブレットで読み、通勤電車の中では携帯電話でメールをチェックし、仕事場ではデスクトップ PC を使います。In today's multi-device world, the way consumers use devices spans different platforms and form factors: they might read the morning news on their tablets, check email during the morning commute on their phones, and use their desktop PCs when at work. 夜になると、ホーム メディア コンソールで映画を見た後、スマート スピーカーでその日のニュースを確認します。At night, they might watch movies on their home media consoles and use smart speakers to catch up on news from the day. 平均的なユーザーは、一日の中で複数のデバイスやプラットフォームをあれこれ使い分けています。The average customer engages with multiple devices and platforms throughout the day.

以前なら、消費者は、フォーム ファクターに応じてそれぞれ独自の振る舞いをしていました。In the past, form factor drove distinct types of behavior differences among consumers. しかし今、マルチデバイス時代の消費者は、さまざまなデバイスを全部使いこなして作業を行っています。However, today, multi-device consumers conduct all their activities across all their devices. 日常的な作業 (家で家族と共にするものであれ、仕事で同僚と共にするものであれ) は、本質的にデバイス中心というよりも人中心の作業です。The tasks performed on a daily basis (whether at home with family, or at work with colleagues) are not inherently device-centric, but rather human-centric. 消費者は、出所が何であれ、何かしら画面というものを使用したいと考えています。Consumers want to be able to use whatever screen is available, independent of where the input comes from. 実際のところは、デバイスが壁となっていることが多く、デバイスの違いを越えて同じことをしようとすると、自分宛にメールを送ったり USB スティックを使ったりすることが必要になります。In reality, they often find that each device has a clear boundary and getting things done across devices requires unnatural actions such as sending oneself an email or using USB sticks. 複数のデバイスの間を行き来するのは、消費者にとってストレスとなり、重要な作業の場合、作業の最中にコンテキストを切り替えることは損失となります。Customers see friction when moving between their devices and sometimes important tasks get lost because of this context switching. 開発者にとっても、このことは挑戦となります。というのは、ユーザーがアプリを使う際にストレスを感じると、アプリの使用率が下がることになるからです。This is also a challenge for developers because when customers feel friction using an app, customer engagement with the app goes down.

Microsoft では、複数デバイス間での統一的作業を可能にするエクスペリエンスを生み出すプラットフォームを構築しています。これは、ユーザーに付いて移動する人中心のシナリオを実現し、フォーム ファクターやプラットフォームによらず複数デバイスの壁をなくします。Microsoft is building a platform for creating experiences that transcend a single device so they can harmonize across devices – empowering you to create human-centric scenarios that move with the user and blur the lines between their devices, regardless of form factor or platform. Microsoft Graph は、Azure Active Directory および Office 365 のデータにアクセスするための単一の統一エンドポイントを提供します。Microsoft Graph provides a single unified endpoint to give you access to data from Azure Active Directory and Office 365. さらに、Microsoft Graph を活用すれば、顧客のアクティビティやデバイスにアクセスして、デバイスやプラットフォームの境界を越える人中心の豊かなエクスペリエンスが実現されます。Now through Microsoft Graph, you can also access the activities and devices that belong to your customers, and enable rich human-centric experiences that cross devices and platforms.

クロスデバイス エクスペリエンスに投資する理由Why invest in cross-device experiences?

アクティビティ フィール API によりユーザーは直前まで作業していたところから再開可能Let customers pick up where they leave off with the activity feed API

アクティビティにより、アプリのユーザーが、プラットフォームやデバイスを越えてシームレスに移行しながら実行する固有のタスクをキャプチャする手段が提供されます。それにより、ユーザーが希望する画面からすぐに作業を再開できるようになります。With activities, you have a way to capture the unique tasks for users of your app that flow seamlessly across any platform and device, allowing them to quickly resume working on their preferred screen. アクティビティ フィードを使用することにより、ユーザーにとって最も重要な作業に関する人中心のビューを作成することができ、それにより、Web、モバイル、PC の間で切り替える際のストレスが軽減されます。Using the activity feed, you can create a human-centric view of the tasks most important to users, helping reduce friction when switching from web to mobile to PC and beyond.

デバイス リレー API 使用によるクロスデバイスの豊かなエクスペリエンスを構築Build rich cross-device experiences by using the device relay API

デバイス リレー API は、Microsoft のさまざまなデバイス (PC、Windows Phone、Xbox、IoT、HoloLens など) に加えて、Android および iOS のデバイスを公開します。In addition to Microsoft devices (PCs, Windows Phones, Xbox, IoT, HoloLens, and more), the device relay API also exposes Android and iOS devices. それにより、ユーザーの複数デバイスの間の境界を完全に打ち破ることができます。This enables you to truly break down boundaries between your users' devices. ユーザーの環境を利用し、単一デバイスの壁をリアルタイムで越える豊かなエクスペリエンスを作成するようなアプリを構築できます。You can build apps that utilize the user’s environment and create rich experiences that transcend a single device in real-time.

API リファレンスAPI reference

これらのサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for these services?

次のステップNext steps