視覚効果と快適性の向上

HoloLens 2 と HoloLens (第 1 世代) では、ユーザーの目に合わせて調整すると性能が向上します。

どちらのデバイスでも、最適なホログラム表示エクスペリエンスを目的として調整する必要がある点では同じですが、使用する調整テクノロジと手法が異なります。 HoloLens 2 調整またはHoloLens (第1世代) の調整に移動します。

HoloLens 2 の調整

HoloLens 2 では、仮想環境の表示と操作のエクスペリエンスを向上させるために視線追跡テクノロジが使用されています。 HoloLens 2 を調整すると、ユーザーの視線 (およびデバイスを使用している他のユーザーの視線) を正確に追跡できるようになります。 ユーザーの安心、ホログラムの整列、ハンド トラッキングにも役立ちます。 調整後は、頭部に装着したバイザーの位置がずれても、ホログラムが正しく表示されます。

HoloLens 2 では、次のようなときに、デバイスの調整がユーザーに求められます。

  • ユーザーが初めてデバイスを使用する
  • ユーザーが前回の調整プロセスを実施しなかった
  • ユーザーが前回デバイスを使用したときに、調整プロセスに失敗した
  • ユーザーが調整プロファイルを削除した
  • デバイスが取り外されて再びオンになり、上記のいずれかの状況の状況が発生する

Calibration prompt for adjusting to eyes.

このプロセスでは、一連のターゲット (ジェム) を目視します。 調整中にまばたきしても問題はありませんが、室内の他のオブジェクトではなく宝石に集中するようにしてください。 宝石に焦点を当てると、HoloLens はホログラフィックの世界をレンダリングするための目の位置を学習できます。

Calibration prompt telling user to keep head still and follow dots with their eyes.

Calibration prompt with gem example.

Calibration prompt adjusting.

調整に成功すると、成功を示す画面が表示されます。 それ以外の場合は、 調整エラーの診断に関する詳細を参照してください。

Calibration prompt success.

デバイスまたはセッションを共有する場合の調整

HoloLens 2 デバイスは、複数のユーザーが共有できます。各ユーザーがデバイスのセットアップを実行する必要はありません。 新しいユーザーがデバイスを初めて頭に装着する際には、HoloLens 2 によって、視覚調整をユーザーに求めるメッセージが自動的に表示されます。 視覚調整を実施済みのユーザーがデバイスを頭に装着すると、質の高い視覚効果と快適な表示エクスペリエンスを得られるように、ディスプレイの調整がシームレスに行われます。

調整プロセスを手動で開始する

  1. スタート ジェスチャを使用して、スタート メニューを開きます。

  2. 設定アプリがスタートにピン留めされていない場合は、 [すべてのアプリ] を選択します。

  3. [設定] を選択し、 [システム]>[調整]>[視線の調整]>[視点の調整を実行] を選択します。

    The Settings app, showing the Run eye calibration option.

視線の自動調整サポート

HoloLens 2 では、視線により、正確なホログラムの位置決め、快適な表示エクスペリエンス、および表示品質の向上が可能になります。 視線は、視線追跡計算の一部として内部的に計算されます。 ただし、これには、エクスペリエンスで視線の入力が必要ない場合でも、各ユーザーが視線追跡の調整を実行する必要があります。

視線の自動調整 (AEP) は、ユーザーの目の位置を計算するための操作のない方法でこれらのシナリオを可能にします。 視線の自動調整は、ユーザーがデバイスを装着した瞬間から自動的にバックグラウンドで動作を開始します。 ユーザーが事前に視線追跡の調整を行っていない場合、視線の自動調整は、20 から 30 秒の処理時間の後にユーザーの視線を表示システムに提供し始めます。 ユーザー データはデバイスに保持されません。ユーザーが離陸してデバイスをオンに戻した場合、またはデバイスが再起動したりスリープから復帰したりすると、このプロセスが繰り返されます。

調整されていないユーザーがデバイスを装着した場合、視線の自動調整機能によるシステム動作の変更がいくつかあります。 このコンテキストでは、調整されていないユーザーとは、以前にデバイスで視線追跡の調整プロセスを実行したことがないユーザーを指します。

アクティブなアプリケーション 以前の動作 Windows Holographic、バージョン 20H2 アップデートからの動作
非視線対応アプリまたはホログラフィック シェル 視線追跡の調整プロンプト ダイアログが表示されます。 プロンプトは表示されません。
視線対応アプリ 視線追跡の調整プロンプト ダイアログが表示されます。 視線追跡の調整プロンプトは、アプリケーションが視線ストリームにアクセスした場合にのみ表示されます。

ユーザーが非視線対応アプリケーションから視線データにアクセスするアプリケーションに移行すると、調整プロンプトが表示されます。

他のすべてのシステム動作は、現在のユーザーがアクティブな視線追跡の調整を持っていない場合と同様になります。 たとえば、片手のスタート ジェスチャは有効になりません。 初期設定の既定のエクスペリエンスに変更はありません。

視線データまたは正確なホログラムの位置合わせが必要なエクスペリエンスの場合は、調整されていないユーザーに視線追跡の調整を実行することをお勧めします。 視線追跡調整 プロンプトから、またはスタート メニューから設定アプリを起動し、[システム] > [調整] > [視線の調整] > [視線の調整を実行] の順に選択してアクセスできます。

遅延調整プロンプト

視線の自動調整では、アプリケーションが視線データを要求するまで、視線追跡調整プロンプト ダイアログが遅延されます。 これにより、アクティブなアプリケーションが視線を必要としない場合に、ユーザーにプロンプトが表示されなくなります。 アプリケーションが視線データを必要とし、現在のユーザーのために調整されていない場合、そのユーザーには調整プロンプトが表示されます。 この動作を使用して、エクスペリエンスに適した時間に視線追跡調整プロンプトを表示できます。 この方法は、次の理由で推奨されます

  1. 視線追跡調整プロンプトのダイアログには、視線の追跡が必要な理由についての詳細情報が表示されます。
  2. ユーザーに、視線の調整を拒否する方法を提示します。

ユーザーが [視線追跡の調整] を選択すると、調整が完了した後で、フォーカスが元のアプリケーションに戻る必要があります。

調整データとセキュリティ

調整情報は、デバイスにローカル保存され、アカウント情報には関連付けられません。 調整なしでデバイスを使用したユーザーについては、記録が保存されません。 このため、デバイスを初めて使用する新しいユーザー、それまで調整を実施していないユーザー、前回の調整が失敗したユーザーは、視覚調整を行うように求められます。

デバイスは、最大 50 個の調整プロファイルをローカルに保存できます。 この数値に達すると、最も古く使用されていないプロファイルが自動的に削除されます。

調整情報は、 [設定]>[プライバシー]>[視線トラッカー] でデバイスからいつでも削除できます。

調整を無効にする

HoloLens 2 ビルド 20H2 以降での視線の調整動作

Windows Holographic バージョン 20H2 から視線の自動調整がサポートされたので、調整を無効にする必要がなくなりました。 視線追跡対応アプリを使用している場合にのみ、調整プロンプトが自動的に表示されます。

HoloLens 2 の以前のビルドで視線の調整を無効にする

調整を無効にするには、ヘッドセットの設定スイッチを切り替えます。ただし、スイッチの状態を簡単に判断できない場合があります。 これは削除され、視線の自動調整サポートに置き換えられました。これは、調整を延期しながら、色補正とホログラムの位置決めを行うものです。

HoloLens (第 1 世代) で視線の調整を無効にする

HoloLens (第 1 世代) の調整の場合、次の手順で視線の調整プロンプトを無効にすることができます。

  1. [設定]>[システム]>[調整] を選択します。

  2. 新しいユーザーがこの HoloLens を使用したときに、自動的に [視線の調整を実行] をオフにします。

    重要

    この設定では、ホログラムのレンダリング品質と快適さが低下することがあります。 この設定をオフにすると、視線追跡に依存する機能 (テキストのスクロールなど) がイマーシブ アプリケーションで動作しなくなります。

HoloLens 2 の視線追跡テクノロジ

このデバイスでは、表示品質を向上し、すべてのホログラムを正確に配置して、快適な 3D ビューを表示できるように、独自の視線追跡テクノロジが使用されています。 ランドマークとして目が使用されるため、個々のユーザーに対してデバイスを調整できます。使用中にヘッドセットが多少ずれても視覚効果が調整されます。 調整はすべて、手動での調整を必要とせず、使用中に行われます。

注意

目の位置はシステムによって計算されるため、IPD 設定は HoloLens 2 には当てはまりません。

HoloLens アプリケーションでは、ユーザーが見ている場所をリアルタイムで追跡するために、視線追跡が使用されます。 開発者は、この主要機能を使用して、ホログラフィック エクスペリエンス内でまったく新しいレベルのコンテキスト、人間の認識、対話を実現できます。 開発者は、特別な作業を何もすることなく、この機能を使用できます。

HoloLens (第 1 世代) を調整する

HoloLens (第1世代) は、 i瞳孔間距離(IPD) に従ってホログラムの表示を調整します。 IPD が正確でない場合は、ホログラムが不安定になったり、正しくない距離感で表示されます。 瞳孔間距離 (IPD) に合わせてデバイスを調整することで、視覚効果の品質を向上させることができます。

HoloLens (第 1 世代) デバイスをセットアップする際には、Cortana の紹介後、視覚調整を行うように求められます。 調整手順は、このセットアップ フェーズで完了することをお勧めします。 ただし、Cortana からのプロンプトを待って「スキップ」 と言うことで、スキップすることもできます。

HoloLens の調整プロセスでは、片目ごとに 6 つのターゲットに指を合わせるように求められます。 HoloLens はこのプロセスを使用し、ユーザーの目に合わせて正しく IPD を設定します。

IPD finger-alignment screen at second step.

調整プロセスを手動で開始する

調整を更新する必要がある場合や、新しいユーザーの調整を行う必要がある場合は、いつでも手動で調整アプリを実行できます。 調整アプリは、既定でインストールされています。 このアプリには、 [スタート] メニューまたは設定アプリを使用してアクセスできます。

[スタート] メニューを使用して調整アプリを実行するには、次の手順に従います。

  1. ブルーム ジェスチャを使用して、 [スタート] メニューを開きます。

  2. すべてのアプリを表示するには、 + を選択します。

  3. [調整] を選択します。

    Accessing the calibration app from the shell.

    The calibration app displayed as a Live Cube after being launched.

設定アプリを使用して調整アプリを実行するには、次の手順に従います。

  1. ブルーム ジェスチャを使用して、 [スタート] メニューを開きます。

  2. [設定][スタート] にピン留めされていない場合、+ を選択 してすべてのアプリを表示します。

  3. [設定] を選択します。

  4. [システム]>[ユーティリティ]>[調整を開く] を選択します。

    Launching the calibration app from the settings app.

イマーシブ ヘッドセット

一部のイマーシブ ヘッドセットには、IPD 設定をカスタマイズする機能が装備されています。 ヘッドセットの IPD を変更するには、設定 アプリを開き、 [Mixed Reality]>[ヘッドセットの表示] を選択し、スライダー コントロール を移動します。 変更は、ヘッドセットにリアルタイムで反映されます。 眼科検査などで IPD がわかっている場合は、直接入力することもできます。

[設定]>[Mixed Reality]>[ヘッドセットの表示] を選択して、PC 設定を調整できます。

お使いのヘッドセットで IPD のカスタマイズがサポートされていない場合、この設定は無効になります。