ロボティック プロセス オートメーションと Power Automate Desktop を使用したプロセスの自動化

中級
アプリ作成者
ビジネス ユーザー
Microsoft Power Platform
Power Automate

Power Automate Desktop を使用して、Windows と Web アプリケーションを記録します。また、エンドツーエンドの請求書処理ソリューションの一部として、Excel 文書の操作などの標準アクションを使用します。

前提条件

Power Automate の使用経験。

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、Power Automate Desktop フローの基本を紹介し、繰り返しのタスクを自動化するために最初のフローを構築する方法について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、フローをより包括的で役立ることができる、デスクトップ フロー用の入力および出力パラメーターを定義します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、既存のゲートウェイを基に、Microsoft Outlook をデスクトップ UI フローと統合する方法を説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ゲートウェイを使用すると、デスクトップ フローを他のサービスに接続し、ロボティック プロセス オートメーション (RPA) を最大限に活用できます。 このモジュールでは、他のテクノロジとクラウド フローを統合する基盤としてゲートウェイを使用する方法について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、AI Builder を既存の API ベースのフローに統合し、堅牢な自動プロセスを実現する方法を説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate では、完全に自動化されたプロセスにより、多くの概念や機能が結合されます。 このモジュールでは、こうした概念をまとめて、複数のプログラムを使用する堅牢なオートメーションを構築する方法について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ロボティック プロセス オートメーション (RPA) を構築する場合、フローを常に監視できるとは限りません。 このモジュールでは、UI と API フローを無人モードで実行する方法について説明することにより、この課題のソリューションについて説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate の Process Advisor 機能を使用して、既存のビジネス プロセスを記録して分析することで、完了時間を追跡し、関連するさまざまなアクションをマッピングして、効率性を高めることができます。 ソリューションを自動化するための最初の手順はプロセスを知ることであり、Process Advisor はタスクを簡略化するのに役立ちます。