Lync Server 2013 での通話管理機能の管理Managing call management features in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-12-18Topic Last Modified: 2012-12-18

エンタープライズ VoIP 通話管理機能は、着信通話のルーティング方法と応答方法を制御します。Enterprise Voice call management features control how incoming calls are routed and answered. Lync Server 2013 には、次の通話管理機能があります。Lync Server 2013 provides the following call management features:

  • コールパーク: 音声ユーザーが通話を一時的にパークし、同じ電話または別の電話からそれを選択できるようにします。Call Park: Enables voice users to temporarily park a call and then pick it up from the same phone or another phone.

  • グループピックアップ: ユーザーが通話ピックアップグループ番号をダイヤルして、他のユーザーに対して着信する通話を選択できるようにします。Group Pickup: Enables users to pick up calls that are ringing for other users by dialing a call pickup group number.

  • 応答グループ: ハントグループまたは対話型音声応答 (IVR) の質問と回答を使用して、着信通話をエージェントのグループにルーティングします。Response Group: Routes incoming calls to groups of agents by using hunt groups or interactive voice response (IVR) questions and answers.

  • アナウンス: 割り当てられていない番号への通話に対してメッセージを再生するか、通話を別の場所またはその両方にルーティングします。Announcement: Plays a message for calls made to an unassigned number, or routes the call elsewhere, or both.

このセクションでは、エンタープライズ Voip 展開でこれらの通話管理機能を管理する方法について説明します。This section describes how to manage these call management features in your Enterprise Voice deployment.