Lync Server 2013 での IPv6 の計画と構成Planning for and configuring IPv6 in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-06-14Topic Last Modified: 2012-06-14

Lync Server 2013 には、ip バージョン 6 (IPv6) アドレスのサポートと共に IP バージョン 4 (IPv4) アドレスの継続的なサポートが含まれています。Lync Server 2013 includes support for IP version 6 (IPv6) addresses, along with continued support of IP version 4 (IPv4) addresses. IPv4 アドレスは 32 ビットのアドレスで、これを使用することでコンピューターはインターネットを介して通信できます。IPv4 addresses are 32-bit addresses that allow a computer to communicate over the Internet. 世界中のデバイスの数が増加しているため、使用可能な IPv4 アドレスが不足しています。そのため、多くの新しいデバイスは IPv6 アドレスの使用に移行しています。Due to the increasing number of devices worldwide, the available IPv4 addresses have run out. Because of this, many new devices are moving to using IPv6 addresses. IPv6 アドレスは、IPv4 アドレスと同じ機能 (および追加機能) を実行しますが、32 ビットだけではなく、128 ビットを使用します。IPv6 addresses perform the same function as IPv4 addresses (with some additional features), but instead of using only 32-bits, IPv6 addresses use 128-bits. これにより、新しいアドレス セットだけでなく、より多くのアドレスも提供できます。This provides not only a new set of addresses, but also a much larger number of them. 典型的な IPv4 アドレスの例には 192.0.2.235 などがありますが、IPv6 アドレスでは 2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334 のようになります。A typical IPv4 address looks something like this: 192.0.2.235, whereas an IPv6 address looks like this: 2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334. IPv6 アドレスを使用するデバイスの書式設定と機能の変更には、Lync Server 2013 のインストールでの展開と構成に関する考慮事項がいくつか必要です。The change in formatting and functionality for devices that use IPv6 addresses requires several deployment and configuration considerations in your Lync Server 2013 installation.