事前プロビジョニング済みの展開のための Windows 自動操縦Windows Autopilot for pre-provisioned deployment

適用対象: Windows 10 バージョン1903Applies to: Windows 10, version 1903

重要

Windows 自動操縦用のホワイトグローブ機能は、事前にプロビジョニングされた デプロイのために Windows 自動操縦 に変更されました。The Windows Autopilot white glove feature has been renamed to Windows Autopilot for pre-provisioned deployment. このドキュメントに記載されている ホワイトグローブ へのすべての参照は、 事前プロビジョニング によって置き換えられました。All references in this documentation to white glove have been replaced with: pre-provisioning. ホワイトグローブ という用語は、一部のブログや Windows 自動操縦に関するその他の記事にも表示される場合があります。The term white glove might still appear in some blogs and other articles about Windows Autopilot. これらの参照は、この記事で説明されている事前プロビジョニングプロセスに対応しています。These references correspond to the pre-provisioning process described in this article.

Windows の自動操縦は、プレインストールされた OEM イメージとドライバーを使用して新しいデバイスを簡単にプロビジョニングするのに役立ちます。Windows Autopilot helps organizations easily provision new devices by using the preinstalled OEM image and drivers. これにより、エンドユーザーは単純なプロセスを使用して、デバイスをビジネス対応にすることができます。This lets end users get their devices business-ready by using a simple process.

OEM の処理

また、windows 自動操縦は、パートナーまたは IT スタッフが完全に構成された、ビジネス対応の Windows 10 PC を事前に準備するのに役立つ 事前プロビジョニング サービスを提供することもできます。Windows Autopilot can also provide a pre-provisioning service that helps partners or IT staff pre-provision a fully configured and business-ready Windows 10 PC. エンドユーザーの視点から見ると、Windows の自動操縦機能は変更されていませんが、デバイスを完全にプロビジョニングされた状態にする方が高速です。From the end user’s perspective, the Windows Autopilot user-driven experience is unchanged, but getting their device to a fully provisioned state is faster.

事前にプロビジョニングされた 展開の Windows 自動操縦 を使用すると、プロビジョニングプロセスが分割されます。With Windows Autopilot for pre-provisioned deployment, the provisioning process is split. 時間のかかる部分は、IT、パートナー、または Oem によって行われます。The time-consuming portions are done by IT, partners, or OEMs. エンドユーザーは、必要ないくつかの設定とポリシーを完了するだけで、デバイスの使用を開始できます。The end user simply completes a few necessary settings and policies and then they can begin using their device.

パートナーとの OEM プロセス

事前にプロビジョニングされた展開では、Windows 10 バージョン1903以降の Microsoft Intune を使用します。Pre-provisioned deployments use Microsoft Intune in Windows 10, version 1903 and later. このようなデプロイは、既存の Windows 自動操縦の ユーザー主導型のシナリオ を基に構築されており、Azure Active Directory 参加済みデバイスとハイブリッド Azure Active Directory 参加しているデバイスの両方のユーザー主導モードのシナリオをサポートします。Such deployments build on existing Windows Autopilot user-driven scenarios and support user-driven mode scenarios for both Azure Active Directory joined and Hybrid Azure Active Directory joined devices.

[前提条件]Prerequisites

Windows の自動操縦の要件に加えて、事前プロビジョニングされた展開の Windows 自動操縦にも次のものが必要です。In addition to Windows Autopilot requirements, Windows Autopilot for pre-provisioned deployment also requires:

  • Windows 10 バージョン1903以降。Windows 10, version 1903 or later.
  • Intune サブスクリプション。An Intune subscription.
  • TPM 2.0 およびデバイスの構成証明をサポートする物理デバイス。Physical devices that support TPM 2.0 and device attestation. 仮想マシンはサポートされていません。Virtual machines aren't supported. 事前プロビジョニングプロセスでは、Windows 自動操縦の自己展開機能を使用するため、TPM 2.0 が必要です。The pre-provisioning process uses Windows Autopilot self-deploying capabilities, so TPM 2.0 is required. TPM 構成証明プロセスでは、各 TPM プロバイダーに固有の一連の HTTPS Url にもアクセスする必要があります。The TPM attestation process also requires access to a set of HTTPS URLs that are unique for each TPM provider. 詳細については、「自動操縦セルフデプロイ モード」と「自動操縦の事前プロビジョニング」を参照してください。For more information, see the entry for Autopilot self-Deploying mode and Autopilot pre-provisioning in Networking requirements.
  • 事前プロビジョニングを実行するには、イーサネット接続のある物理デバイスが必要です。Physical devices with Ethernet connectivity are required to perform pre-provisioning. Wi-fi 接続を作成するための言語、ロケール、およびキーボードを選択する必要があるため、wi-fi 接続はサポートされていません。Wi-fi connectivity isn't supported because of the requirement to choose a language, locale, and keyboard to make that Wi-fi connection. 事前プロビジョニングプロセスでこの要件を適用すると、ユーザーがデバイスを受信したときに独自の言語、ロケール、キーボードを選択できなくなる可能性があります。Enforcing this requirement in a pre-provisioning process could prevent the user from choosing their own language, locale, and keyboard when they receive the device. 詳細については、「 Windows 自動操縦用ホワイトグローブでのワイヤレスネットワーク接続の使用」を参照してください。For more information, see Using a wireless network connection with Windows Autopilot white glove.

重要

OEM またはベンダーが事前プロビジョニングプロセスを実行するため、 エンドユーザーのオンプレミスドメインインフラストラクチャへのアクセスは必要ありませんBecause the OEM or vendor performs the pre-provisioning process, this doesn’t require access to an end-user's on-prem domain infrastructure. これは、デバイスの再起動が延期されるため、一般的なハイブリッド Azure AD 結合シナリオとは異なります。This is unlike a typical hybrid Azure AD-joined scenario because rebooting the device is postponed. デバイスは、ドメインコントローラーへの接続が予想される時間前に resealed され、エンドユーザーによってデバイスのオンプレミスのボックス化が解除されると、ドメインネットワークに接続されます。The device is resealed before the time when connectivity to a domain controller is expected, and the domain network is contacted when the device is unboxed on-prem by the end-user.

準備Preparation

事前プロビジョニング用に予定されているデバイスは、通常の登録プロセスを使用して自動操縦用に登録されます。Devices slated for pre-provisioning are registered for Autopilot via the normal registration process.

事前にプロビジョニングされたデプロイのために Windows 自動操縦を試す準備ができたら、まず、既存の Windows 自動操縦のユーザー主導のシナリオを正常に使用できることを確認してください。To be ready to try out Windows Autopilot for pre-provisioned deployment, make sure that you can first successfully use existing Windows Autopilot user-driven scenarios:

  • ユーザー主導の Azure AD 結合。User-driven Azure AD join. Windows 自動操縦を使用してデバイスを展開し、それらを Azure Active Directory のテナントに参加させることができることを確認します。Make sure that you can deploy devices using Windows Autopilot and join them to an Azure Active Directory tenant.
  • Hybrid Azure AD join を使用したユーザー主導。User-driven with Hybrid Azure AD join. Windows 自動操縦を使用してデバイスをデプロイし、オンプレミスの Active Directory ドメインに参加させ、Azure Active Directory に登録して Hybrid Azure AD 参加機能を有効にすることができます。Make sure that you can deploy devices using Windows Autopilot, join them to an on-premises Active Directory domain, and register them with Azure Active Directory to enable the Hybrid Azure AD join features.

これらのシナリオを完了できない場合、事前にプロビジョニングされた展開の Windows 自動操縦は、これらのシナリオの上に構築されるため、成功しません。If these scenarios can't be completed, Windows Autopilot for pre-provisioned deployment will also not succeed since it builds on top of these scenarios.

プロビジョニングサービス機能で事前プロビジョニングプロセスを開始する前に、Intune アカウントを使用して、追加の自動操縦プロファイル設定を構成する必要があります。Before starting the pre-provisioning process in the provisioning service facility, you must configure an additional Autopilot profile setting by using your Intune account:

事前プロビジョニングを許可する

事前プロビジョニングされた展開の事前プロビジョニングプロセスの Windows 自動操縦によって、Intune からのすべてのデバイスターゲットポリシーが適用されます。The Windows Autopilot for pre-provisioned deployment pre-provisioning process will apply all device-targeted policies from Intune. これには、証明書、セキュリティテンプレート、設定、アプリなどが含まれます。これには、デバイスを対象とするすべてのものが含まれます。That includes certificates, security templates, settings, apps, and more – anything targeting the device. また、次の2つの条件を満たしている場合は、Win32 または LOB アプリもインストールされます。Additionally, any Win32 or LOB apps will be installed if they meet these two conditions:

  • デバイスコンテキストでインストールするように構成されています。configured to install in the device context.
  • 自動操縦デバイスに事前に割り当てられているユーザーを対象とします。targeted to the user pre-assigned to the Autopilot device.

Win32 アプリと LOB アプリの両方を同じデバイスに対象としないようにしてください。Make sure not to target both win32 and LOB apps to the same device.

注意

事前プロビジョニングモードに簡単にアクセスできるように、[自動プロファイル] で指定したユーザーとして言語モードを選択します。Select the language mode as user specified in Autopilot profiles to ensure easy access into pre-provisioning mode. 技術の事前プロビジョニングの段階では、デバイスを対象としたすべてのアプリと、割り当てられたユーザーを対象としたユーザー向けのデバイスコンテキストアプリをすべてインストールします。The pre-provisioning technician phase will install all device-targeted apps and any user-targeted, device-context apps that are targeted to the assigned user. ユーザーが割り当てられていない場合は、デバイスを対象としたアプリのみがインストールされます。If there is no assigned user, then it will only install the device-targeted apps. その他のユーザー対象ポリシーは、ユーザーがデバイスにサインインするまで適用されません。Other user-targeted policies will not apply until the user signs into the device. これらの動作を確認するには、デバイスとユーザーを対象とした適切なアプリとポリシーを作成する必要があります。To verify these behaviors, be sure to create appropriate apps and policies targeted to devices and users.

シナリオScenarios

事前に準備されたデプロイの Windows 自動操縦では、次の2つのシナリオがサポートされます。Windows Autopilot for pre-provisioned deployment supports two distinct scenarios:

  • Azure AD Join を使用したユーザー主導の展開。User-driven deployments with Azure AD Join. デバイスは Azure AD テナントに参加します。The device will be joined to an Azure AD tenant.
  • Hybrid Azure AD Join を使用したユーザー主導の展開。User-driven deployments with Hybrid Azure AD Join. デバイスはオンプレミスの Active Directory ドメインに参加し、Azure AD に個別に登録されます。The device will be joined to an on-premises Active Directory domain, and separately registered with Azure AD.

これらの各シナリオは、テクニシャンフローとユーザーフローの2つの部分で構成されています。Each of these scenarios consists of two parts, a technician flow and a user flow. 大まかに言えば、これらの部分は Azure AD Join と Hybrid Azure AD join と同じです。At a high level, these parts are the same for Azure AD Join and Hybrid Azure AD join. これらの違いは、主に認証手順でエンドユーザーに表示されます。The differences are primarily seen by the end user in the authentication steps.

技術者のフローTechnician flow

お客様または IT 管理者が、Intune を使用して自分のデバイスに必要なすべてのアプリと設定を対象にした後は、プロビジョニング前の技術者が事前プロビジョニングプロセスを開始できます。After the customer or IT Admin has targeted all the apps and settings they want for their devices through Intune, the pre-provisioning technician can begin the pre-provisioning process. 技術者は、IT スタッフ、サービスパートナー、または OEM のメンバーである可能性があります。各組織は、これらの活動を実行するユーザーを決定できます。The technician could be a member of the IT staff, a services partner, or an OEM – each organization can decide who should perform these activities. このシナリオにかかわらず、技術者が行うプロセスは同じです。Regardless of the scenario, the process done by the technician is the same:

  • デバイスを起動します (Windows 10 Pro、Enterprise、または教育 Sku、バージョン1903以降を実行している場合)。Boot the device (running Windows 10 Pro, Enterprise, or Education SKUs, version 1903 or later).
  • 最初の OOBE 画面 (言語の選択またはロケール選択画面) で、[ 次へ] をクリックしないでください。From the first OOBE screen (which could be a language selection or locale selection screen), don't click Next. 代わりに、Windows キーを5回押すと、[追加のオプション] ダイアログボックスが表示されます。Instead, press the Windows key five times to view an additional options dialog. この画面で、[ Windows 自動操縦] プロビジョニング オプションを選択し、[ 続行] をクリックします。From that screen, choose the Windows Autopilot provisioning option and then click Continue.

Windows 自動操縦のプロビジョニングオプション

  • [ Windows 自動操縦の構成 ] 画面に、デバイスに関する情報が表示されます。On the Windows Autopilot Configuration screen, information will be displayed about the device:
  • デバイスに割り当てられている自動操縦プロファイル。The Autopilot profile assigned to the device.
  • デバイスの組織名。The organization name for the device.
  • デバイスに割り当てられているユーザー (存在する場合)。The user assigned to the device (if there is one).
  • デバイスの一意の識別子を含む QR コード。A QR code containing a unique identifier for the device. このコードを使用して、Intune でデバイスを検索できます。You can use this code to look up the device in Intune. これを使用して、ユーザーの割り当てや、アプリまたはポリシーのターゲット設定に必要なグループへのデバイスの追加など、構成を変更することができます。You might want to do this to make configuration changes, like assigning a user or adding the device to groups needed for app or policy targeting.
  • : QR コードは、コンパニオンアプリを使用してスキャンできます。Note: The QR codes can be scanned using a companion app. また、アプリは、デバイスが属しているユーザーを指定するようにデバイスを構成します。The app also configures the device to specify who it belongs to. Graph API を使用して Intune と統合された コンパニオンアプリのオープンソースのサンプル は、自動操縦チームによって GitHub に発行されています。An open-source sample of the companion app that integrates with Intune by using the Graph API has been published to GitHub by the Autopilot team.
  • 表示された情報を検証します。Validate the information displayed. 変更が必要な場合は、変更を加え、[ 更新 ] をクリックして、更新された自動実行プロファイルの詳細を再ダウンロードします。If any changes are needed, make the changes and then click Refresh to re-download the updated Autopilot profile details.

Windows 自動操縦の構成画面

  • [ プロビジョニング] をクリックして 、プロビジョニングプロセスを開始します。Click Provision to begin the provisioning process.

事前プロビジョニングプロセスが正常に完了した場合:If the pre-provisioning process completes successfully:

  • 緑の状態の画面に、デバイスに関する情報が表示されます。これについては、前に示したのと同じ詳細が含まれます。A green status screen appears with information about the device, including the same details presented previously. たとえば、自動操縦プロファイル、組織名、割り当てられたユーザー、QR コードなどです。For example, Autopilot profile, organization name, assigned user, and QR code. プロビジョニング前の手順の経過時間も表示されます。The elapsed time for the pre-provisioning steps is also provided. 緑の構成画面Green configuration screen
  • [再 シール ] をクリックして、デバイスをシャットダウンします。Click Reseal to shut down the device. その時点で、デバイスをエンドユーザーに出荷することができます。At that point, the device can be shipped to the end user.

注意

テクニシャンフローは 自己展開モードから動作を継承します。Technician flow inherits behavior from self-deploying mode. Self-Deploying モードのドキュメントでは、[登録のステータス] ページを使用して、デバイスをプロビジョニング状態にし、登録後、ソフトウェアと構成の適用が完了する前に、ユーザーがデスクトップに登録されないようにします。Per the Self-Deploying Mode documentation, it uses the Enrollment Status Page to hold the device in a provisioning state and prevent the user from proceeding to the desktop after enrollment but before software and configuration is done applying. そのため、登録ステータスページが無効になっている場合は、ソフトウェアと構成が適用される前に [再シール] ボタンが表示されることがあります。これにより、技術者のフローの準備が完了する前にユーザーフローに進むことができます。As such, if Enrollment Status Page is disabled, the reseal button may appear before software and configuration is done applying letting you proceed to the user flow before technician flow provisioning is complete. 緑色の画面では、登録が成功したかどうかが検証されます。技術者のフローは必ずしも完成していません。The green screen validates that enrollment was successful, not that the technician flow is necessarily complete.

事前プロビジョニングプロセスが失敗した場合:If the pre-provisioning process fails:

  • 前に示したのと同じ詳細を含め、デバイスに関する情報が赤の状態画面に表示されます。A red status screen appears with information about the device, including the same details presented previously. たとえば、自動操縦プロファイル、組織名、割り当てられたユーザー、QR コードなどです。プロビジョニング前の手順の経過時間も表示されます。For example, Autopilot profile, organization name, assigned user, and QR code.The elapsed time for the pre-provisioning steps is also provided.
  • 診断ログはデバイスから収集できます。その後、リセットしてプロセスを再度開始することができます。Diagnostic logs can be gathered from the device, and then it can be reset to start the process over again.

ユーザー フローUser flow

プロビジョニング前プロセスが正常に完了し、デバイスが resealed された場合は、エンドユーザーに配信できます。If the pre-provisioning process completed successfully and the device was resealed, you can deliver to the end user. エンドユーザーは、次の手順に従って、通常の Windows 自動操縦のユーザー主導のプロセスを完了します。The end user will complete the normal Windows Autopilot user-driven process following these steps:

  • デバイスの電源をオンにします。Power on the device.
  • 適切な言語、ロケール、およびキーボードレイアウトを選択します。Select the appropriate language, locale, and keyboard layout.
  • ネットワークに接続します (Wi-fi を使用している場合)。Connect to a network (if using Wi-Fi). インターネットアクセスは常に必要です。Internet access is always required. Hybrid Azure AD Join を使用する場合は、ドメインコントローラーに接続する必要もあります。If using Hybrid Azure AD Join, there must also be connectivity to a domain controller.
  • ブランド化されたサインオン画面で、ユーザーの Azure Active Directory 資格情報を入力します。On the branded sign-on screen, enter the user’s Azure Active Directory credentials.
  • Hybrid Azure AD Join を使用すると、デバイスが再起動されます。再起動後、ユーザーの Active Directory 資格情報を入力します。If using Hybrid Azure AD Join, the device will reboot; after the reboot, enter the user’s Active Directory credentials.
  • 追加のポリシーとアプリは、登録ステータスページ (ESP) によって追跡されたデバイスに配信されます。Additional policies and apps will be delivered to the device, as tracked by the Enrollment Status Page (ESP). 完了すると、ユーザーはデスクトップにアクセスできるようになります。Once complete, the user will can access the desktop.

ビデオの事前プロビジョニングPre-provisioning video