チュートリアル:Windows 10 のパイロット展開Tutorial: Deploy Windows 10 to pilot

このチュートリアルでは、Desktop Analytics と Configuration Manager を使用して、Windows 10 をパイロット グループに展開します。This tutorial uses Desktop Analytics and Configuration Manager to deploy Windows 10 to a pilot group. オンプレミス製品に Windows を展開するための分析情報を提供するクラウド サービスの統合に焦点を当てています。It highlights the integration of the cloud service to deliver insights to deploy Windows with the on-premises product. Desktop Analytics を使用して、パイロット グループに配置する最適なデバイスを決定します。Use Desktop Analytics to determine the best devices to put in a pilot group. その後、Configuration Manager を使用して、Windows を最新のものにします。Then use Configuration Manager to get current with Windows.

このチュートリアルでは、以下を実行する方法について説明します。In this tutorial, you learn how to:

  • Azure portal で Desktop Analytics をセットアップするSet up Desktop Analytics in the Azure portal
  • Configuration Manager に接続し、デバイス設定を構成するConnect Configuration Manager and configure device settings
  • Windows 10 用の Desktop Analytics 展開計画を作成するCreate a Desktop Analytics deployment plan for Windows 10
  • Configuration Manager を使用して、Windows 10 をパイロット グループに展開するUse Configuration Manager to deploy Windows 10 to the pilot group

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin. 適切に構成すると、Desktop Analytics を使用しても Azure のコストは発生しません。When configured properly, use of Desktop Analytics doesn't incur any Azure cost.

Desktop Analytics では、Azure サブスクリプション内の Log Analytics ワークスペース が使用されます。Desktop Analytics uses a Log Analytics workspace in your Azure subscription. ワークスペースは、基本的には、アカウント情報と、アカウントの単純な構成情報が含まれるコンテナーです。A workspace is essentially a container that includes account information and simple configuration information for the account. 詳しくは、ワークスペースの管理に関するページをご覧ください。For more information, see Manage workspaces.

[前提条件]Prerequisites

このチュートリアルを開始する前に、次の前提条件が満たされていることを確認します。Before you start this tutorial, make sure you have the following prerequisites:

  • グローバル管理者のアクセス許可を持つアクティブな Azure サブスクリプションAn active Azure subscription, with Global Admin permissions

    詳細については、Desktop Analytics の前提条件に関する記事を参照してください。For more information, see Desktop Analytics prerequisites.

  • Configuration Manager バージョン 1902 以降、更新プログラムのロールアップ (4500571) あり、完全な権限を持つ管理者 ロールありConfiguration Manager, version 1902 with update rollup (4500571) or later, with Full administrator role

  • 最新バージョンの Windows 10 のインストール メディアInstallation media for the latest version of Windows 10

  • 以下の構成の少なくとも 1 台の Windows 10 デバイス:At least one Windows 10 device with the following configurations:

    • Windows 10 バージョン 1709 以降。ただし、使用する予定のインストール メディアのバージョンよりも前のバージョンWindows 10, version 1709 or later, but less than the version of the installation media you plan to use

    • 最新の Windows 10 累積的品質更新プログラムThe latest Windows 10 cumulative quality update

    • Configuration Manager クライアント バージョン 1902 以降、更新プログラムのロールアップ (4500571) ありConfiguration Manager client version 1902 with update rollup (4500571) or later

  • パイロット デバイスの Windows 診断データ レベルを [省略可能 (制限あり)] に構成するための業務上の承認Business approval to configure Windows diagnostic data level to Optional (limited) on the pilot devices

    詳細については、Desktop Analytics のプライバシーに関する記事を参照してください。For more information, see Desktop Analytics privacy.

  • デバイスから次のインターネット エンドポイントへのネットワーク接続:Network connectivity from the device to the following internet endpoints:

    • https://v10c.events.data.microsoft.com
    • https://settings-win.data.microsoft.com
    • http://adl.windows.com
    • https://watson.telemetry.microsoft.com
    • https://umwatsonc.events.data.microsoft.com
    • https://ceuswatcab01.blob.core.windows.net
    • https://ceuswatcab02.blob.core.windows.net
    • https://eaus2watcab01.blob.core.windows.net
    • https://eaus2watcab02.blob.core.windows.net
    • https://weus2watcab01.blob.core.windows.net
    • https://weus2watcab02.blob.core.windows.net
    • https://kmwatsonc.events.data.microsoft.com
    • https://oca.telemetry.microsoft.com
    • https://login.live.com
    • https://graph.windows.net (Configuration Manager サーバー ロールのみ)https://graph.windows.net (on Configuration Manager server role only)
    • https://*.manage.microsoft.com (Configuration Manager サーバー ロールのみ)https://*.manage.microsoft.com (on Configuration Manager server role only)

    詳細については、「Desktop Analytics のデータ共有を有効にする」方法を参照してください。For more information, see How to enable data sharing for Desktop Analytics.

重要

これらの前提条件は、このチュートリアルを実行することを目的としています。These prerequisites are for the purposes of this tutorial. Desktop Analytics と Configuration Manager の一般的な前提条件の詳細については、「前提条件」を参照してください。For more information about the general prerequisites for Desktop Analytics with Configuration Manager, see Prerequisites.

Desktop Analytics の設定Set up Desktop Analytics

次の手順に従って、Desktop Analytics にサインインし、サブスクリプション内に構成します。Use this procedure to sign in to Desktop Analytics and configure it in your subscription. この手順は、組織のために Desktop Analytics をセットアップするための 1 回限りのプロセスです。This procedure is a one-time process to set up Desktop Analytics for your organization.

  1. Microsoft 365 デバイス管理で、グローバル管理者 のアクセス許可を持つユーザーとして、Desktop Analytics ポータルを開きます。Open the Desktop Analytics portal in Microsoft 365 Device Management as a user with Global Admin permissions. [スタート] を選択します。Select Start.

  2. [サービス契約に同意する] ページで、サービス契約を確認し、 [同意する] を選択します。On the Accept service agreement page, review the service agreement, and select Accept.

  3. [サブスクリプションを確認してください] ページの [必要な使用条件を満たしているライセンス] の一覧は、Desktop Analytics の Windows デバイスの正常性機能を対象にしています。On the Confirm your subscription page, the list of required qualifying licenses are for Windows device health features of Desktop Analytics. [次へ] を選択して続行します。Select Next to continue.

  4. [ユーザーにアクセス許可を付与する] ページで:On the Give users access page:

    • [Allow Desktop Analytics to manage Directory roles on your behalf](Desktop Analytics による自動的なディレクトリ ロールの管理を許可する) :Desktop Analytics によって、ワークスペースの所有者Desktop Analytics 管理者 ロールが自動的に割り当てられます。Allow Desktop Analytics to manage Directory roles on your behalf: Desktop Analytics automatically assigns the Workspace Owners the Desktop Analytics Administrator role. これらのグループが既に グローバル管理者 である場合、変更はありません。If those groups are already a Global Admin, there's no change.

      このオプションを選択しない場合でも、Desktop Analytics によって、セキュリティ グループのメンバーとしてユーザーが追加されます。If you don't select this option, Desktop Analytics still adds users as members of the security group. グローバル管理者 が、ユーザーに Desktop Analytics 管理者 ロールを手動で割り当てる必要があります。A Global Admin needs to manually assign the Desktop Analytics Administrator role for the users.

      Azure Active Directory での管理者ロールのアクセス許可の割り当てと、Desktop Analytics 管理者 に割り当てられるアクセス許可の詳細については、「Azure Active Directory での管理者ロールのアクセス許可」を参照してください。For more information about assigning administrator role permissions in Azure Active Directory and the permissions assigned to Desktop Analytics Administrators, see Administrator role permissions in Azure Active Directory.

    • ワークスペースと展開計画を作成して管理するために、Desktop Analytics によって、 [ワークスペースの所有者] セキュリティ グループが Azure Active Directory 内に事前構成されます。Desktop Analytics preconfigures the Workspace Owners security group in Azure Active Directory to create and manage workspaces and deployment plans.

      グループにユーザーを追加するには、 [名前または電子メールアドレスを入力してください] セクションに名前または電子メール アドレスを入力します。To add a user to the group, type their name or e-mail address in the Enter name or email address section. 完了したら [次へ] を選択します。When finished, select Next.

  5. [ワークスペースの設定] ページで:On the page to Set up your workspace:

    注意

    次の手順を完了するには、ワークスペースの所有者 のアクセス許可と、Azure サブスクリプションとリソース グループへの追加のアクセス権が必要です。To complete this step, the user needs Workspace Owner permissions and additional access to the Azure subscription and Resource Group. 詳細については、「前提条件」を参照してください。For more information, see prerequisites.

    • Azure サブスクリプションを選択します。Select your Azure subscription.

    • 既存のワークスペースを Desktop Analytics で使用するには、それを選択し、次の手順に進みます。To use an existing workspace for Desktop Analytics, select it, and continue with the next step.

    • Desktop Analytics 用のワークスペースを作成するには、 [ワークスペースの追加] を選択します。To create a workspace for Desktop Analytics, select Add workspace.

      1. [ワークスペース名] を入力します。Enter a Workspace name.

      2. [Select the Azure subscription name for this workspace](このワークスペース用の Azure サブスクリプションの名前を選択する) ドロップダウン リストから、このワークスペース用の Azure サブスクリプションを選択します。Select the drop-down list to Select the Azure subscription name for this workspace, and choose the Azure subscription for this workspace.

      3. リソース グループを [新規作成] するか、 [既存のものを使用] します。Create new Resource group or Use existing.

      4. 一覧から [リージョン] を選択し、 [追加] を選択します。Select the Region from the list, and then select Add.

  6. 新規または既存のワークスペースを選択し、 [Set as Desktop Analytics workspace](Desktop Analytics ワークスペースとして設定) を選択します。Select a new or existing workspace, and then select Set as Desktop Analytics workspace. 次に、 [確認してアクセス権を付与する] ダイアログで [続行] を選択します。Then select Continue in the Confirm and grant access dialog.

  7. 新しいブラウザーのタブで、サインインに使用するアカウントを選択します。In the new browser tab, pick an account to use to sign in. [組織の代理として同意する] オプションを選択し、 [同意する] を選択します。Select the option to Consent on behalf of your organization and select Accept.

    注意

    この同意は、ワークスペース用の Log Analytics 閲覧者ロールを MALogAnalyticsReader アプリケーションに割り当てるためのものです。This consent is to assign the MALogAnalyticsReader application the Log Analytics Reader role for the workspace. このアプリケーション ロールは、Desktop Analytics で必要です。This application role is required by Desktop Analytics. 詳細については、「MALogAnalyticsReader アプリケーション ロール」を参照してください。For more information, see MALogAnalyticsReader application role.

  8. [ワークスペースの設定] ページに戻り、 [次へ] を選択します。Back on the page to Set up your workspace, select Next.

  9. [最後の手順] ページで、 [Desktop Analytics に移動] を選択します。On the Last steps page, select Go to Desktop Analytics. Azure portal に、Desktop Analytics の [ホーム] ページが表示されます。The Azure portal shows the Desktop Analytics Home page.

Configuration Manager を接続するConnect Configuration Manager

次の手順を使用して、Configuration Manager を更新し、Desktop Analytics に接続し、デバイス設定を構成します。Use this procedure to update Configuration Manager, connect to Desktop Analytics, and configure device settings. この手順は、階層をクラウド サービスにアタッチするための 1 回限りのプロセスです。This procedure is a one-time process to attach your hierarchy to the cloud service.

Configuration Manager の更新Update Configuration Manager

Desktop Analytics との統合をサポートするには、Configuration Manager バージョン 1902 の更新プログラムのロールアップ (4500571) をインストールします。Install the Configuration Manager version 1902 update rollup (4500571) to support integration with Desktop Analytics. この更新プログラムの詳細については、「Configuration Manager Current Branch、バージョン 1902 の更新プログラムのロールアップ」を参照してください。For more information on this update, see Update rollup for Configuration Manager current branch, version 1902.

  1. バージョン 1902 の更新プログラムのロールアップを使用してサイトを更新します。Update the site with the update rollup for version 1902. 詳細については、コンソール内の更新プログラムのインストールに関するページを参照してください。For more information, see Install in-console updates.

  2. クライアントを更新します。Update clients. このプロセスを簡単にするには、自動クライアント アップグレードの使用を検討します。To simplify this process, consider using automatic client upgrade. 詳細については、「クライアントをアップグレードする」をご覧ください。For more information, see Upgrade clients.

サービスに接続するConnect to the service

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [Cloud Services] を展開して [Azure サービス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Cloud Services, and select the Azure Services node. リボンの [Azure サービスの構成] を選択します。Select Configure Azure Services in the ribbon.

  2. Azure サービス ウィザードの [Azure サービス] ページで、次の設定を構成します。On the Azure Services page of the Azure Services Wizard, configure the following settings:

    • Configuration Manager のオブジェクトの [名前] を指定します。Specify a Name for the object in Configuration Manager

    • サービスを識別するのに役立つ [説明] を指定します (省略可能)。Specify an optional Description to help you identify the service

    • 利用可能なサービスの一覧から [Desktop Analytics] を選択します。Select Desktop Analytics from the list of available services

    [次へ] を選択します。Select Next.

  3. [アプリ] ページで、適切な [Azure 環境] を選択します。On the App page, select the appropriate Azure environment. 次に、Web アプリの [参照] を選択します。Then select Browse for the web app.

  4. Desktop Analytics 接続用の Azure AD アプリを簡単に追加するために、 [作成] を選択します。Select Create to easily add an Azure AD app for the Desktop Analytics connection.

  5. [サーバー アプリケーションの作成] ウィンドウで、次の設定を構成します。Configure the following settings in the Create Server Application window:

    • アプリケーション名:Azure AD 内のアプリのフレンドリ名。Application Name: A friendly name for the app in Azure AD.

    • ホームページ URL:この値は Configuration Manager では使用されませんが、Azure AD で必要になります。HomePage URL: This value isn't used by Configuration Manager, but required by Azure AD. 既定値は https://ConfigMgrService です。By default this value is https://ConfigMgrService.

    • アプリ ID URI:この値は、Azure AD テナント内で一意である必要があります。App ID URI: This value needs to be unique in your Azure AD tenant. これは、サービスへのアクセスを要求するために Configuration Manager クライアントで使用されるアクセス トークンに含まれます。It's in the access token used by the Configuration Manager client to request access to the service. 既定値は https://ConfigMgrService です。By default this value is https://ConfigMgrService.

    • 秘密鍵の有効期間: ドロップダウン リストから、 [1 年] または [2 年] を選択します。Secret Key validity period: choose either 1 year or 2 years from the drop-down list. 1 年が既定値です。One year is the default value.

    [サインイン] を選択します。Select Sign in. Azure への認証が正常に行われると、ページに参照用の Azure AD テナント名 が表示されます。After successfully authenticating to Azure, the page shows the Azure AD Tenant Name for reference.

    注意

    この手順は、グローバル管理者 として実行してください。これらの資格情報は Configuration Manager では保存されません。Complete this step as a Global Admin. These credentials aren't saved by Configuration Manager. この管理者には Configuration Manager のアクセス許可は必要ありません。また、Azure サービス ウィザードを実行するアカウントと同じものである必要もありません。This persona doesn't require permissions in Configuration Manager, and doesn't need to be the same account that runs the Azure Services Wizard.

    [OK] を選択して Azure AD で Web アプリを作成し、サーバー アプリケーションの作成ダイアログを閉じます。Select OK to create the web app in Azure AD and close the Create Server Application dialog. [サーバー アプリ] ダイアログで、 [OK] を選択します。On the Server App dialog, select OK. 次に、Azure サービス ウィザードの [アプリ] ページで、[次へ] を選択します。Then select Next on the App page of the Azure Services Wizard.

  6. [診断データ] ページで、次の設定を構成します。On the Diagnostic Data page, configure the following settings:

    • 商用 ID: この値には、組織の ID が自動的に入力されます。Commercial ID: this value should automatically populate with your organization's ID

    • Windows 10 診断データ レベル: 少なくとも [省略可能 (制限あり)] を選択します。Windows 10 diagnostic data level: select at least Optional (limited)

    • [診断データでデバイス名を許可する] : [有効にする] を選択します。Allow Device Name in diagnostic data: select Enable

    [次へ] を選択します。Select Next. [利用可能な機能] ページには、前のページの診断データの設定で使用できる Desktop Analytics 機能が表示されます。The Available functionality page shows the Desktop Analytics functionality that's available with the diagnostic data settings from the previous page. [次へ] を選択します。Select Next.

  7. [コレクション] ページで、次の設定を構成します。On the Collections page, configure the following settings:

    • [表示名] :Desktop Analytics ポータルでは、この Configuration Manager 接続が、この名前を使用して表示されます。Display name: The Desktop Analytics portal displays this Configuration Manager connection using this name. 異なる階層を区別するために使用してください。Use it to differentiate between different hierarchies. 例: "テスト ラボ" や "実稼働"。For example, test lab or production.

    • ターゲット コレクション:このコレクションには、商用 ID と診断データの設定を使用して Configuration Manager によって構成されるすべてのデバイスが含まれます。Target collection: This collection includes all devices that Configuration Manager configures with your commercial ID and diagnostic data settings. それは、Configuration Manager によって Desktop Analytics サービスに接続されるデバイスの完全なセットです。It's the full set of devices that Configuration Manager connects to the Desktop Analytics service.

    • ターゲット コレクション内のデバイスでは、送信方向の通信にユーザー認証済みプロキシが使用されます:既定では、この値は [いいえ] です。Devices in the target collection use a user-authenticated proxy for outbound communication: By default, this value is No. 環境内で必要な場合は、 [はい] に設定します。If needed in your environment, set to Yes.

    • Desktop Analytics と同期する特定のコレクションを選択します:追加のコレクションを指定するには、 [追加] を選択します。Select specific collections to synchronize with Desktop Analytics: Select Add to include additional collections. これらのコレクションは、Desktop Analytics ポータルで展開計画を使用してグループ化するために使用できます。These collections are available in the Desktop Analytics portal for grouping with deployment plans. パイロット コレクションとパイロット除外コレクションが含まれていることを確認してください。Make sure to include pilot and pilot exclusion collections.

      これらのコレクションは、メンバーシップが変更されても引き続き同期されます。These collections continue to sync as their membership changes. たとえば、展開計画で、Windows 7 のメンバーシップ規則付きのコレクションを使用するとします。For example, your deployment plan uses a collection with a Windows 7 membership rule. これらのデバイスが Windows 10 にアップグレードされ、Configuration Manager によってコレクションのメンバーシップが評価されると、これらのデバイスはコレクションと展開計画から削除されます。As those devices upgrade to Windows 10, and Configuration Manager evaluates the collection membership, those devices drop out of the collection and deployment plan.

  8. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

Configuration Manager によって、ターゲット コレクション内にデバイスを構成するための設定ポリシーが作成されます。Configuration Manager creates a settings policy to configure devices in the Target Collection. このポリシーには、デバイスが Microsoft にデータを送信できるようにする診断データの設定が含まれています。This policy includes the diagnostic data settings to enable devices to send data to Microsoft. 既定では、クライアントでのポリシーの更新は 1 時間ごとに行われます。By default, clients update policy every hour. 新しい設定を受信した後、Desktop Analytics でデータが使用可能になるまでに数時間以上かかる可能性があります。After receiving the new settings, it can be several hours more before the data is available in Desktop Analytics.

注意

これらの設定の詳細については、「Windows の設定」を参照してください。For more information on these settings, see Windows settings.

Desktop Analytics 用のデバイスの構成を監視します。Monitor the configuration of your devices for Desktop Analytics. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースにアクセスし、 [Desktop Analytics サービス] ノードを展開し、 [接続の正常性] ダッシュボードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand the Desktop Analytics Servicing node, and select the Connection Health dashboard.

接続の作成後、コレクションが、Configuration Manager によって 60 分以内に同期されます。Configuration Manager synchronizes your collections within 60 minutes of creating the connection. Desktop Analytics ポータルで、 [グローバル パイロット] にアクセスし、Configuration Manager デバイス コレクションを確認します。In the Desktop Analytics portal, go to Global Pilot, and see your Configuration Manager device collections. ポータルの残りの部分に完全なデータが表示されるまでには 2、3 日かかる場合があります。It may take two to three days for the rest of the portal to show complete data. 詳細については、「データ待機時間」をご覧ください。For more information, see Data latency.

Desktop Analytics 展開計画を作成するCreate a Desktop Analytics deployment plan

次の手順を使用して、Desktop Analytics で展開計画を作成します。Use this procedure to create a deployment plan in Desktop Analytics.

  1. Desktop Analytics ポータルを開きます。Open the Desktop Analytics portal. 少なくとも ワークスペースの共同作成者 のアクセス許可を持つ資格情報を使用します。Use credentials that have at least Workspace Contributors permissions.

  2. [管理] グループの [展開計画] を選択します。Select Deployment Plans in the Manage group.

  3. [展開計画] ウィンドウで、 [作成] を選択します。In the Deployment Plans pane, select Create.

  4. [展開プランを作成] ウィンドウで、次の設定を構成します。In the Create deployment plan pane, configure the following settings:

    • 名前:展開計画の一意の名前 (例: Windows 10 pilot)。Name: A unique name for the deployment plan, for example Windows 10 pilot

    • [製品とバージョン] : 展開する Windows 10 のバージョンを選択します。Products and versions: Choose which Windows 10 version to deploy. 最新バージョンを使用する展開計画を作成することをお勧めします。Microsoft recommends creating deployment plans that use the most recent version.

    • [デバイス グループ] : [Configuration Manager] タブで 1 つまたは複数のグループを選択し、 [ターゲット グループとして設定] を選択します。Device groups: Select one or more groups from the Configuration Manager tab, and then select Set as Target Groups. これらのグループは、Configuration Manager から同期されるコレクションです。These groups are collections synchronized from Configuration Manager.

    • 準備ルール:これらのルールは、どのデバイスがアップグレードの対象になるかを判断するのに役立ちます。Readiness rules: These rules help to determine which devices qualify for upgrade. [Windows OS] を選択し、次の設定を構成します。Select Windows OS and configure the following settings:

      • ドライバーを自動的に Windows Update から取得する:既定の設定は [オフ] です。これは、Configuration Manager を使用して展開する場合に推奨される設定です。My computers automatically get drivers from Windows Update: The default setting is Off, which is recommended when deploying with Configuration Manager.

      • アプリの低インストール数しきい値を定義します:既定の設定は [2%] です。Define a low install count threshold for your apps: The default setting is 2%. このしきい値を下回るアプリには、自動的に " [低インストール数] " が設定されます。Apps below this threshold are automatically set to Low install count. パイロット中は、Desktop Analytics によるこれらのアドインの検証は行われません。Desktop Analytics doesn't validate these add-ins during the pilot.

        このしきい値よりも高い割合のコンピューターにアプリがインストールされている場合、展開計画では、アプリは " [注目] " とマークされます。If an app is installed on a higher percentage of computers than this threshold, the deployment plan marks the app as Noteworthy. その後、パイロット フェーズ中にテストするための重要度を決定できます。Then you can decide its importance to test during the pilot phase.

    • 完了日:その日までに対象となるすべてのデバイスに Windows を完全に展開する日付を選択します。Completion date: Choose the date by which Windows should be fully deployed to all the targeted devices.

  5. [作成] を選択します。Select Create. 新しい計画は、その処理中に展開計画の一覧に表示されます。The new plan appears in the list of deployment plans while its being processed. 処理を早めるには、オンデマンドのデータ更新を要求します。To expedite processing, request an on-demand data refresh. 詳細については、「Desktop Analytics の FAQを参照してください。For more information, see Desktop Analytics FAQ.

  6. 展開計画を、その名前を選択して開きます。Open the deployment plan by selecting its name.

  7. [展開計画] メニューの [準備] グループで、 [重要度を指定] を選択します。On the deployment plan menu, in the Prepare group, select Identify importance.

    1. [アプリ] タブで、 [未プレビュー] を選択して、プレビューされていない資産のみを表示します。On the Apps tab, select to show only Not Reviewed assets.

    2. 各アプリを選択し、 [編集] を選択します。Select each app, and then select Edit. 複数のアプリを選択して、同時に編集できます。You can select more than one app to edit at the same time.

    3. [重要度] の一覧から重要度レベルを選択します。Choose an importance level from the Importance list. パイロット中に Desktop Analytics でアプリを検証する場合は、 [クリティカル] または [重要] を選択します。If you want Desktop Analytics to validate the app during the pilot, select Critical or Important. [重要ではない] とマークされたアプリは検証されません。It doesn't validate apps marked as Not Important. 重要度レベルを割り当てるときは、その互換性と他の計画の分析情報を評価します。Assess its compatibility and other plan insights when assigning importance levels.

      重要度レベルを割り当てるときに、アップグレードの決定を選択することもできます。When assigning importance levels, you can also choose the Upgrade decision.

    4. 完了したら [保存] を選択します。Select Save when complete.

  8. [展開計画] メニューの [準備] グループで、 [パイロットの識別] を選択します。On the deployment plan menu, in the Prepare group, select Identify pilot.

    1. パイロット用に推奨されているデバイスを確認します。Review the recommended devices for the pilot.

    2. 各デバイスを選択し、 [パイロットに追加] を選択します。Select each device, and select Add to Pilot. 推奨に同意しない場合は、 [置換] を選択します。If you disagree with the recommendation, select Replace.

      Desktop Analytics によってこれらの推奨がどのように行われているかの詳細については、 [パイロットの識別] ウィンドウの右上隅にある情報アイコンを選択してください。For more information on how Desktop Analytics makes these recommendations, select the information icon in the top right corner of the Identify pilot pane.

  9. 展開プランメニューの [準備] グループで、 [パイロットの準備] を選択します。On the deployment plan menu, in the Prepare group, select Prepare pilot.

    1. [アプリ] および [ドライバー] タブで、Microsoft の既知の問題がある資産を確認します。Review the assets with Microsoft known issues across the Apps and Drivers tabs.

    2. パイロット デバイスのブロックを解除するには、 [アップグレードの決定][準備完了] または [準備完了 (修復あり)] に変更します。To unblock your pilot devices, change the Upgrade Decision to Ready or Ready (with remediation).

Configuration Manager で Windows 10 を展開するDeploy Windows 10 in Configuration Manager

次の手順を使用して、Configuration Manager で Windows 10 をパイロット グループに展開します。Use this procedure to deploy Windows 10 in Configuration Manager to the pilot group.

Windows 10 の OS アップグレード パッケージを作成するCreate an OS upgrade package for Windows 10

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して、 [オペレーティング システム アップグレード パッケージ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Operating System Upgrade Packages node.

  2. リボンの [ホーム] タブの [作成] グループで、 [オペレーティング システム アップグレード パッケージの追加] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Create group, select Add Operating System Upgrade Package. このアクションにより、オペレーティング システム アップグレード パッケージの追加ウィザードが開始されます。This action starts the Add Operating System Upgrade Wizard.

  3. [データ ソース] ページで、OS アップグレード パッケージのインストール ソース ファイルのネットワーク パス を指定します。On the Data Source page, specify the network Path to the installation source files of the OS upgrade package. たとえば、\\server\share\path となります。For example, \\server\share\path.

    注意

    インストール ソース ファイルには、OS をインストールするための setup.exe やその他のファイルとフォルダーが含まれています。The installation source files contain setup.exe and other files and folders to install the OS.

  4. [全般] ページで、OS アップグレード パッケージの一意の [名前] を指定します。On the General page, specify a unique Name for the OS upgrade package.

  5. オペレーティング システム アップグレード パッケージの追加ウィザードを完了します。Complete the Add Operating System Upgrade Package Wizard.

コンテンツの配布Distribute content

次に、配布ポイントに OS アップグレード パッケージを配布します。Next, distribute the OS upgrade package to distribution points.

  1. 一覧から OS アップグレード パッケージを選択します。Select the OS upgrade package in the list. リボンの [ホーム] タブの [展開] グループで、 [コンテンツの配布] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Deployment group, select Distribute Content. コンテンツの配布ウィザードが開きます。The Distribute Content Wizard opens.

  2. [全般] ページで、一覧に表示されているコンテンツが配布対象のコンテンツであることを確認し、 [次へ] をクリックします。On the General page, verify that the content listed is the content that you want to distribute, and then select Next.

  3. [コンテンツの配布先] ページで、 [追加] をクリックし、 [配布ポイント] をクリックします。On the Content Destination page, select Add, and choose Distribution Point. 既存の配布ポイントを選択し、 [OK] をクリックします。Select an existing distribution point, and then select OK. コンテンツの配布先の追加が完了したら、 [次へ] を選択します。When you finish adding content destinations, select Next.

  4. コンテンツの配布ウィザードを完了します。Complete the Distribute Content Wizard.

Windows 10 の OS アップグレード タスク シーケンスを作成するCreate an OS upgrade task sequence for Windows 10

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select Task Sequences.

  2. リボンの [ホーム] タブにある [作成] グループで、 [タスク シーケンスの作成] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Create group, select Create Task Sequence.

  3. タスク シーケンスの作成ウィザードの [新しいタスク シーケンスの作成] ページで、 [オペレーティング システムをアップグレード パッケージからアップグレードする] を選択してから、 [次へ] を選択します。On the Create a New Task Sequence page of the Create Task Sequence Wizard, select Upgrade an operating system from an upgrade package, and then select Next.

  4. [タスク シーケンス情報] ページで、タスク シーケンスを識別する [タスク シーケンス名] を指定します。On the Task Sequence Information page, specify a Task sequence name that identifies the task sequence.

  5. [Windows オペレーティング システムのアップグレード] ページで次の設定を指定し、 [次へ] をクリックします。On the Upgrade the Windows Operating System page, specify the following settings, and then select Next:

    • [アップグレード パッケージ] :OS のアップグレードのソース ファイルを含むアップグレード パッケージを指定します。Upgrade package: Specify the upgrade package that contains the OS upgrade source files.

    • [エディション インデックス] :複数の OS のエディション インデックスをパッケージから入手できる場合、希望のエディション インデックスを選択します。Edition index: If there are multiple OS edition indexes available in the package, select the desired edition index. 既定では、最初のインデックスが選択されます。By default, the wizard selects the first index.

    • プロダクト キー:インストールする OS の Windows プロダクト キーを指定します。Product key: Specify the Windows product key for the OS to install. エンコードされたボリューム ライセンス キーまたは標準のプロダクト キーを指定します。Specify encoded volume license keys or standard product keys. 標準のプロダクト キーを使う場合は、5 つの各文字グループをダッシュ (-) で区切ります。If you use a standard product key, separate each group of five characters by a dash (-). 次に例を示します。XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXXFor example: XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX. ボリューム ライセンス版のアップグレードの場合、プロダクト キーは必要ないことがあります。When the upgrade is for a volume license edition, the product key may not be required.

      注意

      このプロダクト キーは、マルチ ライセンス認証キー (MAK) または汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK) でもかまいません。This product key can be a multiple activation key (MAK), or a generic volume licensing key (GVLK). GVLK は、キー管理サービス (KMS) クライアント セットアップ キーとも呼ばれます。A GVLK is also referred to as a key management service (KMS) client setup key. 詳細については、「ボリューム ライセンス認証の計画」を参照してください。For more information, see Plan for volume activation. KMS クライアント セットアップ キーの一覧については、Windows Server のライセンス認証ガイドの「付録 A」を参照してください。For a list of KMS client setup keys, see Appendix A of the Windows Server activation guide.

  6. [更新プログラムを含める] ページで、 [次へ] を選択して、ソフトウェアの更新プログラムをインストールしないようにします。On the Include Updates page, select Next to not install any software updates.

  7. [アプリケーションのインストール] ページで、 [次へ] を選択して、アプリケーションをインストールしないようにします。On the Install Applications page, select Next to not install any applications.

  8. タスク シーケンスの作成ウィザードを完了します。Complete the Create Task Sequence Wizard.

Desktop Analytics 展開計画を使用してタスク シーケンス を展開するDeploy the task sequence using the Desktop Analytics deployment plan

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] に移動し、 [Desktop Analytics サービス] ノードを展開し、 [展開計画] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library, expand Desktop Analytics Servicing, and select the Deployment Plans node.

  2. 使用する Windows 10 パイロット展開計画を選択し、リボンの [展開計画の詳細] を選択します。Select your Windows 10 pilot deployment plan, and then select Deployment Plan Details in the ribbon.

  3. [パイロットの状態] タイルで、 [展開] を選択します。In the Pilot status tile, select Deploy.

  4. ソフトウェアの展開ウィザードの [全般] ページで、 [タスク シーケンス] フィールドの横にある [参照] を選択します。On the General page of the Deploy Software Wizard, select Browse next to the Task sequence field. Windows 10 のインプレース アップグレード タスク シーケンスを選択し、 [次へ] を選択します。Select your Windows 10 in-place upgrade task sequence, and select Next.

    注意

    Desktop Analytics の統合により、Configuration Manager によって、展開計画用のパイロット コレクションと実稼働コレクションが自動的に作成されます。With the Desktop Analytics integration, Configuration Manager automatically creates pilot and production collections for the deployment plan. これらのコレクションを使用できるようになる前に、それらが同期されるまでに時間がかかることがあります。Before you can use them, it can take time for these collections to synchronize. 詳細については、トラブルシューティング (データの遅延)に関する記事を参照してください。For more information, see Troubleshoot - Data latency.

    このコレクションは、Desktop Analytics 展開計画デバイス用に予約されています。This collection is reserved for Desktop Analytics deployment plan devices. このコレクションに対する手動での変更はサポートされていません。Manual changes to this collection aren't supported.

  5. [コンテンツ] ページで、 [追加] をクリックし、 [配布ポイント] をクリックします。On the Content page, select Add, and then select Distribution point. インストール コンテンツをホストするために使用できる配布ポイントを選択し、 [OK] を選択します。Select an available distribution point to host the installation content, and select OK. その後、 [次へ] を選択します。Then select Next.

  6. [展開設定] ページで、 [次へ] を選択して、既定の設定をそのまま使用しますOn the Deployment Settings page, select Next to accept the default settings. (利用可能なインストール)。(An available installation.)

  7. [Scheduling](スケジュール設定) ページで、 [次へ] を選択して、既定の設定をそのまま使用しますOn the Scheduling page, select Next to accept the default settings. (直ちに利用可能)。(Available as soon as possible.)

  8. [ユーザー エクスペリエンス] ページで、 [次へ] を選択して、既定値をそのまま使用しますOn the User Experience page, select Next to accept the default settings. (ソフトウェア センターに、コンピューターの再起動通知のみ表示されます)。(Display in Software Center and only show notifications for computer restarts.)

  9. [アラート] ページで、 [次へ] を選択して、既定の設定をそのまま使用します。On the Alerts page, select Next to accept the default settings.

  10. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

ソフトウェア センターからタスク シーケンスをインストールするInstall the task sequence from Software Center

  1. パイロット展開計画のメンバーであるデバイスにサインインします。Sign in to a device that's a member of the pilot deployment plan.

  2. ソフトウェア センター を開き、Windows 10 の利用可能なオペレーティング システムをインストールします。Open Software Center and install the available operating system for Windows 10.

次のステップNext steps

次の記事に進んで、Desktop Analytics の展開計画の詳細を確認します。Advance to the next article to learn more about Desktop Analytics deployment plans.