Desktop Analytics の FAQDesktop Analytics FAQ

[前提条件]Prerequisites

Intune マネージド デバイスでクラウド対応の分析を使用できますか。Can I use cloud-enabled analytics with Intune-managed devices?

現在、そうではありませんが、Microsoft Ignite 2019 で分析情報に基づくデバイス管理に関するお知らせを参照してください。Not today, but see the announcement from Microsoft Ignite 2019 on insights-driven device management. この計画されたソリューションは、デバイスの正常性と Upgrade Readiness の後継です。This planned solution is a successor to Device Health and Upgrade Readiness.

Desktop Analytics ワークフローを活用しているお客様の大部分は、Configuration Manager を使用して Windows を展開しています。The vast majority of customers that can benefit from the Desktop Analytics workflow use Configuration Manager to deploy Windows. Intune のお客様も分析データから得られる追加の分析情報を好まれていることを理解しており、そのようなお客様とも分析情報を共有する方法の開発に取り組んでいます。We know Intune customers love the additional insights from analytics data, and we're working on ways to share insights with them as well.

72 時間経過したのに、ポータルではまだデータが処理されています。どうすればよいですか?It's been over 72 hours and the portal is still processing data, what next?

初めて Desktop Analytics をセットアップするときは、Configuration Manager と Desktop Analytics ポータルのレポートで、完全なデータがすぐに表示されない場合があります。When you first set up Desktop Analytics, the reports in Configuration Manager and the Desktop Analytics portal may not show complete data right away. サービスでデータが処理されるまで、2-3 日かかることがあります。It can take 2-3 days for the service to process the data. 72 時間以上経ってもまだ、ポータルでデータが処理されている場合は、以下のようにしてください。If it's been over 72 hours, and the portal is still processing data, follow these steps:

デバイスが正しく構成されていても、ワークスペースにデータが表示されない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせくださいIf devices are properly configured, and you're still not seeing data in your workspace, contact Microsoft support.

Configuration Manager を接続するConnect Configuration Manager

ターゲットまたは追加のコレクションを変更できますか?Can I change the target or additional collections?

はい。次のプロセスを使用してください。Yes, use the following process:

  • Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [Cloud Services] を展開して [Azure サービス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Cloud Services, and select the Azure Services node. Desktop Analytics サービスに関連付けられているエントリのプロパティを開きます。Open the properties for the entry associated with your Desktop Analytics service.

  • [Desktop Analytics 接続] タブで、 [ターゲット コレクション] を変更するか、追加のコレクションを管理します。On the Desktop Analytics Connection tab, change the Target Collection or manage the additional collections.

注意

追加のコレクションの一覧には、20 個を超えるコレクションを含めないでください。Don't include more than 20 collections to the list of additional collections. 各コレクション内のデバイスの合計数に注意してください。Be cautious about the total number of devices in each collection. グローバル パイロットの含めるコレクションと除外するコレクションを常に含めてください。Always include your Global pilot include and exclude collections.

重要

Configuration Manager により、設定ポリシーを使用して、ターゲット コレクションのデバイスが構成されます。Configuration Manager uses a settings policy to configure devices in the target collection. このポリシーには、デバイスが Microsoft にデータを送信できるようにする診断データの設定が含まれています。This policy includes the diagnostic data settings to enable devices to send data to Microsoft. ターゲット コレクションを変更しても、ターゲット コレクションに存在しなくなったデバイスの設定ポリシーは元に戻されません。Changing the target collection doesn't undo the settings policy on devices no longer in the target collection. デバイスによる診断データの送信を続行しない場合は、デバイスを構成しなおしますIf you don't want your devices to continue sending diagnostic data, reconfigure the devices.

Windows のアップグレードWindows upgrade

Windows をアップグレードして、アーキテクチャを変更できますか?Can I upgrade Windows and change architecture?

Desktop Analytics は、インプレース アップグレードを最適にサポートするように設計されています。Desktop Analytics is designed to best support in-place upgrades. インプレース アップグレードでは、32 ビット アーキテクチャから 64 ビット アーキテクチャへの移行はサポートされていません。In-place upgrades don't support migrations from 32-bit to 64-bit architecture. このシナリオでコンピューターを移行する必要がある場合は、更新のシナリオを使用します。If you need to migrate computers in this scenario, use the refresh scenario. このシナリオでは、Desktop Analytics の分析情報が依然として有益ですが、アップグレード固有のガイダンスは無視してかまいません。Desktop Analytics insights are still valuable in this scenario, but you can ignore upgrade-specific guidance.

詳細については、新しいバージョンの Windows での既存のコンピューターの更新に関するページを参照してください。For more information, see Refresh an existing computer with a new version of Windows.

Windows をアップグレードするときに、BIOS から UEFI に変更できますか?Can I change from BIOS to UEFI when upgrading Windows?

はい。Yes. 詳しくは、「インプレース アップグレード時に BIOS から UEFI に変換する」をご覧ください。For more information, see Convert from BIOS to UEFI during an in-place upgrade.

Windows 10 LTSC で Desktop Analytics を使用できますか?Can I use Desktop Analytics with Windows 10 LTSC?

バージョン 2010 以降では、Configuration Manager を使用して、Desktop Analytics に Windows 10 Enterprise の長期サービス チャネル (LTSC) 2019 を登録できます。Starting in version 2010, you can use Configuration Manager to enroll Windows 10 Enterprise long-term servicing channel (LTSC) 2019 devices to Desktop Analytics. これらのデバイスを登録したら、展開計画でそれらを評価して、LTSC から年 2 回のサービス チャネルに切り替えることができます。Once you enroll these devices, you can evaluate them in your deployment plans to shift from LTSC to the semi-annual servicing channel.

Desktop Analytics ポータルでデータが更新されるまでにかかる時間を短縮できますか?Can I reduce the amount of time it takes for data to refresh in my Desktop Analytics portal?

Desktop Analytics ポータルには次の 2 種類のデータがあります: 管理者データと診断データ。There are two types of data in the Desktop Analytics portal: Administrator data and diagnostic data. 必要に応じて管理者データを更新するには、データ更新状態ポップアップを開き、 [変更の適用] を選択します。To refresh administrator data on-demand, open the data currency flyout and select Apply changes. この操作により、ワークスペースで保留中の管理者変更が 1 回だけ更新されます。This action immediately triggers a one-time refresh of any pending administrator changes in your workspaces. 変更は反映され、一般に 15 から 60 分以内に利用可能になります。The changes propagate and are generally available within 15-60 minutes. タイミングは、ワークスペースのサイズと、保留中の変更の範囲によって異なります。The timing depends on the size of your workspace and the scope of pending changes. オンデマンドのデータ更新は、24 時間以内に最大 6 回まで要求できます。You can request an on-demand data refresh up to six times within a 24-hour period.

オンデマンドのデータ更新を要求しない場合でも、すべてのデータが毎日 1 回自動的に更新されます。All data is updated automatically once daily, even if you don't request an on-demand data refresh. 診断データのオンデマンド更新をトリガーする方法はありません。There's no way to trigger an on-demand refresh of diagnostic data. Desktop Analytics におけるさまざまな種類のデータについて詳しくは、「データ待機時間」をご覧ください。For more information about the different types of data in Desktop Analytics, see Data latency.

プライバシーPrivacy

Microsoft Data Management Service への直接クライアント接続がなくても、Desktop Analytics を使用できますか?Can Desktop Analytics be used without a direct client connection to the Microsoft Data Management Service?

いいえ。サービス全体で Windows 診断データを使用しているので、デバイスにこの直接接続がある必要があります。No, the entire service is powered by Windows diagnostic data, which requires that devices have this direct connectivity.

データ センターの場所を選択できますか?Can I choose the data center location?

Azure Log Analytics の場合: はい。Desktop Analytics を設定し、Log Analytics ワークスペースを作成するとき。For Azure Log Analytics: Yes, when you set up Desktop Analytics and create the Log Analytics workspace.

Microsoft Data Management Service および Analytics Azure Storage の場合: いいえ、これらの 2 つのサービスは米国でホストされています。For the Microsoft Data Management Service and Analytics Azure Storage: No, these two services are hosted in the United States.

組織のデータはどこに格納されますか?Where is my organization's data stored?

コンピューターからの Windows 診断データは暗号化され、米国にある Microsoft が管理するセキュリティで保護されたデータ センターに送信されて、処理されます。Windows diagnostic data from your computers is encrypted, sent to, and processed at Microsoft-managed secure data centers located in the United States. Desktop Analytics 関連のデータの分析は、Azure portal の Desktop Analytics ソリューションを通じて提供されます。Microsoft provides the analysis of the Desktop Analytics-related data to you through the Desktop Analytics solution in the Azure portal. Desktop Analytics は、Log Analytics を使用できるほとんどのリージョンでサポートされています。Desktop Analytics is supported in most regions where Log Analytics is available. 国際 Azure リージョンを選択した場合でも、診断データは米国内の Microsoft のセキュリティで保護されたデータ センターに送信され、処理されます。If you select an international Azure region, your diagnostic data is still sent to and processed in Microsoft's secure data centers in the United States.

既存の Windows Analytics のお客様Existing Windows Analytics customers

重要

Windows Analytics サービスは、2020 年 1 月 31 日をもって廃止されています。The Windows Analytics service is retired as of January 31, 2020.

詳細については、KB 4521815:Windows Analytics の廃止 (2020 年 1 月 31 日) に関するページをご確認ください。For more information, see KB 4521815: Windows Analytics retirement on January 31, 2020.

Desktop Analytics と共に Update Compliance を使用できますか?Can I use Update Compliance together with Desktop Analytics?

はい。Yes. 現在 Azure portal で Update Compliance を使用している場合は、現在も 2020 年 1 月以降も引き続きそうすることができます。If you use Update Compliance in the Azure portal today, you can continue to do so now and beyond January 2020.

詳細については、KB 4521815:Windows Analytics の廃止 (2020 年 1 月 31 日) に関するページをご確認ください。For more information, see KB 4521815: Windows Analytics retirement on January 31, 2020.

Desktop Analytics で使用できない Windows Analytics の機能はありますか?Are there any Windows Analytics features that aren't available in Desktop Analytics?

はい。Windows Analytics の次の機能は、廃止されたか、Desktop Analytics でまだ利用できません。Yes, the following Windows Analytics features were either retired or aren't yet available in Desktop Analytics:

全般General

  • Configuration Manager を必要としないシナリオのサポート。Support for scenarios that don't require Configuration Manager. たとえば、Intune のサポートなどです。For example, Intune support.
  • 有効な Windows ライセンスと E3、E5 のライセンス前提条件Licensing prerequisite of any valid Windows license versus E3, E5
  • Azure AD テナントごとの複数のワークスペースのサポートSupport for multiple workspaces per Azure AD tenant
  • カスタム クエリを実行し、未加工のソリューション データをエクスポートする機能Ability to run custom queries and export raw solution data
  • カスタム レポートのデータ モデル ドキュメントData model documentation for custom reports

Upgrade ReadinessUpgrade Readiness

Update ComplianceUpdate Compliance

  • Windows Update for Business のサポートSupport for Windows Update for Business
  • 配信の最適化の分析情報Delivery Optimization insights
  • Windows 10 長期サービス チャネル (LTSC) のサポートSupport for Windows 10 long-term servicing channel (LTSC)
  • Windows Insider レポートWindows Insider reports
  • Windows Defender の状態Windows Defender status

注意

Desktop Analytics では利用できない機能を含め、既存のすべての Update Compliance の機能は、Azure portal の Update Compliance ソリューションで引き続き使用できます。All existing Update Compliance features, including those not available in Desktop Analytics, remain available in the Update Compliance solution in the Azure portal.

デバイスの正常性Device Health

  • ドライバーの正常性Driver health
  • アプリの正常性 (展開計画の範囲外)App health (outside of a deployment plan)
  • 頻繁にクラッシュするデバイスまたはドライバーに起因するクラッシュFrequently crashing devices or driver-induced crashes
  • Windows サインインの正常性Windows sign-in health
  • Windows Information ProtectionWindows Information Protection
  • Windows Server のサポートSupport for Windows Server

その他Other

Desktop Analytics で新しい Windows リリースがすぐに利用できないのはなぜですか。Why aren't new Windows releases available immediately in Desktop Analytics?

Desktop Analytics では、複数のシグナルを使用して、アプリケーションに関する互換性評価を生成します。Desktop Analytics uses several signals to generate the compatibility assessment for applications. これらのシグナルの 1 つは、Ready for Windows データです。One of these signals is Ready for Windows data. このデータは、Microsoft とデータを共有する商用デバイスからの、アプリケーションと OS のバージョンのすべての組み合わせの導入の状態に基づいています。This data is based on the adoption status of every combination of application and OS versions from commercial devices that share data with Microsoft. この信号は、新しい OS リリースの一般提供後、30 から 60 日経過するとより正確になります。This signal is more accurate from 30 to 60 days after the general availability of a new OS release. ご利用の資産の多くに、互換性リスク評価として Unknown または Insufficient data が含まれるのを回避するために、ターゲット OS バージョンのリストに追加するまで 1 から 2 か月時間をおいています。To avoid many of your assets having an Unknown or Insufficient data compatibility risk assessment, we wait 1-2 months before we add it to the list of target OS versions.

Microsoft 365 Apps のアップグレードに Desktop Analytics を使用できますか?Can I use Desktop Analytics for my Microsoft 365 Apps upgrades?

いいえ。Desktop Analytics は Windows が対象です。No, Desktop Analytics is focused on Windows. Microsoft は、多くのお客様と密接に協力して Desktop Analytics を開発しました。Microsoft developed Desktop Analytics in close collaboration with many customers. お客様からのフィードバックは、Desktop Analytics によって Windows の展開を確実に管理する方法に関するものです。Customer feedback is about how Desktop Analytics improves their ability to confidently manage Windows deployments. また、Microsoft 365 Apps の準備を Configuration Manager および Intune の Microsoft 365 Apps 管理ツールともっと緊密に統合してほしいという要望もありました。They also tell us they want Microsoft 365 Apps readiness more closely integrated with Microsoft 365 Apps management tools in Configuration Manager and Intune. Microsoft では、Desktop Analytics での Windows のシナリオに重点を置いて、これらの領域に関する取り組みを続けています。Microsoft continues to invest in those areas, while focusing on Windows scenarios in Desktop Analytics.

Desktop Analytics に関するフィードバックを提供するにはどうすればよいですか?How can I provide feedback about Desktop Analytics?

Desktop Analytics に関するフィードバックを共有するには、ポータルの上部にある [気に入った機能の報告] アイコンを選択します。To share your feedback about Desktop Analytics, select the Send a Smile icon at the top of the portal. フィードバックの理解に役立つスクリーンショットを送信に含めてください。Include a screenshot with your submission to help Microsoft better understand your feedback. また、UserVoice では、製品の提案を送信したり、他のアイデアに投票したりすることもできます。You can also submit product suggestions and upvote other ideas on UserVoice.

注意

[気に入った機能の報告] や UserVoice で、個人情報を共有しないでください。Never share private information via Send a Smile or UserVoice. そのような個人情報としては、テナント ID や商用 ID などがあります。[気に入った機能の報告] や UserVoice のチャネルを通じて、Microsoft からサポートが提供されることはありません。Such private information includes your Tenant Id or Commercial Id. Microsoft doesn't provide support via the Send a Smile or UserVoice channels. Desktop Analytics ワークスペースに関するサポートを得るには、ナビゲーション メニューの [ヘルプとサポート] リンクを選択し、サポート チケットを開いてください。To get help with your Desktop Analytics workspace, select the Help and Support link in the navigation menu to open a support ticket.