Exchange Online 管理者の役割について

Microsoft 365を管理するために、Exchange管理センターから組織のメールとメールボックスを管理するためのアクセス許可をユーザーに割り当てることができます。 それには、対象のユーザーを Exchange 管理者の役割に割り当てます。

ヒント:ユーザーを Exchange 管理者の役割に割り当てる場合は、そのユーザーをサービス管理者の役割にも割り当てます。 これにより、ユーザーは Microsoft 365 管理センター での重要な情報 (Exchange Online サービスの正常性など) の確認や、通知内容の変更および通知のリリースを行うことができます。

Exchange 管理者の役割を割り当てられた場合にユーザーが実行できる重要なタスクのいくつかを次に説明します。

Exchange Online の役割グループ

大規模な組織では、Exchange 管理者がユーザーを Exchange の役割グループに割り当てることがあります。役割グループに追加されたユーザーは、そのグループのメンバーだけに許可されている、特定のビジネス機能を実行できるようになります。

たとえば、証拠開示管理という役割グループに割り当てられたユーザーは、メールボックスの検索を実行して条件に一致するデータを得ることができます。詳細については、「 Exchange Online のアクセス許可」と「役割グループの管理」を参照してください。

その他の管理者ロールについて学習する