電子メール メッセージの安全性に関するヒントSafety tips in email messages

重要

改善された Microsoft 365 セキュリティ センターがパブリック プレビューで利用できるようになりました。The improved Microsoft 365 security center is now available in public preview. この新しいエクスペリエンスにより、Defender for Endpoint、Defender for Office 365、Microsoft 365 Defender などが Microsoft 365 セキュリティ センターに導入されます。This new experience brings Defender for Endpoint, Defender for Office 365, Microsoft 365 Defender, and more into the Microsoft 365 security center. 新機能について説明しますLearn what's new. このトピックは、Microsoft Defender for Office 365 と Microsoft 365 Defender の両方に当てはまる可能性があります。This topic might apply to both Microsoft Defender for Office 365 and Microsoft 365 Defender. [適用対象] セクションを参照して、この記事で違いがある可能性のある特定のコールアウトを探してください。Refer to the Applies To section and look for specific call-outs in this article where there might be differences.

適用対象Applies to

Exchange Online Protection (EOP) と Microsoft 365 は、スパム、フィッシング、マルウェアの防止によってユーザーを保護します。Exchange Online Protection (EOP) and Microsoft 365 protect you with spam, phishing, and malware prevention. 今日、これらの攻撃の一部は、正当に見える程度に十分に作り上がっています。Today, some of these attacks are so well crafted that they look legitimate. [迷惑メール] フォルダーへのメッセージの送信では、必ずしも十分ではありません。Sending messages to the Junk Email folder isn't always enough. Outlook または Outlook on the web または任意の電子メール クライアントでメールを確認すると、EOP は自動的に送信者をチェックし、電子メールの上部に安全のヒントを追加します。Now, when you check your email in Outlook or Outlook on the web or any email client, EOP automatically checks the sender and adds a safety tip to the top of the email.

安全のヒントは、安全のヒントが開き、メッセージ本文に直接挿入されるので、使用している Outlook のバージョンに依存しない。Safety tips in Outlook do not depend on what version of Outlook you're using because the safety tip is cracked open and inserted directly into the message body. つまり、安全のヒントは、使用している電子メール クライアントに表示されます。This means that the safety tip will show up in whatever email client you're using. これは電子メール フィルター レベルで実行され、メール クライアント レベルではレンダリングされないので、どのバージョンの Outlook でも表示されるだけでなく、すべての電子メール クライアントにも表示されます。It's done at the email filter level and not rendered at the mail client level, so not only does it show up in any version of Outlook, it also shows up in any email client.

安全性のヒント (色分けされたメッセージ) は、有害な可能性のあるメッセージについて警告します。The safety tip -- a color-coded message -- will warn you about potentially harmful messages. 受信トレイ内のほとんどのメッセージには、安全性に関するヒントが表示されません。Most messages in your inbox won't have a safety tip. EOP と Microsoft 365 にスパム、フィッシング、マルウェア攻撃の防止に必要な情報がある場合にのみ表示されます。You'll only see them when EOP and Microsoft 365 have information you need to help prevent spam, phishing, and malware attacks. 安全のヒントが受信トレイに表示される場合は、次の例を使用して、各種類の安全に関するヒントの詳細を確認できます。If safety tips do show up on in your inbox, you can use the following examples to learn more about each type of safety tip.

  • 不審なメール (赤い安全性のヒント)。Suspicious mail (red safety tip).

    赤い安全性のヒントを示すスクリーンショット。

    電子メールの赤い安全性のヒントは、受信したメッセージにフィッシング詐欺などの疑わしい情報が含まれていることを意味します。A red safety tip in an email means that the message you received contains something suspicious, such as a phishing scam. この種類の電子メール メッセージは、開かなくても受信トレイから削除することをお勧めします。We recommend that you delete this kind of email message from your inbox without opening it.

  • 安全なメール (緑色の安全性のヒント)。Safe mail (green safety tip).

    緑色の安全性のヒントを示すスクリーンショット。

    安全でないメッセージに加えて、信頼できる送信者からの有効なメッセージについて、緑色の安全のヒントも示します。In addition to unsafe messages, we'll also tell you about valid messages from senders we trust with a green safety tip. メールの緑色の安全性のヒントは、メッセージの送信者をチェックし、安全な状態を確認したという意味です。A green safety tip in an email means that we checked the sender of the message and verified that it's safe. Microsoft では、この信頼できる差出人の一覧を保持しています。これには、金融機関や、なりすましや偽装が頻繁に行われるその他の送信者が含まれます。Microsoft maintains this list of trusted senders which includes financial organizations and others that are frequently spoofed or impersonated.

安全に関するヒントを操作するWorking with safety tips

すべてのメッセージが Outlook on the web を受け取る場合でも、安全のヒントは常に有効になります。Safety tips are always enabled for Outlook on the web, even though not every message will receive one. 管理者は、Outlook などの他の電子メール クライアントの安全性のヒントをオフにできます。Admins can turn safety tips off for other email clients such as Outlook. 詳細については、「Office 365 でのスパム対策ポリシーの構成」を参照してください。For more information, see Configure anti-spam policies in Office 365.

EOP がメッセージを分類した方法 (つまり、メッセージがスパムではないか、スパムとしてマークされている必要がある) に同意しない場合は、分析のために Microsoft にメッセージを送信して、エクスペリエンスを向上できます。If you disagree with how EOP categorized a message (that is, the message is not spam or it should have been marked as spam), you can submit the messages to Microsoft for analysis to help make your experience better. 手順については、「メッセージとファイル を Microsoft に報告する」を参照してくださいFor instructions, see Report messages and files to Microsoft. また、安全性のヒントの [フィードバック] リンクをクリックして、改善に役立つコメントを直接 Microsoft に送信することもできます。You can also click on the Feedback link in the safety tip to submit comments directly to Microsoft to help us improve.